テスト:確認用2 告知バナーテスト(GCOM) 告知バナー5_6月3日終了 告知バナー4_6月3日終了 告知バナー3_6月3日終了 告知バナー2_6月3日終了 告知バナー1_6月3日終了 テスト:確認用

メキシコペソのスワップポイントと見通し

外為どっとコムで
メキシコペソに投資しよう!
外貨NEXTneo
業界最高水準
スワップポイント
※2 キャンペーン上乗せ分51※2を含む ※買ポジション10万通貨あたり
業界最狭水準
スプレッド
0.1 キャンペーンスプレッド※3 提示時間帯:9:00~27:00 原則固定(例外あり)※A
  • 「スワップポイント最大50%増額キャンペーン」(対象期間:2022年11月28日(月)午前7時00分~同12月31日(土)午前6時55分)におけるスワップポイント上乗せ金額(所定の平均値集計期間における対象通貨ペア「南アフリカランド/円」・「トルコリラ/円」受取スワップポイント平均値の50%相当、「メキシコペソ/円」同平均値の30%相当)、および当該上乗せ金額を記載営業日時点での対象通貨ペアの受取スワップポイント実績値に加算した金額です。当該キャンペーンにエントリーされたお客様が対象期間中に新規建てされた対象通貨ペアの買ポジションに限り、上乗せ金額の加算対象となります。
  • 「スプレッド縮小キャンペーン」スプレッド(対象期間:2022年11月28日(月)午前9時00分~2022年12月24日(土)午前3時00分、提示時間帯:対象期間中の各営業日午前9時~翌午前3時)
  • 本広告は『外貨ネクストネオ』における1,000Lot以下のスプレッドを表示するものです。国内外の休日や平日早朝など市場の流動性が低い時間帯、主要経済指標の発表前後、ならびに天災地変または金融・経済関連の重大事件など予期せぬ突発的事象の発生時には、一時的にスプレッドを広告表示値よりも拡大する場合があります。当社のスプレッド表記は、提示率(全取引時間中に占める広告表示値以下のスプレッド提示時間の割合)を基に算出しております。本広告では、1pip=0.0001(米ドル、スイスフラン、豪ドル、英ポンド、カナダドル、NZドル)、1pip=0.001(トルコリラ)として表現しております。提示スプレッドにつきましては、当社の都合により予告なく変更または中止する場合があります。なお、大口スプレッドおよびダイレクトカバーは本広告の対象外です(詳細はこちら)。
    当社広告表示値スプレッドの提示実績は、こちら(PDF)をご参照願います。

メキシコペソのスワップポイントを比較

他の高金利通貨との比較


メキシコペソ/円

南アフリカランド/円

トルコリラ/円
買いレート 7.197円 8.095円 7.463円
1日のスワップポイント 221円※2 165円※2 251円※2
スプレッド
原則固定(例外あり)※A
0.1銭※3 0.5銭※3 1.6銭※3
保証金 300円 400円 400円

2022年11月28日時点

買いレート
1通貨を買いポジションで持つ際の価格。
1日のスワップポイント
100Lot(10万通貨)買いポジションを持った際、次の日に貰えるお金。
スプレッド
1通貨取引した際に発生するFXのコストにあたるもの。
取引保証金
1lot(1,000通貨)のポジションを持つ際に最低限必要なお金。(取引保証金=買いレート×1000通貨÷25)
※ロシアルーブル/円に限り、1lot(10,000通貨)でのお取引になります。

外為どっとコムでメキシコペソに投資しよう

無料 口座開設はこちら

高金利通貨のスワップポイント増額キャンペーン実施中!
お得な期間に高金利通貨の投資を始めよう!

通貨の積立投資サービス『らくらくFX積立』

PR情報 スワップポイントで中長期運用を検討中の方におすすめ!

らくらくFX積立

1通貨単位で利用できる
業界No.1のスワップポイントサービスです


メキシコペソ/円


※「らくらくFX積立」買いポジション10万通貨あたり

メキシコペソの特長

1.歴史的な安値圏からの反発続く

メキシコペソ/円(MXN/JPY)は、2016年11月に最安値を付けた以降、5円台前半から6円台中ごろまでのレンジ内推移が続いて安定的に推移していました。
2020年に入り、新型コロナウイルス感染拡大懸念の余波を受け、4円台に突入するなど歴史的な安値圏へ突入しました。

しかしその後は、主要国中銀の大規模な金融緩和などで市場心理が改善する中、持ち直しの動きとなりました。
20年11月の米大統領選で、メキシコに批判的だったトランプ氏が敗れたこともペソの支援材料となりました。
21年6月には、メキシコ中銀が利上げサイクルに入る中、5円台後半へと上昇してコロナショック前の水準を回復。
22年2月のロシアによるウクライナ侵攻以降も、商品市況の高騰などを背景に強含みの展開が続いており、2015年以来となる7円台へと続伸しています。

  • ----/--/-- --:--
  • Open: -------
  • High: -------
  • Low: -------
  • Close: -------

2.少ない資金で投資を始められる(2022年11月7日時点)

メキシコペソ/円(MXN/JPY)は現在7円台近辺で推移しています(2022年11月7日時点)。
一方、米ドル円やユーロ円は100円以上のレートとなっています。FXでは取引に最低限必要な証拠金はレートをベースに算出されます。
レートが低ければ低いほど、必要な証拠金は少なく済みます。
例えば1Lot(1千通貨)で取引する場合、米ドル円では6,100円程度が必要ですが、メキシコペソ/円(MXN/JPY)だと400円となり10分の1以下です。(2022年11月7日時点)
そのため、メキシコペソ/円(MXN/JPY)は数千円程度の少ない資金からでも投資が始められるのです。

1Lotあたりの必要証拠金

3.投資家から根強い人気を誇る

メキシコペソ(MXN)はここ近年人気が高まっている通貨です。
2016年ごろまでは40位~50位台を推移していましたが、2017年に入ると徐々に取引金額が大きくなり、それに合わせて順位も上がっています。2019年には取引金額が一気に伸びており、注目の高さが伺えます。

メキシコペソの順位と取引金額推移
出典:金融先物取引業協会が開示している店頭外国為替証拠金取引月次出来高の「通貨ペア別取引金額」より

4.メキシコの政策金利は10.00%(2022年11月時点)

メキシコの政策金利は10.00%(2022年11月時点)で、超低金利の日本とは大きな差があります。
この金利差により生み出されるのがスワップポイントです。スワップポイントとは、2国間の金利差から得られる利益のこと。
日本円のような低金利通貨を売って、メキシコペソ(MXN)のような高金利通貨を買うと、両通貨の金利の差額を受け取ることができるのです。

政策金利
  • 通貨ペアを構成する通貨のうち、相対的に高金利の通貨を売った場合、または相対的に低金利の通貨を買った場合には、その取引数量相当のスワップポイント(通貨ペアを構成する両通貨の金利差の調整額)の支払い額が日々蓄積され、時間の経過に比例して損失額が大きくなりますのでご注意ください。また、現時点でスワップポイントを受け取れるポジションであっても、将来にわたって通貨ペアを構成する両通貨の金利差が縮小または逆転した場合には、その受け取り金額が縮小したり、反対に支払いへと転ずる可能性がございます。

外為どっとコムでメキシコペソに投資しよう

無料 口座開設はこちら

メキシコペソの見通し

外為どっとコムでは、メキシコペソの取引をサポートする豊富なコンテンツを提供しています

外為総研調査員によるメキシコペソの見通し解説
知っトク!メキシコペソ
高金利通貨運用歴30年の野村雅道氏による
メキシコペソ展望 VAMOS MEXICO
各国の指標からメキシコペソのいまを知ろう
経済指標カレンダー
他者の注文が分かる人気コンテンツ
外為注文情報(板情報)

外為どっとコムでメキシコペソに投資しよう

無料 口座開設はこちら

スワップポイント投資の注意点・取引のポイント|メキシコペソ

注意点

はじめに
メキシコペソ相場は、国内の政治情勢や経済情勢だけでなく、主要輸出品である原油の価格動向にも左右されやすい。
また、良くも悪くも米国の動向に影響を受けやすい。
リスクとして意識しておきたいものは以下のとおりである。
政治
2018年7月の選挙で当選したロペス=オブラドール大統領は、選挙期間中こそ過激な主張を披露して大衆迎合色が強かったが、当選後は比較的穏当で現実的な政策を打ち出している。
ただ、新空港建設の中止を一方的に決めて産業界の反発に合うなどのトラブルもみられる。
経済
メキシコの輸出はその8割が米国向けと、経済の対米依存度が極めて高い。
このため、米国の通商政策が依然として不透明な点は大きなリスクと言える。
2017年実質成長率は2.0%と新興国としては低い伸び。
ただ、メキシコ中銀はペソ相場の下落やインフレ高止まりを警戒して政策金利を引き下げられないでいる。
原油
2018年後半はNY原油(WTI)が76ドル台から42ドル台に急落する中、メキシコペソにも下落圧力がかかった。

取引のポイント

西濵 徹氏の画像

メキシコペソ相場は、輸出の8割以上を占める米国景気の影響に加え、原油価格の動向にも連動する傾向がある。こうしたことに加え、昨年以降は国際商品市況の上振れに伴うインフレ加速を受けて、中銀は断続的な利上げに動くなど引き締め姿勢を強めており、ペソ相場は堅調な動きをみせている。なお、米FRBによるタカ派傾斜に伴う米ドル高圧力の高まりがペソ相場の逆風となることが懸念されたものの、メキシコ中銀はこの動きに追随する形でタカ派姿勢を強めており、こうした対応もペソ相場を下支えしている。ロペス=オブラドール政権の経済政策は「反ビジネス」色が強い一方、財政出動への慎重姿勢は金融市場から一定の信認を得ているものの、物価高と金利高の共存が景気の足かせとなるなか、財政運営も景気の重石となる可能性がある。よって、金融市場においてそうした見方が意識されれば、ペソ相場を巡る状況は一変する可能性には要注意と言える。

執筆:2022年6月14日

店頭FX(外国為替保証金取引)における新興国通貨取引のリスクについて

当社取扱通貨のうち、いわゆる新興国通貨に分類されるトルコリラ・南アフリカランド・メキシコペソ・中国人民元およびロシアルーブルはインターバンク(銀行間為替市場)における流動性が主要国通貨に比べ相対的に低く、経済指標発表のみならず金融政策変更やその他政治的要因、さらには地政学的リスク等の要因による突発的な相場急変動が起こりやすい環境下にございます。また、こうした急変動時には実勢インターバンクレートのスプレッド(BidとAskの差)も平常時に比べ大幅に拡大する傾向にあり、その場合には当社でもやむなく提示スプレッドを一時的に拡大することがございます。あわせて、相場状況により「ダイレクトカバーの対象となる注文」の基準Lot数(最低数量)を一時的に変更する場合がございますので、あらかじめご承知おきくださいますようお願いいたします。これら新興国通貨のお取引、およびこれらを対象とするキャンペーンへのご参加に際しては、以上につきあらかじめご留意のうえ、ポジション保有時、特に法人会員様の高レバレッジ取引における口座管理には十分ご注意くださいますようお願い申し上げます。以上の新興国通貨それぞれのリスク、および直近時点でのリスクレポートにつきましては、こちらのページをご参照願います。

新興国通貨が高金利である理由について

新興国に分類される国々は概して政治リスクや財政リスクが先進国よりも高く、したがってその経済的信用度は相対的に低い水準にあります。こうした条件下では海外投資家の資金を呼び寄せられず、経済発展の支障となるため、金利を上げたり税金を安くしたりすることで、信用度の低さを補いうる投資環境を構築しようとします。そのため新興国通貨は一般に先進国通貨よりも高金利となる傾向にありますが、前述したように各種リスクが高い水準にあることから、長期的には先進国通貨に比べて価値が下がる(=通貨が下落する)条件を備えているともいえます。

外為どっとコムでメキシコペソに投資しよう

無料 口座開設はこちら

特長とリスクをチェックして、投資する通貨を選ぼう!