テスト:確認用2 告知バナーテスト(GCOM) 告知バナー5_6月3日終了 告知バナー4_6月3日終了 告知バナー3_6月3日終了 告知バナー2_6月3日終了 告知バナー1_6月3日終了 テスト:確認用

米雇用統計 2022年11月4日(金)の結果と解説

振り返りバックナンバー

米労働省が2022114日に発表した10月雇用統計の主な結果は、①非農業部門雇用者数26.1万人増、②失業率3.7%、③平均時給32.58ドル(前月比+0.4%、前年比+4.7%)という内容であった。

20221202koyou1-2.png

①10月の非農業部門雇用者数は前月比26.1万人増と市場予想の19.3万人増を上回ったが、前月の31.5万人増(26.3万人増から修正)から伸びが鈍化した。この結果3カ月平均の増加幅は28.9万人となり、今年初めて30万人を下回った。

20221202koyou2-2.png

②10月の失業率は3.7%と市場予想の3.6%を上回り、前月の3.5%から0.2ポイント悪化した。フルタイムの職を希望しながらパート就業しかできない人なども含めた広義の失業率である不完全雇用率(U-6失業率)も、前月の6.7%から6.8%へと上昇した。一方、労働力人口に占める働く意欲を持つ人の割合である労働参加率は前月の62.3%から62.2%へと低下した。

20221202koyou3-2.png

③10月の平均時給は32.58ドルと前月の32.46ドルから増加して過去最高を更新。伸び率は前月比+0.4%、前年比+4.7%となった。市場予想は前月比+0.3%、前年比+4.7%だった。前年比の伸び率は10カ月ぶりに5%台を割り込んだが、依然として高水準にとどまった。

20221202koyou4-2.png

10月雇用統計では、非農業部門雇用者数の伸びが鈍化。失業率は労働参加率が低下したにもかかわらず悪化しており、米国の労働市場が減速気味であることを裏付ける結果となった。ただし、平均時給は前年比で見れば伸びが鈍化したとはいえ、前月比では加速しており、賃金インフレが収まる気配は薄かった。総じてみれば、景気を犠牲にしてでもインフレを抑制するために、当面は金融引き締めを継続するとの米連邦準備制度理事会(FRB)の姿勢が正当化される内容であったと言えるだろう。

もっとも、政策金利が4%近くまで引き上げられ、中立金利(景気を冷ましもふかしもしない金利水準で2.5%前後と考えられている)を大幅に上回った現状を踏まえると、FRBが引き締めのペースをまもなく緩めるとの市場の見方を否定する内容でもなかった。結果的に、FRB12月の連邦公開市場員会(FOMC)で利上げ幅を75bp0.75%)から50bpに縮小するとの観測がやや優勢の状況に変化はなかった。一方で、今回の利上げ局面における最高到達金利(ターミナルレート)が5%を超えるとの見方も変わらず、利上げが当初の想定上に長期化するとの市場観測も維持された。当面、市場では「利上げ減速」と「利上げ長期化」を巡り思惑が交錯すると見られ、株・債券・ドルはいずれも値動きが荒くなる場面が増えそうだ。

2022年11月4日の米雇用統計セミナー録画を配信

米雇用統計発表の実況中継のほか、ロンドン在住の元外銀ディーラー松崎美子氏が欧州経済の現状と今後の展望を徹底解説!

米国 経済指標(失業率・非農業部門雇用者数)過去の推移

ご注意

当社主催のセミナーについて

  • 本コンテンツにて紹介するセミナーは、外為どっとコムが主催するセミナーです。セミナーにおきましては、FX(外国為替保証金取引)の簡単な紹介・説明をさせていただきますので、あらかじめご了承のうえ、ご参加くださいますようお願い申し上げます。またこれらのセミナーは、投資判断の参考となる情報の提供を目的として開催するものです。投資方針や時期選択等の最終決定はご自身で判断されますようお願いいたします。
  • 障害時には動画配信を中止させていただく場合がございます。

免責事項

本ウェブサイトに掲載する情報には充分に注意を払っていますが、その内容について保証するものではありません。また本サービスは、投資判断の参考となる情報の提供を目的としたものであって、投資勧誘を目的として提供するものではありません。投資方針や時期選択等の最終決定はご自身で判断されますようお願いいたします。なお、本サービスの閲覧によってに生じたいかなる損害につきましても、当社は一切の責任を負いかねますことをご了承ください。

米雇用統計バックナンバー