G10通貨

FX/為替「12日の消費者物価指数にらむ展開」スウェーデンクローナ:マイナー通貨

マイナー通貨(メキシコペソ、中国人民元、ノルウェー クローネ、スウェーデンクローナ)の記事をご紹介

FX/為替「原油安が売り材料も、動きは限定的」ノルウェークローネ:マイナー通貨

マイナー通貨(メキシコペソ、中国人民元、ノルウェー クローネ、スウェーデンクローナ)の記事をご紹介

FX/為替「昨日に続き欧州序盤に米ドル/円小緩む、個人は下値警戒ながらも押し目待ち」今日の注文情報 ドル/円 2022/8/10 19:10

指値・ストップ注文のレート水準と数量がわかる「外為注文情報」から今後のポイントを探ります。

ドル・円は伸び悩みか、米CPIが想定通りなら買い縮小

欧米市場オープニングコメント 「ドル・円は伸び悩みか、米CPIが想定通りなら買い縮小」 10日の欧米外為市場では、ドル・円は伸び悩む展開を予想する。今晩発表の米消費者物価指数(CPI)が堅調なら大幅利上げ期待から、ドル買い優勢の展開に。ただ、ほぼ想…

東京市況ほか|ドル・円は伸び悩み。

東京市況 東京市場概況 ドル・円は伸び悩み。135円30銭まで買われた後、134円89銭まで値を下げる展開。 ユーロ・円は138円09銭から137円79銭まで値を下げた。 ユーロ・ドルは1.0203ドルから1.0219ドルまで値を上げた。 本日の予定 21:30 米・7月消費者物価指…

FX/為替「今夜は米CPI 135.50円で戻り売り」今日の注文情報 ドル/円 2022/8/10 16:20

ポイント 135.50円に大きめの売り指値注文がある。 本日のドル/円相場は、135.00円を挟んでもみ合う方向感のない展開。 注目の米7月消費者物価指数(CPI)の発表を数時間後に控えているものの、前日高値付近の135.50円では戻り売りを狙う向きがいるようだ。

FX/為替「本日アジア時間、ドル円方向感なし‼7月米CPI待ちの状態‼」市況・個人投資家動向(取引状況、ポジション動向)2022年8月10日

前日欧州時間から本日アジア時間のマーケット動向と個人7資家動向をまとめました。市場参加者の動向を確認し、FX取引をする上での情報としてお役立てください。

FX/為替予想「米CPIは大幅低下なるか?高金利通貨の再調整売りスタート?」ひろぴーの 実践!FXトレードストラテジー

出所:Trading View 今晩は大注目の米CPIです。コモディティ価格比較チャートを掲載しておきます。昨年7月から今現在を比較しているので、1カ月ほどズレてはおりますが、原油価格が多少下がった程度なのでさほど変わりはありません。三大穀物の小麦、大豆、…

FX/為替予想「大きな動きに備えて準備運動を忘れずに!対円で買うならドル/円か」8月10日 井上義教

目次 0:00 はじめに 値動きが乏しい中で米CPI待ち 0:30 ドル/円日足 中期線と7/28陰線超えると反発か 1:23 ユーロ/円日足 ドル/円より戻り鈍く上値が重い 2:12 ポンド/円日足 ユーロ/円同様上値が重い 2:44 豪ドル/円日足 買いに見えたが伸び悩み、今日もお…

FX/為替予想「米経済指標はサプライズが出やすい、米CPIに注目。『夏の円高』が変わるのは9月に入ってからか」8月10日(水)野村雅道

目次 00:00 夏の円高 高値から約9円下落して半値戻す 02:00 本邦貿易赤字で今年のドル円は約26円上昇 03:22 それでも円高が進んだのは輸出業者のドル売りなどによる 04:01 米経済指標はサプライズが出やすい→今日(8/10)は米CPIに注目 06:13 原油や天然ガス…

ドル・円は主に135円を挟んだ水準で推移か、米7月CPI発表を待つ状況

東京市場オープニングコメント 「ドル・円は主に135円を挟んだ水準で推移か、米7月CPI発表を待つ状況」 9日のドル・円は、東京市場では134円67銭から135円16銭まで反発。欧米市場では134円72銭から135円20銭まで買われており、135円08銭で取引終了。本日10日…

前日の海外市況ほか|ドル・円:米長期金利の上昇に伴うドル買いで134円72銭から135円20銭まで円安・ドル高推移。

前日の海外市況 海外市場概況 ドル・円:米長期金利の上昇に伴うドル買いで134円72銭から135円20銭まで円安・ドル高推移。 ユーロ・ドル:1.0247ドルまでドル安・ユーロ高推移後、1.0203ドルまで反落。 ユーロ・円:137円79銭から138円32銭まで円安・ユーロ…

※追加【豪ドル/円】:上値トライの動きが継続。

【豪ドル/円】:上値トライの動きが継続。 豪ドル/円は小反落。調整的な押しの範囲内であり、上値トライの可能性に繋げています。買いは93.60-70の押し目待ちとします。損切りは93.20で撤退です。売りは様子見です。上値抵抗は94.30-40,94.70-80,95.20-60…

【ドル/円】:押し目買い方針継続。

2022年8月10日 【ドル/円】:押し目買い方針継続。 ドル/円は小陽線で終え上値トライの可能性に繋げています。単体では上昇エネルギーの強いものではありませんが、134円台の軽い下値抵抗にも跳ね返されており、日足の形状は強い状態を保っています。但し、1…

FX/為替「米利上げペースはデータ次第 ドル/円は米CPI次第」 外為トゥデイ 2022年8月10日号

昨日のドル/円は強保ち合い。134.60円台まで下落する場面もあったが下値は堅く、米長期金利が小幅に上昇する中で135.20円前後まで強含んだ。市場は本日発表される米7月消費者物価指数(CPI)に注目している。市場予想は前年比+8.7%となっており、6月の+9.1…

FX/為替予想「豪ドル/円は米CPI次第。米国のインフレにピークアウトの兆しが見られれば、豪ドル/円は下落」短期トレード 即効チャージ!豪ドル 2022/8/10

本日は注目の米7月CPIが発表される。6月中旬以降、原油などの資源価格が徐々に上値を切り下げていることから、市場は前月比+0.2%と前月(+1.3%)よりもインフレの勢いが鈍化すると予想している。 ①予想通り、もしくは予想以下となれば米連邦準備制度理事会…

FX/為替見通し「ドル/円は米CPIに注目、豪ドル/円は93円台後半が分岐点、ユーロ/円はじり高でやや強気」2022/8/10 今日のポイントをささっと!(*11:00更新)

ポイント:CPI発表後、レンジブレイクから方向感が出るか 外為どっとコム総合研究所の研究員、宇栄原 宗平(うえはら・しゅうへい)が「ざっくり」今日のFX為替予想を行います。

FX/為替3分早わかり「ドル/円発射台へ、2022年下半期のゲームチェンジャー?-米国7月消費者物価指数(CPI)」2022年8月10日

この番組は、TEAMハロンズ黒川が本日の注目材料を3分でわかりやすく解説する番組です。

FX/為替「米ドル/円基本小動き、露ガス供給巡る話題で上値切り下げも。本日高値より上のレベルに売り集まりだす」今日の注文情報 ドル/円 2022/8/9 19:00

指値・ストップ注文のレート水準と数量がわかる「外為注文情報」から今後のポイントを探ります。

ドル・円は底堅い値動きか、米中対立に警戒も米利上げ加速に思惑

欧米市場オープニングコメント 「ドル・円は底堅い値動きか、米中対立に警戒も米利上げ加速に思惑」 9日の欧米外為市場では、ドル・円は底堅い値動きを予想する。中国軍の演習が延長されたことが嫌気され、やや円買いに振れやすい。ただ、明日発表の米消費者…

東京市況ほか|ドル・円は下げ渋り。

東京市況 東京市場概況 ドル・円は下げ渋り。134円67銭まで売られた後、135円16銭まで値を戻す展開。 ユーロ・円は137円27銭から137円90銭まで値を上げた。 ユーロ・ドルは1.0189ドルから1.0210ドルまで値を上げた。 本日の予定 21:30 4-6月期非農業部門労働…

“悲観から楽観へ。”

先週のドル・円相場は大荒れの展開となった。前週の米国第二四半期国内総生産(GDP.)値が市場予想の+0.5%を大きく下回る-0.9%となって第一四半期の-1.6%から二期連続のマイナス成長となってテクニカル・リセッションとなり、FRB.による利上げペースの…

FX/為替「本日高値(135.16円前後)以上で戻り売り狙う」今日の注文情報 ドル/円 2022/8/9 16:00

ポイント 売り買いともにボリュームは控めだが、どちらかといえば売り指値が多い。 本日のドル/円相場は、135.00円を挟んでもみ合う展開。 夏季休暇ムードが漂う中、本日高値以上で戻り売りを目指す向きが一部いるようだ。

FX/為替「本日アジア時間、米7月CPI待ちで135.00円を挟んだ動き‼」市況・個人投資家動向(取引状況、ポジション動向)2022年8月9日

前日欧州時間から本日アジア時間のマーケット動向と個人7資家動向をまとめました。市場参加者の動向を確認し、FX取引をする上での情報としてお役立てください。

FX/為替予想「ドル/円は米CPI待ちのムード、豪ドル円は上値抵抗に注意しつつ押し目買い」8月9日(火)川合美智子

目次 0:00 昨日(8/8)の振り返り ドル/円ポジション調整あるも、8/10の米CPI待ちのムード 1:44 ドル/円日足 137円が強い上値抵抗。下値リスクも残る 4:31 ドル/円週足 上値トライの動きが強まるも、下値リスク警戒 5:55 ドルインデックス週足 強気の流れ変…

ドル・円は主に135円を挟んだ水準で推移か、米長期金利伸び悩みでドル買い拡大の可能性低い

東京市場オープニングコメント 「ドル・円は主に135円を挟んだ水準で推移か、米長期金利伸び悩みでドル買い拡大の可能性低い」 8日のドル・円は、東京市場では135円58銭から134円91銭まで反落。欧米市場では135円21銭から134円36銭まで下げた後、135円11銭ま…

前日の海外市況ほか|ドル・円:米長期金利の低下に伴うドル売りで135円21銭から134円36銭まで円高・ドル安で推移後、FRBの根強い追加利上げ観測受けたドル買いに下げ止まる。

前日の海外市況 海外市場概況 ドル・円:米長期金利の低下に伴うドル売りで135円21銭から134円36銭まで円高・ドル安で推移後、FRBの根強い追加利上げ観測受けたドル買いに下げ止まる。 ユーロ・ドル:欧米金利差拡大観測を受けたユーロ売りが後退し、1.0173…

※追加【豪ドル/円】:上値余地を探る動き。強い上値抵抗にも注意。

【豪ドル/円】:上値余地を探る動き。強い上値抵抗にも注意。 豪ドル/円は続伸。下値を切り上げており一段の上昇の可能性に繋げています。95.60-70の抵抗を上抜けて来れば下値リスクが後退、96円台で終えれば一段の上昇に繋がり易くなります。買いは1日様子…

【ドル/円】:下値余地が限られる展開。押し目買い方針継続。

2022年8月9日 【ドル/円】:下値余地が限られる展開。押し目買い方針継続。 ドル/円は実体が小さく上下にヒゲのある陰線引けとなりました。上下の攻めに失敗した形ですが、前日の大陽線の影響を受けており、下値余地が限られ易い状態です。今年3月に付けた11…

FX/為替「ドル/円、米雇用統計の消化を終えてCPI待ちに」 外為トゥデイ 2022年8月9日号

昨日のドル/円は前週末比ほぼ横ばいの135円ちょうど付近で取引を終えた。米7月雇用統計の好結果を受けたドル買いの流れを引き継ぎ135.57円前後まで買いが先行したものの、海外市場では米長期金利が低下する中、134.34円前後まで反落した。ただ、NY市場終盤に…

FX/為替見通し「ドル/円とユーロ/円はレンジを想定、豪ドル/円は押し目買い目線」2022/8/9 今日のポイントをささっと!(*11:00更新)

ポイント:サポート134.50円、レジスタンス135.50円。レンジブレイクの可能性に注目 外為どっとコム総合研究所の研究員、宇栄原 宗平(うえはら・しゅうへい)が「ざっくり」今日のFX為替予想を行います。

FX/為替「米ドル/円はバカンスモードで動意限定、5日NY午後のサポートレベル割れにストップ」今日の注文情報 ドル/円 2022/8/8 19:00

指値・ストップ注文のレート水準と数量がわかる「外為注文情報」から今後のポイントを探ります。

ドル・円は伸び悩みか、米雇用情勢改善もインフレ指標を見極め

欧米市場オープニングコメント 「ドル・円は伸び悩みか、米雇用情勢改善もインフレ指標を見極め」 8日の欧米外為市場では、ドル・円は伸び悩む展開を予想する。米雇用情勢の改善が示され、連邦準備制度理事会(FRB)による引き締め加速への思惑でドル買い地…

東京市況ほか|ドル・円は上げ渋り。

東京市況 東京市場概況 ドル・円は上げ渋り。134円95銭から135円58銭まで値を上げたが、その後は135円台前半で推移した。 ユーロ・円は137円33銭から137円92銭まで値を上げた。 ユーロ・ドルは1.0159ドルから1.0191ドルまで値を上げた。 本日の予定 特になし…

FX/為替「米国NFPは予想の2倍超の52.8万人増もフルタイム就労者は減少、3カ月連続の0.75%利上げで政策金利は9月に3%か」米国雇用統計のふりかえり 2022年8月号 By 外為どっとコム総研

雇用統計の結果と振り返り

FX/為替「売り買いともにボリューム控えめ」今日の注文情報 ドル/円 2022/8/8 16:10

ポイント 売り買いともにボリュームは控えめ。 本日のドル/円相場は、135円台前半で小幅高の展開。 今夜予定されている経済指標がなく材料不足であることや夏季休暇ムードが漂っていることから個人投資家は様子見姿勢のようだ。

FX/為替「5日NY時間、7月米雇用統計、上振れでドル円急騰‼9月FOMCでの75bpの利上げを急速に織り込みだす‼」市況・個人投資家動向(取引状況、ポジション動向)2022年8月8日

前日欧州時間から本日アジア時間のマーケット動向と個人7資家動向をまとめました。市場参加者の動向を確認し、FX取引をする上での情報としてお役立てください。

FX/為替予想「ポンド/円は下落?様子見ムードのなか、英リセッション懸念が強まればポンド/米ドルの下落に連れる」短期トレード 即効チャージ!ポンド 2022/8/8

昨日のMPCで、BOEは市場予想通り0.50%の利上げを実施。市場の予想通りだったことによる材料出尽くし、金利発表後の声明でインフレ率が2022年第4四半期には13%まで上昇すると予想したほか、同時期に英経済はリセッション入りするとの予想を示したことでポン…

FX/為替「円ネットショート大幅減少」【今週のIMMポジション】2022/8/8

シカゴIMM通貨先物ポジションの推移から為替市場の全体的な状況と投資マインドを読み解きます。

FX週間テクニカル分析 2022/08/08〜08/12の見通し 好調な米雇用統計を背景にドル高再開を予想。豪ドル円も短期移動平均線をゴールデンクロス

▼USD/JPY 良好な米雇用統計から米経済回復が示唆されドル高再燃。今週は上昇を予想。予想レンジは127.380〜142.630▼EUR/USD 米国金利上昇でユーロ安ドル高トレンドは継続か。予想レンジは0.9814〜1.0541▼EUR/JPY 中期移動平均線をゴールデンクロス。買いサイ…

FX/為替「ストキャスティクスがおもしろい!?8月は夏休み!FXを勉強しよう!」2022/8/8

0:00 オープニング 0:11 8月はFXを学ぶ良い機会 0:36 情報がたくさん手に入る時代 1:05 ストキャスティクスがおもしろい! 3:00 テクニカル分析は1つのツールでしかない 3:40 FXの勉強をしませんか

ドル・円は主に135円を挟んだ水準で推移か、米国金利の先高観強まり、ドル売り縮小も

東京市場オープニングコメント 「ドル・円は主に135円を挟んだ水準で推移か、米国金利の先高観強まり、ドル売り縮小も」 5日のドル・円は、東京市場では132円52銭から133円47銭まで反発。欧米市場では132円85銭から135円50銭まで一段高となり、134円98銭で取…

前日の海外市況ほか|ドル・円:米7月雇用統計改善で大幅利上げを織り込むドル買いが強まり、132円85銭から135円50銭まで円安・ドル高で推移。

前日の海外市況 海外市場概況 ドル・円:米7月雇用統計改善で大幅利上げを織り込むドル買いが強まり、132円85銭から135円50銭まで円安・ドル高で推移。 ユーロ・ドル:欧米金利差拡大観測を受けたユーロ売りに1.0239ドルから1.0142ドルまでドル高・ユーロ安…

※追加【豪ドル/円】:上値余地を探る動き。

【豪ドル/円】:上値余地を探る動き。 豪ドル/円は陽線で切り返して上値トライの可能性に繋げています。93.10-20の抵抗を実体ベースで上抜けており、日足は下値リスクがやや後退していますが、週足の形状がまだ弱く、95円台に実体を乗せて越週するまでは、下…

【ドル/円】:上値余地を探る動き。

2022年8月8日 【ドル/円】:上値余地を探る動き。 ドル/円は直近の日足が前日足から下寄りのスタートとなり、そのまま大陽線で終えています。強い米雇用統計を受けてドルが急伸しました。強い上昇エネルギーが働いた形ですが、値動きの中では132円台から押し…

ユーロ/ドル やっぱり売りでは・・・

今週の注目通貨ペアはこれだ! ■ ユーロ/ドル やっぱり売りでは・・・ 先週は、火曜日に高値を付け、水曜日に安値を付ける展開でした。先週火曜日に若干上値追いの動きを見せましたがすぐに打ち消され、その後はあまり大きな動きを見せませんでした。1.02を…

FX/為替「ドル/円135円台回復 雇用統計受けて米経済の強さを再確認」 外為トゥデイ 2022年8月8日号

5日のドル/円は米7月雇用統計の好結果を受けて135円台を回復した。米7月雇用統計は非農業部門雇用者数が予想の2倍以上となる52.8万人増を記録したほか、失業率は予想外に低下して過去50年で最低の3.5%に並んだ。平均時給も前年比+5.2%と予想を上回る伸びと…

FX「夏の円高半値戻し。まだ大きな貿易赤字。台湾海峡問題は新たな不安」

総括 FX「夏の円高半値戻し。まだ大きな貿易赤字。台湾海峡問題は新たな不安」 ドル円=133-138、ユーロ円=135-140、ユーロドル=0.99-1.04 通貨ごとの注目ポイント *円「通貨11位(11位)、株価4位(3位)、夏の円高半値戻し。まだ大きな貿易赤字。台湾海…

ドル/円:上値余地を探る動き。強い上値抵抗にぶつかる可能性にも注意。138円台で終えれば“ドル強気”に変化。133.50円割れで終えた場合は“ニュートラル”に変化。130円割れで終えた場合は“ドル弱気”に変化。

ドル/円:上値余地を探る動き。強い上値抵抗にぶつかる可能性にも注意。138円台で終えれば“ドル強気”に変化。133.50円割れで終えた場合は“ニュートラル”に変化。130円割れで終えた場合は“ドル弱気”に変化。 直近の日足は前日足から大きく下寄りのスタートと…

FX/為替予想「豪ドル/円は底堅くも大きく上値は伸ばせない?材料少なく、米CPI待ち」短期トレード 即効チャージ!豪ドル 2022/8/8

本日は豪州や中国、欧米で為替相場に影響を与えそうな経済指標は予定されていない。 ①8月5日(金)に発表された米7月雇用統計は市場予想を大幅に上回る結果となり、米国の過度な景気減速(リセッション)懸念が後退。米大幅利上げ期待が再び高まり、市場のリ…

top