テスト:確認用2 告知バナーテスト(GCOM) 告知バナー5_6月3日終了 告知バナー4_6月3日終了 告知バナー3_6月3日終了 告知バナー2_6月3日終了 告知バナー1_6月3日終了 テスト:確認用

FXの練習方法2つ!効果的に行うコツやおすすめアプリ・ソフトも紹介

FXの練習におすすめの方法

FXの練習におすすめの方法

FXと聞くと「大きな損失を出すのではないか?」と不安に思う方もいるかもしれません。興味はあってもなかなかFXを始められない場合は、まず練習から始めるのもひとつの方法でしょう。FXの練習は少額からの実践取引かデモトレードの2つの方法があります。それぞれ以下で詳しく紹介します。

おすすめ練習方法①:少額からの取引

FXの練習方法の一つに、少額からの実践取引があります。自分のリアルな資金を使って取引を行うことにより、「失敗できない」という緊張感から取引に対してより真剣になります。

本番であることから相場の分析も熱心に行い、たとえうまくいかないときもその反省を次のトレードへしっかり活かすことで上達が早くなることも期待できます。ただし、リアルな資金を使うというハードルがあるので、なかなか取引に踏み込めない人もいるかもしれません。

おすすめ練習方法②:デモトレード

FXの練習方法の二つ目は、デモトレードです。デモトレードでは、バーチャルの資金ながら本番と同様の取引を体験できます。もちろん為替変動による損益もリアルに体験することが可能です。

FXの練習を少額から始めるメリット

FXの練習を少額から始めるメリット

FXの練習を少額から始めるメリットを詳しく紹介します。

メリット①:手軽にFXを始められる

FXと聞くと大きな資金が必要と思っている方も多く、なかなか始められない方も多いかもしれません。しかしFXは、米ドル円の場合理論上約4,000円(※2021年9月16日時点)という少額から取引を始められます。FXに高いハードルを感じていた方でも、手軽に始めることが可能です。

メリット②:積極的な取引で経験が積みやすい

FXを少額から始めることで、積極的に取引をしやすく取引経験を積みやすいといえます。FX初心者の方がいきなり大きな資金で取引をしても、得られる経験のわりに大きなリスクを負うだけです。

また初心者の方が大きな損失を出せば、怖くなり取引ができなくなる可能性があります。FX取引の上達には、取引経験を積むことが何より大切です。少額からなら取引のハードルを低く抑えることができ、より多くの経験を手にすることができるでしょう。

メリット③:精神的にあまり負担がかからない

FXを少額から始めることで、精神的にあまり負担がかからない取引ができます。例えば高いレバレッジで取引をしたとします。損益額が大きくなるので、FXに慣れていない初心者の方にとっては精神的に大きな負担となってしまうでしょう。

またポジションを保有している場合、常にFXのことが気になってしまいます。その結果、何もかもが手につかないという状態になってしまうかもしれません。初心者の方は少額から取引を始め、精神的な負担を軽減させましょう。

FXの練習を少額から始める注意点

FXの練習を少額から始める注意点を詳しく紹介します。

注意点①:リスクは少ないがリターンも少ない

投資の世界では、「ハイリスクハイリターン・ローリスクローリターン」という言葉があります。高いリスクを取ればその分高いリターンを期待できる反面、少ないリスクならリターンも少ないという意味です。そのため少額からの取引では、大きな利益を期待することは難しいといえます。

またリスクやリターンが少なければ、投資をしているという実感が持てず遊び半分になってしまう可能性があります。適当な取引ではFXの取引スキルが上達もおぼつかないでしょう。少額だからといって遊びにならず、真剣に取引を向き合うようにしましょう。

注意点②:ロスカットされやすくなる

少額からの取引でも高いレバレッジで無理のある取引をすれば、ロスカットされやすくなります。ロスカットとはFX会社が定める一定の損失を出すと、強制的に決済されるFXの制度のことです。

強制決済と聞くとネガティブなイメージを持つかもしれませんが、ロスカットは損失の拡大から資金を守る、投資家保護のための制度になります。ロスカットによって決済で損失は確定するものの、原則として最低限の資金は温存されます。ただし、相場があまりにも急激な変動をした場合は、預けた保証金以上の損失が発生する可能性もあります。

強制決済であることから結果的に意図しないトレードになってしまうケースもあるでしょう。ロスカットを避けたい場合は、預ける保証金を増やすか、保有ポジションの一部を決済することで回避できる可能性があります。

FXの練習をデモトレードで行うメリット

FXの練習をデモトレードで行うメリット

FXの練習をデモトレードで行うメリットを、外為どっとコムのデモトレードアプリを中心に紹介します。

メリット①:無料でFXの練習ができる

デモトレードは、FX会社にもよりますがメールアドレスがあれば利用することができます。ただし、有効期限が決まっている場合もあるので注意が必要です。外為どっとコムのデモ口座の場合、90日間利用することができます。期限を過ぎてしまうと利用することが出来なくなるので注意しましょう。

メリット②:損失を出すリスクがない

デモトレードは、バーチャルの資金を使い取引を行うためリアルな資金の損失を出すことはありません。損失してしまうという恐怖心がないため、積極的に取引を行うことができます。

FXの上達には豊富な取引経験が欠かせません。そこでデモトレードを利用すれば経験を積みやすく、上達スピードも上がりやすくなります。ただし、「デモだから」と雑に取引すると上達が滞る可能性があるので、相場の分析も本番のつもりで集中して取り組みましょう。

メリット③:本番の取引環境でトレードの練習ができる

デモトレードは、申し込みをしたFX会社の本番口座とほぼ同じ環境でトレードできます。注文機能もツールも大部分が同じため、リアルな資金での取引をスタートする際もスムーズに移行できます。

FXの練習をデモトレードで行う注意点

FXの練習でデモトレードを利用する際の注意点を、外為どっとコムのデモトレードアプリを中心に紹介します。

注意点①:遊び感覚になりやすい

デモトレードはバーチャルの資金で取引できますが、だからと言って遊びで行えば上達は遠のくことになるでしょう。取引を行う際は、自分の資金だと思い緊張感や危機感を持って取引を行うことが大切です。

また、FXでは様々な注文方法がありますが、デモ環境でその使い方を覚えておくことをおすすめします。いろいろ試して自分の取引ルールを作っておくのも良いでしょう。

注意点②:土日に取引ができない

デモトレードは、本番と同じく相場が動いていない土日に取引することは出来ません。平日は仕事で忙しいため、土日にゆっくりと取引をしたいと考える方もいると思います。しかし相場が動いていなければ取引ができないので、デモトレードでは土日に練習することは出来ません。

注意点③:デモ口座には有効期限がある

デモトレードの口座には、有効期限があります。FX会社によって有効期限は違いますが、外為どっとコムでは登録日より90日間です。いつまでもデモトレードで練習できるわけではないので、注意しましょう。

  • 外為どっとコムの場合は再登録することで新しいデモ口座を活用できるようになります。

FXの練習をより効果的に行うコツ

FXの練習をより効果的に行うコツを詳しく紹介します。

練習のコツ①:高度な注文方法を使ってみる

FXの基本的な注文方法は、成行注文指値注文逆指値注文などです。しかしそれらの注文方法をさらに進化させた高度な注文方法が存在します。例えば新規注文と決済注文を同時に出す「IFD注文」、利益確定と損切り確定を同時に出す「OCO注文」などです。

注文方法は少し複雑ですが、これらを使うことでチャートをいつも見なくても決済まで終えることができます。仕事で忙しくいつも取引ツールを使えない方でも、計画に応じてしっかりと取引を完遂できるようになるので覚えるようにしましょう。

練習のコツ②:手法を決めて取引を行う

FXはただ闇雲に取引をしても、取引スキルが上達することはありません。大切なことは、常に一貫した手法を決めそのルールを守りながら取引を行うことです。
手法を決める一番のメリットは、取引するうえで感情や性格などの影響を受けにくいということです。

また、一定のルールに従うことで利益を得やすいパターンの発見もしやすく、次のトレードにも繋げやすい効果もあります。自分なりに手法を決め、そのルールを守って取引することで効率の良い練習ができるでしょう。

FXの手法とは?初心者でも実践しやすいおすすめの取引手法を紹介

練習のコツ③:取引スタイルを決める

取引スタイルを決め、生活スタイルや自身の性格などを考慮し取引することも大切です。FXの取引スタイルは、以下の通りです。

スキャルピング

FXのスキャルピング

スキャルピングは、注文から決済までの期間が数秒から数分という短期間で取引を完了させる手法です。1日に何度も繰り返し取引を行い、コツコツと利益を積み重ねていきます。1回の取引でとるリスクは少なめですが、判断力と集中力が必要になる取引手法でもあるため、初心者の方にはやや難易度が高いといえます。

デイトレード

FXのデイトレード

デイトレードは、注文から決済までをその日のうちに完了させる取引手法です。一例として朝にポジションを保有して、その日の夜にポジションを決済させるパターンがあります。スキャルピングよりポジションの保有時間が長くなるだけに値幅も大きくなる傾向があり、1回の取引はスキャルピングよりも大きな利益になりやすいです。また、寝る前に決済をすることで、就寝中の為替変動リスクを抑えることもできます。

スイングトレード

FXのスイングトレード

スイングトレードは注文から決済までの期間が、数日から数週間かけて行う取引スタイルです。短期売買に比べてトレンドを予測しやすく、一度ポジションを保有したら定期的にチャートを確認すればよいので、ゆとりをもった取引を行えます。ただし、雇用統計や政策金利など重要な指標が発表されるときは急な変動が起きやすいため注意が必要です。初心者におすすめのスタイルになります。

ポジショントレード

FXのポジショントレード

ポジショントレードは、明確な期間は決まっておりませんが、約半年から1年という長期的な期間で取引を行う手法です。ポジショントレードではテクニカル分析よりも、ファンダメンタルズ分析のほうが重要になる傾向があります。スイングトレードよりもはるかにゆったりと取引を行うことができます。

練習で様々な取引スタイルを試し、ご自身に合ったものを選びましょう。

練習のコツ④:損切り設定する

FXでは損失を最小限に抑えることも、トレードの質を上げる秘訣の一つです。どんなに利益を積み上げても、1回の損失で積み重ねた利益を飛ばしてしまうこともあります。

長期的に利益を上げ続けるのであれば、まずは損失を小さく抑えなければいけません。練習段階で損切りの重要性をお覚えておくことで、本番環境でもリスクを抑えた取引ができます。

損切りとは?FX取引における損切りの目安を紹介

練習のコツ⑤:本番と同じような気持ちで取り組む

練習だからと言って適当な取引を行えば、取引スキルの向上も遠ざかるばかりです。前述したように、手法や取引スタイルなどを決め、本番と同じような気持ちで取り組むことが大切です。

FXの練習は少額取引とデモトレードどちらがおすすめ?

少額取引とデモトレードではどちらがおすすめの練習方法かは、人によって異なります。少額取引は実際のお金を使うことで、本番同様の緊張感で取引を行うことが可能です。しかし取引に失敗すれば、実際の金で損失を出してしまいます。

一方デモトレードは、取引に失敗しても損失を出すことはありません。しかし精神的負担が少ないことから、遊びになりやすいというデメリットがあります。このようにそれぞれの練習方法には、メリット・デメリットが発生します。

ただし、初めから実際のお金を使うことに抵抗がある方や、なかなか取引を始められないという方は、まずはデモトレードから始めましょう。以下で、初心者がFXの練習をするのにおすすめのアプリを紹介します。

FXの練習におすすめのアプリ・ソフト

外為どっとコムが提供する「Be a trader !」と『外貨ネクストネオ「GFX」』について詳しく紹介します。

おすすめアプリ・ソフト①:外為どっとコムの「Be a trader !」

外為どっとコムが提供する「Be a trader !」は、デモトレードバトルアプリです。アプリをインストールするだけでFXのトレード体験や、不定期開催のトレードバトルに参加することができます。スマホのトレードツールに慣れていなくても、チュートリアルをなぞるだけで初心者の方でも簡単に始めることができます。初心者向けのコンテンツも豊富に取り揃えており、FXの基礎知識も本格的に学べます。

また、トレードバトル入賞者には豪華景品(Amazonギフト券100,000円分など)がもらえるコンテストも、不定期で開催されます。デモトレードやコンテンツでFXのことを学べるだけではなく、取引の成績次第では景品を貰うことができるアプリです。

  • Amazon.co.jpは、キャンペーンのスポンサーではありません。
  • Amazon、Javari.jp、Amazon.co.jpおよびAmazon.co.jp のロゴはAmazon.com, Inc. またはその関連会社の商標です。
  • 本キャンペーンは【外為どっとコム】による提供です。 本キャンペーンについてのお問い合わせはAmazonではお受けしておりません。【外為どっとコム】キャンペーン事務局【0120-430-225】までお願いいたします。

「Be a trader !」はこちら

おすすめアプリ・ソフト②:スマホアプリ『外貨ネクストネオ「GFX」』

外貨ネクストネオ「GFX」は、外為どっとコムが提供するFXサービス「外貨ネクストネオ」を利用するためのスマートフォン専用アプリです。

外貨ネクストネオ「GFX」をインストールしておけば、1つのアプリで本番口座とデモ口座を切り替えることが可能です。慣れない通貨ペアや取引の練習をしたいときなど、すぐにデモ口座へ切り替えられます。

また22種類のテクニカル分析、12種類のライン描画機能も搭載しており、お客様のニーズに合った相場分析が可能です。FX初心者から上級者の方といった幅広い取引レベルに応じて、ご利用いただけるアプリです。

「Be a trader !」と同様に、無料でバーチャルFXコンテストに参加することもできます。コンテストの内容は、仮想資産500万円を約3カ月の期間中にいくら増やせるのかを競うものです。成績上位者には豪華景品も用意されています。

「Be a trader !」と『外貨ネクストネオ「GFX」』の比較

「「Be a trader !」と『外貨ネクストネオ「GFX」』はどちらがおすすめ?」という疑問をお持ちの方も多いと思います。ここではそれぞれのアプリを比較します。以下の表をご覧ください。

  Be a trader ! 外貨ネクストネオ「GFX」
取引金額 10万円 500万円
取引ツール スマホアプリ版 スマホアプリ版
取引時間 月曜日~金曜日:午前8:00~翌日午前5:30
  • 月曜日:午前7:00~翌日午前6:55(冬時間)
  • 火曜日~金曜日:午前7:10~翌日午前6:55(冬時間)
ロスカット 無し あり
こんな人におすすめ
  • スマホアプリで手軽に練習をしたい方
  • シンプルな操作性でとりあえずFXを体験してみたい方
  • 10万円前後で試してみたい方
  • スマホアプリで手軽に練習をしたい方
  • シンプルな操作性でとりあえずFXを体験してみたい方
  • スマホでも相場分析をしっかりと行いたい方
  • 外為どっとコムの本番環境と同じような環境で取引をしたい方

「Be a trader !」と『外貨ネクストネオ「GFX」』を比較しましたが、それぞれメリット・デメリットがあります。

スマホで手軽にFXの練習をしたいのであれば、どちらもそれほど変わりません。しかし相場分析をしっかりと行い、今後のトレードに活かしていきたいのであれば、豊富なテクニカル分析が搭載されている『外貨ネクストネオ「GFX」』がおすすめです。

外為どっとコムの本番環境と同じような環境で取引ができるため、いざ本番環境で取引をする際にもスムーズに移行できます。

これからFX取引を長く続けるのであれば、本番環境と同じような環境で取引できる『外貨ネクストネオ「GFX」』から始めてみましょう。

まとめ

FXデモトレードを使った練習は真剣に!効率よく取引を覚えよう

シェアする