テスト:確認用2 告知バナーテスト(GCOM) 告知バナー5_6月3日終了 告知バナー4_6月3日終了 告知バナー3_6月3日終了 告知バナー2_6月3日終了 告知バナー1_6月3日終了 テスト:確認用

相場の予測方法

FX相場の予測方法について解説!

さあ、これまでFXの基礎や注文方法を学んできました。あとは取引するだけ。でも、ちょっと待って!取引するにあたり、上がるか下がるかわからない中、どうやって取引すればよいのでしょうか?今後の相場がどうなるかの予測ができなければ、運に頼った取引になってしまい、それでは利益は見込めません。取引における重要課題、「相場の予測方法」を、ここで学びましょう!

相場の変動要因

24時間眠ることなく動いている外国為替市場。では、その為替相場を動かしている要因とは一体何でしょうか?大きく分けると次の2つになります。

ファンダメンタルズ要因とテクニカル要因のイメージ画像
  • ファンダメンタルズ要因
  • テクニカル要因

やや難しそうに見えますが、2つの要因をしっかり把握していけば、なぜ為替相場が動いたのかが見えてきます。また、今後の相場の見通しが立てやすくなります。
それでは、各項目について詳しく見ていきましょう。

「ファンダメンタルズ分析」は経済動向で予測!

「ファンダメンタルズ要因」とは為替相場が経済動向によって動くことを指します。また、その国の経済動向から為替相場を分析することを「ファンダメンタルズ分析」といいます。経済動向は為替相場にも非常に大きな影響をもたらすことが多く、「ファンダメンタルズ分析」は為替相場の分析における大きなポイントとなります。

「ファンダメンタルズ要因」を把握し、「ファンダメンタルズ分析」を行っていくにはその国の経済動向を見ることになりますが、それを見極めるために注目されているのが経済指標、金融政策、要人発言です。それらの要因によって、景気が上向いていることが示されれば為替相場は上昇し、逆に景気が下向いていることが示されれば為替相場は下落するというパターンが多くなっております

ファンダメンタルズ要因とテクニカル要因のイメージ画像

ファンダメンタルズ分析が気になったらこちらもチェック!

経済指標の見方・読み方!初心者が抑えておくべき11の経済指標を解説

金融政策とは?決定会合や財政政策との違いなどをわかりやすく解説

要人発言とは?FXにもたらす影響やリアルタイムで確認する方法を解説

「テクニカル分析」は群集心理を読む!

もうひとつ相場を動かす要因として「テクニカル要因」があります。相場動向を表にして示した「チャート」上にて、買い時や売り時のサインが出たことにより相場が動くことを「テクニカル要因」といい、チャートの動きから為替相場の動向を分析する方法を「テクニカル分析」といいます。 チャートは相場動向を表にして示しただけのように見えますが、実のところ人間の群集心理が色濃く反映されています。「テクニカル分析」はその点に着目した分析方法になりますが、詳しくは「中級編3」ならびに「中級編4」にて詳しく説明したいと思います。

テクニカル分析が気になったらこちらもチェック!

テクニカル分析とは?種類、使い方、「ダマシ」の対策を初心者向けに解説

テクニカル分析とファンダメンタルズ分析の違い

ファンダメンタルズ分析は各国の経済・政治の動向などから相場を分析する方法です。
経済動向を見極める際に注目するべきポイントとしては経済指標、金融政策、要人発言などがあり、これらの要因が相場に与える影響に注目しながら相場を予測していきます。
テクニカル分析は、チャートを見て過去の値動きから将来の値動きを分析する方法です。
FXのチャートを分析することで、買い時や売り時を示すサインとなるパターンを読み取ることができます。こうしたパターンに注目して、今後の相場がどうなっていくかを予測していきます。

ファンダメンタルズ分析を行うには各国の経済状況や金融政策などについて理解しておく必要があり、初心者にはやや難易度が高いかもしれません。一方テクニカル分析は、FX会社の取引ツールや分析ツールに機能が備わっていれば、複雑な計算などはツールが自動で行ってくれます。そのため、基本的な見方さえ覚えれば、初心者でも活用しやすいものもあります。
最終的にはテクニカル分析とファンダメンタルズ分析の両方を活用するのが理想的ですが、最初はテクニカル分析の中でも特に初心者向けのものから勉強を始めてみるとよいでしょう。

為替の動きは経済の動き

経済動向は為替相場に影響をもたらすと同時に、為替の動きもまた、経済動向に大きな影響をもたらすことがあります。両者は常に表裏一体で動きます。
例えば、円安・ドル高になったときには、輸入品の値段が高くなります。外貨の価値が上がることにより、海外製品が高くなるためです。特に石油など、その多くを輸入に頼っている商品の値上がりは避けがたく、この値上がりが日本経済に打撃を与えることもあります。一方、輸出品であれば、例えば1ドル=80円から90円にまで円安・ドル高が進んだ場合、1ドルあたりの価値は高まります。同じドルの値段で売っていても、1ドル当たり10円も売上額が上がります。これは円安・ドル高のメリットといえます。

それとは反対に、円高・ドル安になったときには、円の価値が上昇することにより輸出品による売り上げが落ちてしまい、商品の多くを海外に輸出して成り立っている企業は特に打撃を受けやすくなる半面、輸入品の値段が下がります。日本の国内消費の多くを輸入に頼っている原油を例にとりますと、円高・ドル安になったときには、それをもとに生成されるガソリンや灯油の価格が安くなることで、買う側にとってはメリットとなります。

為替の動きと経済の動きのイメージ画像

このように、円安・ドル高、円高・ドル安の場合もそれぞれ一長一短はありますが、いずれの場合も為替相場の動向が経済動向に大きな影響を与えます。

おすすめコンテンツ

シェアする