日本円

FX「トルコリラ激震、変動率は別次元」変動率・スワップポイント累計・取引高ランキング 対象期間:2021年11月1日~11月30日

外為どっとコムのFX取引口座『外貨ネクストネオ』の1カ月の取引データ「変動率」「スワップポイント累計」「取引高」をランキング表示している。

ドル・円は底堅い値動きか、米国内での変異株警戒も引き締め期待

欧米市場オープニングコメント 「ドル・円は底堅い値動きか、米国内での変異株警戒も引き締め期待」 6日の欧米外為市場では、ドル・円は底堅い値動きを予想する。米国内で新型コロナウイルス・オミクロン株感染が拡大しているもようで、リスク回避の円買いが…

東京市況ほか|ドル・円は底堅い。

東京市況 東京市場概況 ドル・円は底堅い。米10年債利回りの持ち直しを受けたドル買いが先行し、午前中に112円84銭から113円付近に上昇。その後は日経平均株価の反落で円買いが強まりドルは伸び悩む場面もあったが、夕方にかけて113円19銭まで値を上げた。 …

FX予想「ヘッドラインニュースに注意!ドル/円相場と足元の注目点を語る」2021/12/6

現在の為替相場について、市場で注目されている材料を交えながら"塾長"酒匂氏が独自の視点から解説します。【酒匂隆雄の週刊独り言】

“パウエルFRB.議長の変節。”

FRB.執行部内で最もハト派的(金融緩和に積極的)と目されていたパウエル議長がどうやら考えを変えたらしい。パウエル議長は30日、上院銀行委員会の証言の中でオミクロン株については新たなリスクと指摘し、ここ2週間のデータを検討する必要性を示すと同時に…

FX「潜在的リスクが多すぎて、ポンドは…」短期トレード 即効チャージ!ポンド 2021/12/6

主要通貨の日々の推移をわかりやすく解説し、今後の見通しをお届けします。

FX「米国雇用統計のふりかえり 2021年12月号」By 外為どっとコム総研

執筆日時:2021年12月6日14時00分執筆者:株式会社外為どっとコム総合研究所 小野 直人 ※チャート:ドル/円-30分足 外為どっとコム「ネオチャート」 米雇用統計のふりかえり 3日、米労働省が発表した11月の非農業部門雇用者数(NFP)は市場予想の55.0万人増…

FX予想「ドル/円は112.50~114.50円のレンジか 下サイドに注意」2021/12/6(月)酒匂隆雄

月曜から金曜までの毎朝、外為市場に長年携わってきた5人のコメンテータが、その日の相場見通しや今後のマーケット展望を解説します。【外為マーケットビュー】

FX週間テクニカル分析 2021/12/06〜12/10の見通し 新型コロナウイルス変異株感染拡大懸念によるリスクオフ相場継続か。米ドル反発に要注意

▼USD/JPY 新型コロナウイルス感染拡大懸念を背景にドル円の上値は重い展開か。ただ、米長期金利上昇に伴う米ドル反発に要注意。予想レンジは111.140〜114.540▼EUR/USD 欧州圏の新型コロナウイルス再拡大懸念によるユーロ安継続か。予想レンジは1.1106〜1.151…

ドル・円は主に112円台で推移か、米長期金利低下でドル買い抑制も

東京市場オープニングコメント 「ドル・円は主に112円台で推移か、米長期金利低下でドル買い抑制も」 3日のドル・円は、東京市場では112円96銭から113円41銭まで反発。欧米市場では、113円61銭まで買われた後、112円56銭まで反落し、112円81銭で取引終了。本…

前日の海外市況ほか|ドル・円:米11月雇用統計が量的緩和縮小加速を正当化するとの見方で113円61銭へ円安・ドル高推移後、米長期金利の低下を意識して112円56銭まで反落。

前日の海外市況 海外市場概況 ドル・円:米11月雇用統計が量的緩和縮小加速を正当化するとの見方で113円61銭へ円安・ドル高推移後、米長期金利の低下を意識して112円56銭まで反落。 ユーロ・ドル:米雇用統計発表後に1.1333ドルまでドル安・ユーロ高推移後、…

FX/為替「米11月雇用統計は強弱まちまち」 外為トゥデイ 2021年12月6日号

主要通貨の日々の推移をわかりやすく解説し、今後の見通しをお届けします。

※追加【豪ドル/円】:戻り売り方針継続。

【豪ドル/円】:戻り売り方針継続。 豪ドル/円は寄付き高値の大陰線が出ており、80円台を維持できずに終えています。強い下値抵抗をすり抜けたことで、中期トレンドも変化し始めています。80.80超えに実体を戻して越週しない限り、“ダマシ”の可能性が低く、…

【ドル/円】:戻り売り方針継続。

2021年12月6日 【ドル/円】:戻り売り方針継続。 ドル/円は直近の日足が実体が小さく上ヒゲのやや長い陰線引けとなりました。上値トライに失敗して押し戻されており、上値の重いスタートが予想されますが、112.50-60以下から厚くなる下値抵抗にも注意が必要…

ドル/円:短期は“ドル弱気”の流れ。114.50超えで越週すれば調整下げ一巡の可能性。

※年末年始の配信について Daily Comment「週刊版」の配信は12/20号(12/19配信)までとし、年初は1/3号(1/3配信)から開始させて頂きますので、何卒ご了承下さいますようお願い申し上げます。 ドル/円:短期は“ドル弱気”の流れ。114.50超えで越週すれば調整…

ポンド/円 買い方に非常に厳しいチャート形成が続く・・・

今週の注目通貨ペアはこれだ! ■ ポンド/円 買い方に非常に厳しいチャート形成が続く・・・ 先週は、月曜日に高値を付け、金曜日に安値を付ける展開でした。先々週の金曜日の陰線の威力があまりにも大きく、先週は下値追いの動きとなりました。特に週初に上…

FX「これからの冬相場、早春相場は悪い円高に注意」

総括 FX「これからの冬相場、早春相場は悪い円高に注意」ドル円=110-115、ユーロ円125-130 、ユーロドル=1.11-1.16 通貨ごとの注目ポイント *円「通貨9位(11位)、株価14位(12位)、円安にするには景気浮揚による消費増加と輸入増加が必要だが、政府に…

FX見通し「利上げとオミクロンで流動的、入札警戒か」週刊為替レポート ハロンズ ドル/円 2021年12月04日

目次 ▼ドル円は7週間ぶりに112.50円台まで低下▼米FOMC待ちのなか、入札に警戒▼他通貨ペアの方が手掛けやすい?▼112円割れの支持帯が機能するかどうかがポイント▼12/06 週のイベント:▼一言コメント 利上げとオミクロンで流動的、入札警戒か ドル/円は7週間ぶ…

FX見通し「詳細がわかるにつれて底固め?」週刊為替レポート ハロンズ 豪ドル/円、NZドル/円 2021年12月04日

▼今週の振り返り▼豪準備銀行は動くのか?▼オミクロン株の影響は?▼OPECプラスは計画維持▼テクニカル的には…▼12/6 週のイベント▼一言コメント 国内は回復基調なのに、豪ドルもNZドルも下落基調!? 今週の振り返り-オミクロン一色に… 26日に南アフリカで発見…

ドル・円は底堅い値動きか、オミクロン株拡大も米雇用統計を好感

欧米市場オープニングコメント 「ドル・円は底堅い値動きか、オミクロン株拡大も米雇用統計を好感」3日の欧米外為市場では、ドル・円は底堅い値動きを予想する。米国内で新型コロナウイルス・オミクロン株感染が警戒され、円買いに振れやすい。ただ、今晩の…

東京市況ほか|ドル・円は底堅い。

東京市況 東京市場概況 ドル・円は底堅い。米10年債利回りの失速を受けたドル売りや日経平均株価の反落による円買いで、朝方に112円96銭まで弱含む場面もあった。ただ、日経平均株価や米ダウ先物の反転で今晩の株高を期待した円売りにより、ドルは113円41銭…

「ドル/円の乱高下、オミクロンの正体判明まで」マット今井のトレードアイディア 2021年12月3日

オミクロンが発見されてから数日が経った。株安、円高の動きも一旦落ち着きを見せている。しかし、これで、また元の方向に戻っていくわけではない。オミクロンの正体がまだはっきりしないからだ。仮にデルタ株程度のものであるということになれば、株も上昇…

「注目のFX週間イベント 来週の為替はどう動く?」 FX週間イベント 12/6~12/12

【週間イベント】4地域の今後1週間のスケジュールをお届けします。

FX「米雇用統計待ちでポンドも方向感出にくい」短期トレード 即効チャージ!ポンド 2021/12/3

主要通貨の日々の推移をわかりやすく解説し、今後の見通しをお届けします。

ドル・円は主に113円台で推移か、米国株高を意識してリスク回避の円買い縮小も

東京市場オープニングコメント 「ドル・円は主に113円台で推移か、米国株高を意識してリスク回避の円買い縮小も」2日のドル・円は、東京市場では112円66銭から113円33銭まで反発。欧米市場では、113円30銭から112円71銭まで反落した後、113円24銭まで戻して…

FX予想「豪ドル/円 米テーパリングの余波で下落リスク高い」12月3日(金)志摩力男

月曜から金曜までの毎朝、外為市場に長年携わってきた5人のコメンテータが、その日の相場見通しや今後のマーケット展望を解説します。【外為マーケットビュー】

前日の海外市況ほか|ドル・円:113円30銭から112円71銭まで円高・ドル安推移後、FRB高官のタカ派発言を受けて反発。

前日の海外市況 海外市場概況 ドル・円:113円30銭から112円71銭まで円高・ドル安推移後、FRB高官のタカ派発言を受けて反発。 ユーロ・ドル:ドイツがワクチン未接種の国民に対する規制を強化し、欧州中央銀行(ECB)レーン専務理事のハト派発言で、1.1348ド…

※追加【豪ドル/円】:下値リスクが高い状態。強い下値抵抗にも注意。

【豪ドル/円】:下値リスクが高い状態。強い下値抵抗にも注意。 豪ドル/円は小陽線で続落を食い止めています。上昇エネルギーの強いものではありませんが、80.00の抵抗を守っており、これを支えとして反転、上昇に繋げる可能性を残しています。但し、79.70以…

【ドル/円】:戻り売り方針継続。強い下値抵抗にも注意。

2021年12月3日 【ドル/円】:戻り売り方針継続。強い下値抵抗にも注意。 ドル/円は小陽線で続落を食い止めています。短期トレンドは“ドル弱気”ですが、中期トレンドが強い状態にあるので急落にも繋がり難いと見られます。 114.50超えで終えた場合は下値リス…

FX/為替「米11月雇用統計は良化の見込み」 外為トゥデイ 2021年12月3日号

主要通貨の日々の推移をわかりやすく解説し、今後の見通しをお届けします。

ドル・円は底堅い値動きか、米当局者のタカ派姿勢でドル売り後退

欧米市場オープニングコメント 「ドル・円は底堅い値動きか、米当局者のタカ派姿勢でドル売り後退」2日の欧米外為市場では、ドル・円は底堅い値動きを予想する。米国内で新型コロナウイルス・オミクロン株感染が確認され、金融政策への影響を懸念したドル売…

東京市況ほか|ドル・円はじり高推移。

東京市況 東京市場概況 ドル・円はじり高推移。米10年債利回りの持ち直しと日経平均株価の下げ幅縮小を手がかりに、ドル買い、円売りが優勢となり、112円66銭から113円33銭まで値を上げた。112円台では本邦実需筋からのドル買いも目立ったもよう。 ユーロ・…

「コロナ変異株『オミクロン』の影響を注視」外為総研 House View ポンド/円・豪ドル/円 2021年12月

【外為総研House View】先月の推移と今後の展望

FX「オミクロンの不透明感からポンド円の戻りは限定的」短期トレード 即効チャージ!ポンド 2021/12/2

主要通貨の日々の推移をわかりやすく解説し、今後の見通しをお届けします。

ドル・円は主に112円台で推移か、米国株安を意識して円売りは引き続き抑制される可能性

東京市場オープニングコメント 「ドル・円は主に112円台で推移か、米国株安を意識して円売りは引き続き抑制される可能性」1日のドル・円は、東京市場では113円09銭から113円63銭までは反発。欧米市場では、113円59銭から112円67銭まで反落し、112円79銭で取…

前日の海外市況ほか|ドル・円:11月ISM製造業景況指数が予想を下回り、米国内で初のオミクロン変異株の感染が確認されたことから、113円59銭から112円67銭まで円高・ドル安推移。

前日の海外市況 海外市場概況 ドル・円:11月ISM製造業景況指数が予想を下回り、米国内で初のオミクロン変異株の感染が確認されたことから、113円59銭から112円67銭まで円高・ドル安推移。 ユーロ・ドル:1.1360ドルから1.1303ドルまでドル高・ユーロ安で推…

※追加【豪ドル/円】:戻り売り方針継続。強い下値抵抗にも注意。

【豪ドル/円】:戻り売り方針継続。強い下値抵抗にも注意。 豪ドル/円は続落。上ヒゲが長く上値トライに失敗しており、下値リスクが高い状態です。一方で80.00近辺の強い下値抵抗ポイントに到達しており、これを守り切れば反転に繋がる可能性を残しています…

【ドル/円】:戻り売り方針継続。強い下値抵抗にも注意。

2021年12月2日 【ドル/円】:戻り売り方針継続。強い下値抵抗にも注意。 ドル/円は続落。4手連続陰線引けとなり上値を切り下げています。直近の陰線が113.50-60の上値抵抗にもぶつかっており、一段の下落リスクに注意が必要です。短期トレンドは“ドル弱気”の…

FX/為替「米雇用統計への期待がドルを下支え」 外為トゥデイ 2021年12月2日号

主要通貨の日々の推移をわかりやすく解説し、今後の見通しをお届けします。

FXセミナー「FX2大テーマ!オミクロン株×米金融政策」 今井 雅人氏 2021/12/1

動画配信期間:2021/12/1~ 銀行ディーラー時代の輝かしい実績を持つ「マット今井」こと今井雅人氏による恒例の経済・為替相場の解説セミナーです。各通貨の具体的な展開を今井節で明快に解説します。

ドル・円は底堅い値動きか、米雇用関連指標が堅調なら引き締めに思惑

欧米市場オープニングコメント 「ドル・円は底堅い値動きか、米雇用関連指標が堅調なら引き締めに思惑」1日の欧米外為市場では、ドル・円は底堅い値動きを予想する。新型コロナウイルス・オミクロン株への警戒が続き、円買いに振れやすい。半面、米雇用関連…

東京市況ほか|ドル・円は伸び悩み。

東京市況 東京市場概況 ドル・円は伸び悩み。米10年債利回りの上昇と日経平均株価の堅調地合いを受け、113円09銭から113円63銭まで値を上げた。ただ、新型コロナウイルス・オミクロン株に対する警戒感から、その後は株高期待の円売りが抑制された。 ユーロ・…

「コロナ変異株出現の影響は?」外為総研 House View ドル/円・ユーロ/円 2021年12月

【外為総研House View】先月の推移と今後の展望

「リクイディティが薄い!?主要通貨ペアが毎日100pips動く相場」ひろぴーの 実践!FXトレードストラテジー

オミクロン変異株の影響から、マーケットが非常に不安定です。東京時間、ロンドン時間、NY時間といってこい相場が続いており、ストップの狩り合いとなっております。こういった相場は、意外とストップを広めにとり、損小利大トレードよりも1:1のリスクリワー…

FX「米国雇用統計の予想と戦略 2021年12月号」By 外為どっとコム総研

更新日時:2021年12月03日 22時50分執筆日時:2021年12月01日 13時00分執筆者:株式会社外為どっとコム総合研究所 小野 直人 1.はじめに2.前回のおさらい3.今回の見どころ4.今回の戦略 1.はじめに 2021年12月3日(金)、日本時間22時30分に米国で11月雇用統…

FX「オミクロン警戒と米テーパリング加速懸念でポンドの上値は重い」短期トレード 即効チャージ!ポンド 2021/12/1

主要通貨の日々の推移をわかりやすく解説し、今後の見通しをお届けします。

FX予想「ドル円 リスクオフムード漂う 円が買われやすい地合い」2021/12/1

大手銀行で為替・債券・スワップ市場のチーフディーラーとして活躍した経験を持つ百戦錬磨のプロトレーダー、井上義教氏が、毎週掲載される「FX ウィークリーテクニカルレポート」のレビューを明快に解説いたします!【明快!テクニカルレビュー】

FX予想「ドル/円 円高・株安気味の展開が続く 悪い円高を危惧」2021/12/1(水)野村雅道

月曜から金曜までの毎朝、外為市場に長年携わってきた5人のコメンテータが、その日の相場見通しや今後のマーケット展望を解説します。【外為マーケットビュー】

※追加【豪ドル/円】:戻り売り方針継続。強い下値抵抗にも注意。

【豪ドル/円】:戻り売り方針継続。強い下値抵抗にも注意。 豪ドル/円は小幅続落となりました。80.00-10の強い下値抵抗に跳ね返されており、これを支えとして反発余地を探る動きが期待できますが、トレンドがまだ弱いので飛びつき買いに注意が必要です。買い…

【ドル/円】:上値余地が限られる展開。戻り売り方針継続。

2021年12月1日 【ドル/円】:上値余地が限られる展開。戻り売り方針継続。 ドル/円は続落。下ヒゲがやや長く、下値トライに失敗した形ですが、日足の形状は改善しておらず、短期トレンドは弱いままです。買いは引き続き様子見か112.00-10まで引きつけて。損…

top