テスト:確認用2 告知バナーテスト(GCOM) 告知バナー5_6月3日終了 告知バナー4_6月3日終了 告知バナー3_6月3日終了 告知バナー2_6月3日終了 告知バナー1_6月3日終了 テスト:確認用

円高・円安とは?メリットやデメリット、覚え方をわかりやすく解説

円高とは円の価値が高いことを指し、円安は円の価値が安いことを指します。では、円高や円安になるとFXの相場にどのような影響を与えるのでしょうか?

本記事では、円高円安は具体的にどのようなものか、メリット・デメリット、FX相場に与える影響などについて、詳しく解説します。

  1. あわせて読みたい

円高・円安とは?をわかりやすく解説

FX取引をするときに覚えておきたいのは、通貨の価値は「相対評価」で決定されるという点です。

例えばモノを買っても、その影響で直接日本円の価値が変わることはありません。しかし、FXでは外国通貨の価値が上下に動けば、相対的に円の価値も上下に動きます。

それが円高や円安という現象を生み出しているのです。以下で円高・円安について詳しく紹介します。

円高とは?

円高とは文字通り日本円が高くなったことを表しています。例を挙げて具体的に見ていきましょう。

こちらの例ではある時点で100円を出せば1ドルを買えていたのですが、時間を経て50円を出せば1ドルを買えるようになったことを示しています。

さて、これは円高と円安どちらに動いたといえるのでしょうか。「100円から50円になったから円安でしょ」というのは誤り。正しい答えは円高です。

50円=1ドルということは、言い換えれば100円を出せば2ドルも買えるということになります。

つまり100円=1ドルのときよりもドルをより多く買えることになり、それだけ円の価値が高くなった(=円高)といえるのです。

円安とは?

円安とは文字通り日本円が安くなったことを表しています。例を挙げて具体的に見ていきましょう。

こちらは100円を出せば1ドルを買えていたものの、時間を経て200円を出さないと1ドルを買えなくなったということを示しています。

先ほどと同様に「100円から200円になったから円高」と考えるのは誤りで、正しい答えは円安になります。

200円=1ドルということは、言い換えると半分の100円では0.5ドルしか買えないということになります。

100円=1ドルのときよりも買えるドルが少なくなってしまい、それだけ円の価値が安くなった(=円安)といえるのです。

円高と円安はどっちがいいの?

円高と円安の話題でよくいわれるのが「円高と円安、結局どっちがいいの?」という疑問です。

グローバル化が進む世界の国々と日本は、すでにモノとサービスの売買で切っても切れない深い関係にあります。それだけに自国通貨である円の価値は経済と暮らしに大きな影響を与えます。

円高と円安、それぞれのメリットとデメリットを見ていきましょう。

円高のメリット・デメリット

円高のメリットは、円の価値が高くなることで相対的にドルなどの外貨が安くなり、海外の製品やサービスを安く買える点にあります。

石油や天然ガスなどの資源エネルギー、食材なども安く買えるので暮らしは楽になるかもしれません。

さらに外貨をより多く手に入れられるという理由から海外旅行にも安く行けるでしょう。

円高のデメリットは、輸出企業が海外で稼いだ外貨を円に転換すると目減りしてしまう点にあります。

目減りした分を製品価格に上乗せすると日本の製品が海外で売れにくくなり、企業の業績にも影響が出るでしょう。

日本経済を率いる大企業は海外に輸出することで成り立っているメーカーが多く、急激な円高局面になると経済に悪影響が出るといったニュースが飛び交います。

円安のメリット・デメリット

円安のメリットは、輸出企業が海外で稼いだ外貨をより多く円に転換できるという点にあります。

企業の売り上げも円安の分だけ増えることになり、業績にも好影響が出るでしょう。

また円安になると輸出する製品を安く設定することもできるので、国際競争力も高められるかもしれません。

円安のデメリットは交換できる外貨が少なくなってしまうので、海外のモノやサービスが高くなってしまう点にあります。

エネルギー資源や食材などの価格も上がってしまうため、私たちの生活を圧迫するかもしれません。もちろん獲得できる外貨が減ってしまうので海外旅行も割高になってしまいます。

円高・円安の覚え方

円高・円安と聞いても、レート表示にするとわかりづらくなるかもしれません。
そこで、ここでは初心者の方でも為替レートと円高・円安の関係を簡単にイメージできる方法を紹介します。
以下の画像をご覧ください。

ドル高・円安とドル安・円高のイメージ画像

上記左図のように、例えば1ドル=100円から1ドル=80円になると「ドル安・円高」になります。反対に1ドル=100円から1ドル=120円になると「ドル高・円安」になります。

このように円高・円安の考え方はややこしいのですが、ドル/円などの場合、円の数値が低くなれば円高、高くなれば円安と覚えておくのもひとつの方法でしょう。

為替差益とは?

ドル高・円安、ドル安・円高といった通貨の動きを利用すれば利益を得ることもできます。

たとえば米ドル/円を買い、その後ドル高・円安になったときに売るとその差額が利益になります。

反対に米ドル/円を売り、その後ドル安・円高になったときに買い戻せば、その差額も利益になるのです。

この利益のことを「為替差益」といい、FXはこの為替差益を得ることが主な目標となります。

ただし、上の例ではどちらも利益が出ていますが、米ドル/円を買ったあとでドル安・円高になれば損失が出てしまいます。

これは米ドル/円を売ったあとでドル高・円安に動いてしまったときも同様です。このように思惑と反対に動いたときは、為替差損が発生するリスクがあることも知っておきましょう。

円高・円安、FXへの影響は?

FXは外貨への投資です。そのためドル高・円安などの用語が日常的に使われます。もちろん為替相場の見通しに欠かせない専門ニュースやレポートでも頻繁に登場します。もし「ドル高・円安の背景」や「今後の円の見通し」に関心がある方は、FXを実際に体験することをおすすめします。

外為どっとコムのスマホアプリ『外貨ネクストネオ「GFX」』では、仮想資金500万円で無料のFX体験を行えます。スマホでもパソコンと同等の環境で取引ができ、またデモ環境でも本番と同等の取引を行えます。

ゲーム感覚で楽しめますので、投資の損失リスクに懸念がある方や、気軽に経済に触れてみたい方におすすめです。仮想資金だとモチベーションが続かないという方も、賞金付きのデモトレード大会を開催しておりますので奮ってご参加してください。(デモ口座の登録やコンテストの参加はアプリから行えます。)

本番取引を始めたくなった方に向けて、アプリ限定の口座開設キャンペーンもございますのでチェックしてみてください(2022/3/31時点)。

金額が小さくても、投資で利益をあげたときの喜びは大きいです。また外貨への投資を始めると、毎日のニュースが楽しみになることでしょう。文字通り世界が広がる瞬間を、FXを通して体感してみてください。

外為どっとコムのスマホアプリはNo.1のイメージ画像

アプリのインストール

App Store、またはGoogle Playで「外為どっとコム」または「外貨ネクストネオ」で検索!

GFX App StoreのQR画像
GFX App Storeのボタン画像
iPhoneをご利用の方
GFX App StoreのQR画像
GFX Google Playのボタン画像
Androidをご利用の方
まとめ

円安はドルやユーロなどの外貨に対して円の価値が下がること。
円高は外貨に対して円の価値が上がること。

シェアする