G10通貨

豪ドル/円 NZドル/円 今週の為替予想「RBAは利上げ幅の変更なし?据え置きの可能性も??」ハロンズ 2022/12/3

豪州では12月6日(火)に豪準備銀行(RBA)理事会が開催されます。RBAが現在金融政策を決定する際に特に重視しているものは2つ。①労働市場の状況と②インフレの状況です。 ①豪州の労働市場状況:11月16日発表の豪7-9月期賃金指数は前年比+3.1%と市場予想(+3.…

米ドル/円 来週の為替予想「セリングクライマックス後を狙う、円安環境は変わっていない」ハロンズ2022/12/03

米ドル/円は、中期のサポートラインとみられる200日線付近まで低下しています。まだ、明確に割り込んでいませんので、134.500円割れまでは買いでついていきたい局面ですが、200日線を割り込んでくるようなら、年初の安値からの上昇幅の50%押しに当たる付近1…

ドル円「24年ぶりの下落幅…どこまで下がる?年内120円台もあるか」中期テクニカル分析でわかる今後の米ドル見通し 2022/12/2

現在の状況をテクニカル分析で確認したところ、月足で見ると11月の大陰線は、高値と安値の間が11.32円となり、実に24年ぶりの下落幅を記録しました。9月10月のローソク足を包み込んでおり、上昇トレンドから転換を示唆する大陰線とも見て取れます。 また、今…

ドル/円 今日の注文情報「円相場はクラッシュ気味、個人投資家はオーダー控えて成行取引か」 2022/12/02 19:00

指値・ストップ注文のレート水準と数量がわかる「外為注文情報」から今後のポイントを探ります。

ドル・円は弱含みか、米雇用情勢の悪化なら景気減速に警戒

欧米市場オープニングコメント 「ドル・円は弱含みか、米雇用情勢の悪化なら景気減速に警戒」 2日の欧米外為市場では、ドル・円は弱含む展開を予想する。米連邦準備制度理事会(FRB)による引き締め鈍化の思惑から、ドル売り要因に反応しやすい。米雇用統計…

東京市況ほか|ドル・円は下落。

東京市況 東京市場概況 ドル・円は下落。朝方に135円60銭をつけて以降、ドル売りが継続し、夕方にかけて134円56銭まで値を下げた。 ユーロ・円は142円48銭から141円77銭まで値を下げた。 ユーロ・ドルは1.0505ドルから1.0542ドルまで値を上げた。 本日の予定…

ドル/円 今日の注文情報「134円台半ばへと下落 様子見ムード」2022/12/2 16:40

ポイント 売り買いともにボリュームは控えめ。 本日のドル/円相場は、3 カ月半ぶりに135.00円を割り込み134.50円台へと下落する展開。 ドル売りが続く中、今夜米11月雇用統計が発表される。個人投資家は手が出しづらいようだ。

FX/為替「注目のFX週間イベント 来週の為替はどう動く?」 FX週間イベント 12/5~12/11

米国は雇用統計の発表明け。かつ連邦公開市場委員会(FOMC)前のブラックアウト期間とあって手掛かり材料が不足気味の一週間になりそうです。あえて言えば、米11月生産者物価指数(PPI)や米12月ミシガン大消費者信頼感指数の期待インフレ率に注目です。

ドル円 今夜の重要ポイント「今夜は2022年最後の米雇用統計」2022/12/2

目次 ▼東京時間の振り返り▼今夜のポイント▼ドル/円午後のFX予想動画 東京時間の振り返り 東京市場のドル/円は3カ月半ぶり安値へ続落。仲値公示にかけて135円台半ばまで強含む場面があったものの、米利上げペース鈍化観測を背景としたドル売りは根強く、買い…

FX個人投資家動向「1日でドル円約3円下落、取引金額は35%増加 ユーロ/円の買いポジション膨らむ‼」2022年12月2日

前日欧州時間から本日アジア時間のマーケット動向と個人7資家動向をまとめました。市場参加者の動向を確認し、FX取引をする上での情報としてお役立てください。

ドル円「止まらないドル売り、132円台も見えてきた」3分でわかる今日のドル/円 2022/12/2

【最新号】 目次 ▼ドル/円の見通し▼ドル/円の予想 まとめ▼ドル/円見通し動画 ドル/円の見通し 早速ですが、ドル/円の60分足をご覧ください。このチャート形状を見て分かるように、かなり下落しています。139.90円付近から135円台まで大幅に下落しています。…

ドル/円、目先は米雇用悪化で続落のシナリオ「どこまで下がるかわからない」 12月2日(金)志摩力男

目次 0:00 オープニング 0:39 11/30のパウエル議長発言をきっかけとしたドル安が継続 2:06 11/30の発言とFOMC(11/1-2)後の会見との相違点(リセッションリスク、ターミナルレート) 4:26 米労働市場に減速の兆し→米雇用統計(12/2)は悪い数字かも? 5:48 …

ドル・円は主に135円台で推移か、米国の景気後退入りを警戒してドル買い拡大の可能性低い

東京市場オープニングコメント 「ドル・円は主に135円台で推移か、米国の景気後退入りを警戒してドル買い拡大の可能性低い」 1日のドル・円は、東京市場で138円12銭から135円84銭まで下落。欧米市場では136円66銭から135円21銭まで一段安となり、135円35銭で…

前日の海外市況ほか|ドル・円:米11月ISM製造業景況指数の予想以上の低下でドル売りが加速し、136円66銭から135円21銭まで円高・ドル安で推移。

前日の海外市況 海外市場概況 ドル・円:米11月ISM製造業景況指数の予想以上の低下でドル売りが加速し、136円66銭から135円21銭まで円高・ドル安で推移。 ユーロ・ドル:米長期金利の低下を意識して1.0394ドルから1.0533ドルまでドル安・ユーロ高で推移。 ユ…

※追加【豪ドル/円】続落の可能性に注意。

【豪ドル/円】続落の可能性に注意。 豪ドル/円は前日の陽線を打ち消す陰線引けとなり、下値リスクの高いものです。92.00-10の横サポートを守って終えていますが、日足、週足ともに形状が弱く、下値リスクにより警戒が必要です。買いは様子見です。売りは92.5…

【ドル/円】:戻り売り方針継続。

2022年12月2日 【ドル/円】:戻り売り方針継続。 ドル/円は、直近の日足が前日足から下寄りのスタートとなり、安値圏で引ける陰線引けとなりました。134~135円台には本来強い下値抵抗がありますが、直近の陰線が新たな下げトレンド入りの可能性を示唆してお…

FX/為替「ドル/円大幅続落 135円の攻防が米雇用統計の焦点に」 外為どっとコム トゥデイ 2022年12月2日号

昨日のドル/円は前日終値から3円近く下落。前日のパウエル米連邦準備制度理事会(FRB)議長の発言を受けて米国の利上げペース減速が意識される中、137.00円、136.00円の節目を相次いで下抜けた。米10月個人消費支出物価指数(PCEデフレーター)の鈍化と米11…

豪ドル/円 今日の見通し「豪ドル/円は米ドル/円に追随する?米雇用統計後の動きに注意!」2022/12/2

中国の孫副首相がゼロコロナ政策に関して「新局面を迎えた」との見解を示し、北京や広州などで、従来の行き過ぎた対応が緩和されつつある。中国の経済が行き過ぎたゼロコロナ政策により混乱するといった従来からの懸念が緩和されたことが、中国と交易関係の…

ドル/円3分早わかり「ドル、短期見通し「昇降」か 労働市場はひっ迫継続-米国11月雇用統計」2022年12月02日

この番組は、TEAMハロンズ黒川が本日の注目材料を3分でわかりやすく解説する番組です。

米FRBの政策調整観測で米ドル/円の方向性は?12月2日の米国雇用統計の予想と戦略 2022年12月号-By 外為どっとコム総研

毎月、公表される米国の雇用統計の見通しと戦略をぎゅっとまとめた記事です。

ドル/円 今日の注文情報「個人投資家は136.000円付近で押し目待ち、ドル円は一時8/23以来の低水準」 2022/12/01 19:00

指値・ストップ注文のレート水準と数量がわかる「外為注文情報」から今後のポイントを探ります。

ドル・円は下げ渋りか、ドル売り継続も株高なら円売りに

欧米市場オープニングコメント 「ドル・円は下げ渋りか、ドル売り継続も株高なら円売りに」 1日の欧米外為市場では、ドル・円は下げ渋る展開を予想する。パウエル米連邦準備制度理事会(FRB)議長のハト派寄りの政策スタンスを背景に、ドル売り継続の見通し…

東京市況ほか|ドル・円は弱含み。

東京市況 東京市場概況 ドル・円は弱含み。米長期金利低下を意識したドル売りが強まり、138円12銭から135円84銭まで値を下げた。 ユーロ・円は弱含み。円高・ドル安の相場展開の影響もあり、143円76銭から142円10銭まで値を下げた。 ユーロ・ドルは強含み、1…

「ドル/円 年内130円が視野に」【マット今井 実践トレードのつぼ】2022/12/1

【マット今井 実践トレードのつぼ】 動画配信期間:2022/12/1~収録日時:2022年12月1日16:30 今井雅人氏が現状の世界経済を詳細に分析し、今後の為替相場動向まで踏み込みます。

ドル/円急落、下値は最大130円を予想 マット今井のトレードアイディア 2022年12月1日

ドル/円が急落しています。きっかけは、パウエルFRB議長の発言です。 彼が言ったことは、早ければ12月のFOMCで利上げペースの減速をする可能性があるというものです。 これに市場が反応しました。十分予想できていたことだと思うのですが、どこかでまだ1…

ドル/円 今日の注文情報「135.83円前後まで続落 売り買い控えめ」2022/12/1 16:50

ポイント 売り買いともにボリュームは控えめ。 本日のドル/円相場は、3 カ月半ぶりに135.83 円前後へと続落する展開。 激しい値動きが続く中、個人投資家は様子見姿勢を強めているようだ。

ドル円 今夜の重要ポイント「PCEデフレーター、ISMはドル売りの追撃材料になるか?」2022/12/1

ポイント:パウエル米連邦準備制度理事会(FRB)議長の講演で強まったドル安の流れはどこまで続くのでしょうか。今夜は米10月個人消費支出物価指数(PCEデフレーター)と米11月ISM製造業景況指数に注目です。

FX個人投資家動向「パウエル砲でドル円急落、ドル円の取引シェア増加‼」2022年12月1日

前日欧州時間から本日アジア時間のマーケット動向と個人7資家動向をまとめました。市場参加者の動向を確認し、FX取引をする上での情報としてお役立てください。

ドル円「まだまだ下落する?135円台への下落も」3分でわかる今日のドル/円 2022/12/1

※最新号はコチラ 目次 ▼ドル/円の見通し▼ドル/円の予想 まとめ▼ドル/円見通し動画 ドル/円の見通し 早速ですが、ドル円の60分足をご覧ください。昨日から今日にかけての値動きを振り返りますと、昨日は一時139.90円付近まで上昇しましたが、その後大きく下落…

ドル・円は主に138円台で推移か、米長期金利の低下を意識してドル買い抑制も

東京市場オープニングコメント 「ドル・円は主に138円台で推移か、米長期金利の低下を意識してドル買い抑制も」 11月30日のドル・円は、東京市場で138円94銭から138円33銭まで下落。欧米市場では139円89銭まで買われた後、一時137円65銭まで反落し、138円02…

前日の海外市況ほか|ドル・円:一時139円89銭まで買われた後、パウエルFRB議長の発言を受けて137円65銭まで反落。

前日の海外市況 海外市場概況 ドル・円:一時139円89銭まで買われた後、パウエルFRB議長の発言を受けて137円65銭まで反落。 ユーロ・ドル:米長期金利の低下を意識して1.0291ドルから1.0429ドルまでユーロ高・ドル安で推移。 ユーロ・円:144円85銭から143円…

ドル円は135円が視野に!ドル全面安なるか?米経済指標に注目 12月1日(木)YEN蔵

目次 0:00 昨日(11/30)の相場振り返り パウエルFRB議長発言でドル急落 0:40 昨日(11/30)の米経済指標(GDP改定値、JOLT求人件数、ADP)振り返り 2:49 パウエルFRB議長発言 市場はハト派的と解釈 4:37 ベージュブック 緩やかな経済成長 5:39 fedwatch 市場の関…

※追加【豪ドル/円】下値リスクに引き続き注意。

【豪ドル/円】下値リスクに引き続き注意。 豪ドル/円は続伸。高値引けの陽線で終え、上値トライの動きに繋げていますが、94.10-20の抵抗を上抜けて終えるまでは、下値リスクにより警戒が必要です。買いは1日様子見です。売りは93.80-90で戻り売り。損切りは9…

【ドル/円】:一段の段の下落に注意。戻り売り方針継続。

2022年12月1日 【ドル/円】:一段の段の下落に注意。戻り売り方針継続。 ドル円は直近の日足が、上ヒゲが長い陰引けとなり、上値トライに大きく失敗した形で終えています。終値ベースでは138.00-10の日足の抵抗を守って終えていますが、朝方のシドニー市場で…

FX/為替「ドル/円、137円台半ばの攻防が目先の焦点」 外為どっとコム トゥデイ 2022年12月1日号

昨日のドル/円は米連邦準備制度理事会(FRB)議長の発言を受けて下落。月末絡みのドル需要などを背景に139.89円前後まで上昇していたドル/円は、パウエルFRB議長が「早ければ12月に利上げペースを落とす可能性がある」と発言すると137.65円前後まで2円以上急…

ドル/円3分早わかり「ドル円下落歩調、米成長懸念拡大!-米国11月ISM製造業景況指数」2022年12月01日

この番組は、TEAMハロンズ黒川が本日の注目材料を3分でわかりやすく解説する番組です。

ドル/円 今日の注文情報「139円手前の売り意欲観測、明朝の米イベント控え138円台で振幅」 2022/11/30 19:00

指値・ストップ注文のレート水準と数量がわかる「外為注文情報」から今後のポイントを探ります。

ドル・円は上げ渋りか、米FRB議長のタカ派姿勢に期待も中国にらみ

欧米市場オープニングコメント 「ドル・円は上げ渋りか、米FRB議長のタカ派姿勢に期待も中国にらみ」 30日の欧米外為市場では、ドル・円は上げ渋る展開を予想する。パウエル米連邦準備制度理事会(FRB)議長がタカ派的な政策方針を維持すれば、金利高・ドル…

東京市況ほか|ドル・円は下落。

東京市況 東京市場概況 ドル・円は下落。朝方に138円94銭まで買われたが、ポジション調整的な売りが強まり、138円33銭まで値を下げた。 ユーロ・円は143円17銭から143円67銭まで値を上げた。 ユーロ・ドルは1.0319ドルから1.0361ドルまで値を上げた。 本日の…

ドル/円 今日の注文情報「注目イベントを前に138円台で方向感を模索中 注文は閑散」2022/11/30 16:00

ポイント 売り買いともにボリューム控えめ。 本日のドル/円相場は、138円台半ば~後半を中心に方向感を模索する展開。 今夜の米経済指標やパウエルFRB議長の発言を前に、様子見姿勢を強める投資家が多い様だ。

ドル円 今夜の重要ポイント「材料と需給の両面から変動圧力」2022/11/30

目次 ▼東京時間の振り返り▼今夜のポイント▼ドル/円午後のFX予想動画 東京時間の振り返り 東京市場のドル/円は138円台で上値の重い展開。月末5・10日(ゴトー日)の仲値にかけて138.94円前後まで強含んだものの、その後は米長期金利の低下などを眺めて138.30…

FX個人投資家動向「メキシコペソをなど新興国通貨の上昇に個人は逆張り、ドル円は様子見」2022年11月30日

前日欧州時間から本日アジア時間のマーケット動向と個人7資家動向をまとめました。市場参加者の動向を確認し、FX取引をする上での情報としてお役立てください。

ドル/円は上がったら売りを 2023年、市場のテーマはインフレからリセッションへ【ひろぴーの 実践!FXトレードストラテジー】

個人投資家として活躍するひろぴー氏が、独自の最新マーケット分析を毎週公開します。現在のFXマーケットを取り巻く情報の整理をする際、また短期間の FXトレード戦略を考える際に、お役立てください。 作成日時:2022年11月30日14時30分執筆:CXRエンジニア…

ドル円「パウエルFRB議長の発言に注目 それまで戻り売り優位か」3分でわかる今日のドル/円 2022/11/30

※最新号はコチラ 目次 ▼ドル/円の見通し▼ドル/円の予想 まとめ▼ドル/円見通し動画 ドル/円の見通し 本日のドル/円のトレード方針をお伝えし、その後に環境認識のの詳細を見ていきましょう。 まずは、ドル/円の60分足から解説します。昨日の値動きを簡単に振…

ドル円は売りで攻めるのが正解か 11月30日(水)井上義教

目次 0:00 ドル/円日足 売りで攻めるのが正解か 1:40 ユーロ/円日足 買う理由のない相場 2:48 ユーロ/ドル日足 陰転したわけではないが上値追いも難しい 5:29 ポンド/円日足 下を追いかけるチャート形成ではない 6:01 豪ドル/円日足 異質な動きで読みづらい …

ドル/円相場は原油・天然ガス・石炭の動向がカギ!短期的にはパウエルFRB議長講演・米CPIに注目 2022/11/30(水)野村雅道

目次 00:00 2022年のトレンド「ドル高・円安」が変わってきた 00:40 CPIやパウエル議長講演の影響は短期的 01:44 中長期的には需給(貿易収支)が重要 本邦11月上旬の貿易統計に異変 02:38 エネルギー価格の上昇がドル高に繋がる 原油・天然ガス・石炭次第で相…

ドル・円は主に138円台で推移か、米長期金利上昇を受けてドル売り縮小の可能性

東京市場オープニングコメント 「ドル・円は主に138円台で推移か、米長期金利上昇を受けてドル売り縮小の可能性」 29日のドル・円は、東京市場で139円35銭から138円15銭まで下落。欧米市場では137円87銭まで下げた後、138円85銭まで反発し、138円70銭で取引…

前日の海外市況ほか|ドル・円:米長期金利上昇を意識して137円87銭から138円85銭まで円安・ドル高で推移。

前日の海外市況 海外市場概況 ドル・円:米長期金利上昇を意識して137円87銭から138円85銭まで円安・ドル高で推移。 ユーロ・ドル:欧州中央銀行(ECB)の利上げ観測後退で、1.0393ドルから1.0320ドルまでドル高・ユーロ安で推移。 ユーロ・円:日欧金利差拡…

※追加【豪ドル/円】下値リスクに引き続き注意。

【豪ドル/円】下値リスクに引き続き注意。 豪ドル/円は小陽線で続落を食い止めていますが、下値リスクがより高い状態に変わりありません。買いは様子見か、91.80に損切りを置くなら92.10-20まで引きつけて軽く買い狙い。売りは93.00-10で戻り売り。損切りは9…

【ドル/円】:下げ渋り。戻り売り方針継続。

2022年11月30日 【ドル/円】:下げ渋り。戻り売り方針継続。 ドル/円は直近の日足が、前日足から下寄りのスタートとなりましたが、下値を攻めきれずに実体の小さい陰線引けとなりました。下値抵抗に跳ね返されましたが、上値抵抗も上抜けきれずに反落してお…

top