FXとは?基礎知識

FXとは?

FX(外国為替保証金取引)とは通貨同士を交換すること

FXとは英語のForeign Exchange(外国為替の意)を略したもので、外国為替保証金取引(外国為替証拠金取引)とも同じ意味を指します。

FXとは外国為替保証金取引(外国為替証拠金取引)のこと

この「外国為替」とはお金を交換することを意味しています。
世界中にはたくさんの国があり、それぞれ独自のお金を使用しています。
たとえばアメリカでお金を使う場合、両替所などで日本円を米ドルに交換しますが、この交換こそが外国為替そのものといえるのです。

外国為替保証金取引(外国為替証拠金取引)とは通貨同士を交換すること

FXとは?動画で紹介

FXは為替差益で利益を得られる

それでは円とドルを交換するとき、1ドルは何円になるのでしょう?
このときのドルの価値をあらわしたものが「為替レート」です。
テレビや新聞で「1ドル=100円」などと言うことがありますが、これは「1ドルの価値は100円と同じです」という意味があるのです。

FXの為替レート

また、この為替レートはいつも同じというわけではなく、日々変化しています。
仮にアメリカで円をドルに両替したときの為替レートが「1ドル=100円」だったとします。
その後アメリカから帰国して余ったドルを円に両替したとき、為替レートが「1ドル=105円」に変化しました。
すると過去に100円で買ったはずのドルを5円高い105円で売ることができ、1ドルあたり5円の利益が出ます。
つまりドルの為替レートが値上がりしたことで利益を得られたことになります。
反対にドルが値下がりしていると損失になってしまいます。
FX投資家はこのように日々変化する為替レートをみながら、たとえば安いときに買って高くなったら売る、という取引をして利益を得ることができるのです。
なお、この通貨の価値の差で得る利益を為替差益(スポット益とも)といいます。

為替差益とは

また、利益はドルを購入するときの量でも変わってきます。
もしも1ドルではなく100ドルを買っていたら100×5円=500円の利益となり、10,000ドルを買っていたら10,000×5円=5万円の利益となります。

ドルを購入する量で利益が変わる

FXの魅力

FXは少額で大きな取引ができる

FXにはレバレッジという仕組みがあり、口座に預けた資金の最大25倍(個人の場合)もの取引が可能です(※1)。
逆にいうと少額の資金でも取引できるということになりますが、この資金効率のよさがFXの大きな特徴となっています。
実際に外為どっとコムでは取引保証金額が10万円未満としている方が最も多く(※2)、少額取引の高いニーズを裏付けています。

FX取引の際の取引保証金額

FX取引の際の取引保証金額

(当社会員延べ15,722人による回答、2020年12月時点)

投資と聞くとまとまった資金が必要と思われがちですが、FXは比較的少ない資金で始めやすい投資といえます。
なお、外為どっとコムで取引するときの必要保証金は各通貨ペアで異なり、為替レートによって変動することもあります。

  • ※1 初心者の方は低レバレッジでの取引をおすすめします。また初心者の方に限らず、投資は余剰資金で行うことを心がけてください。適切なレバレッジについては後述します。
  • ※2 出所:外為白書 2019-2020 「FX取引の際の取引保証金額」

FXはほぼ24時間取引できる

FXは土日を除き基本的に24時間いつでも取引できるのも魅力です。
通貨を取引する市場は日本、イギリス、アメリカなど世界中にあります。
日本で取引される朝から夕方までの時間帯は当然ながら欧米は休んでいます。
そして日本が夕方になるとイギリスの人々が起き、夜になるとアメリカの人々が起きだして取引を始めます。さらに欧米に夜が訪れると地球が1周回り、オセアニアや日本の市場が再び動き出します。
このように地球を巡って取引のリレーが引き継がれることで、FXは24時間取引することができるのです。

FXの取引時間帯

そのためFXは、昼間は仕事で忙しい会社員やお店を経営している方でも夜の空き時間で取引できます
アンケート調査でも21〜24時に最も活発に取引する姿が浮き彫りになっており(※3)、日本の株式投資のケースとは大きく様相が異なっています。
このようにFXはさまざまなライフスタイルに柔軟に対応しやすい投資という一面も持っているのです。

FX取引をする時間帯は?

FX取引をする時間帯は?

(当社会員延べ15,722人による回答、2020年12月時点)

  • ※3 出所:外為白書 2019-2020「FX取引をする時間帯は?」

FXはスワップポイントを毎日もらえる

FXは短期間で為替差益を狙う手法が主流ではありますが、長期間の運用でもメリットがあります。
FXにはスワップポイントという金利のような仕組みがあり、メキシコペソ、南アフリカランドなどの高金利通貨を買うとほぼ毎日利益を得ることが期待できます
多忙であまり為替市場をチェックできない方にとっても、スワップポイントは心強い味方となるかもしれません。
ただし、低金利通貨を買った場合や、高金利通貨を買ったあとで金利が低くなってしまうと、反対にスワップポイントが支払いに転じてしまうことがあります。
さらに高金利通貨として知られる、いわゆる新興国通貨の取引においては突発的な相場の急変動が起こりやすい点に注意してください。

FXのリスクと注意点

FXはハイリスクハイリターンになる可能性も

FXがハイリスクハイリターンだと言われている理由は「レバレッジ」にあります。レバレッジとは預けた保証金の最大25倍(個人の場合)もの取引ができるFXの制度のひとつです。レバレッジを高くすると利益も大きくなる反面、思惑と反対に動いた場合は損失も大きくなってしまいます。

レバレッジの計算方法は以下になります。
レバレッジ=(現在の為替レート×取引数量)÷有効保証金

米ドル/円※5のレバレッジイメージ

保証金 取引数量 レバレッジ 損益
(±1円動いた場合)
10万円 5,000通貨 5倍 0.5万円
10,000通貨 10倍 1万円
20,000通貨 20倍 2万円
20万円 5,000通貨 2.5倍 0.5万円
10,000通貨 5倍 1万円
20,000通貨 10倍 2万円

※5 1米ドル=100円、1Lot(1,000通貨)の必要保証金額=4000円

例えば、保証金10万円で米ドル(1ドル=100円換算)を1万通貨買う場合、100万円分の取引を10万円で行うことになるので、レバレッジは10倍になります(100円×10,000通貨÷10万円=10倍)。
このとき米ドル円のレートが1円上がると1万円の利益(1円×1万通貨=+1万円)になりますが、1円下がると1万円の損失(―1円×1万通貨=―1万円)になってしまいます。

レバレッジを低く抑えるには、取引数量を減らす、または保証金を増やす必要があります。

先ほどのシミュレーションから取引数量を減らしてみます。
保証金10万円で米ドル(1ドル=100円換算)を5,000通貨買う場合、レバレッジは5倍になります(100円×5,000通貨÷10万円=5倍)。
今度は、保証金を増やしてみましょう。保証金20万円で米ドル(1ドル=100円換算)を10,000通貨買う場合も、レバレッジは5倍になります(100円×10,000通貨÷20万円=5倍)。

レバレッジが低いため大きな利益は狙いにくいですが、その分損失を小さく抑えることができます。また、レバレッジは専用の設定項目があるわけではなく、預け入れる保証金や取引数量で調整するものだと覚えておいてください

FXの注意点 ロスカット(自動決済)

ロスカットとは、一定水準以上の損失が発生した場合にさらなる損失の拡大を防ぐ、投資家の保護を目的としたFXの制度のひとつです。ロスカットが設けられていないと、預けた保証金を全額失うばかりか、追加で資金を払わなければならないこともあります。

ロスカットによる決済で損失は確定するものの、原則として最低限の資金は温存されます。ただし、相場があまりにも急激な変動をした場合は、預けた保証金以上の損失が発生する可能性もあります。

ロスカットは、有効比率が100%を下回ると発生します。
有効比率とは、ポジション全体の必要保証金に対する自身の保証金の割合を指します。

取引数量ごとの有効比率イメージ

取引通貨 取引数量 必要保証金額 保証金10万円の
有効比率
米ドル円のみ※5 5,000通貨 2万円 500%
10,000通貨 4万円 250%
20,000通貨 8万円 125%
米ドル円+ユーロ円※6 5,000通貨+5,000通貨 4.6万円 217%
10,000通貨+10,000通貨 9.2万円 109%
  • ※5 1米ドル=100円、1Lot(1,000通貨)の必要保証金額=4000円
  • ※6 1ユーロ=130円、1Lot(1,000通貨)の必要保証金額5,200円

例えば、米ドル(1ドル=100円換算)を10,000通貨買うとします。このとき、必要保証金は4万円になります(4,000円×10Lot)。つまりポジションの損失が膨らみ、有効評価額が4万円を下回ると、持っているポジション(この場合だと米ドル10,000通貨)が強制的に決済され損失確定となります。

また米ドル10,000通貨に加えて、ユーロ(1ユーロ=130円換算)も10,000通貨買うことにしました。必要保証金は米ドルの4万円にユーロの5.2万円(5,200円×10Lot)を加えて、9.2万円になります。有効評価額が9.2万円を下回ると、ロスカットとなります。

このような意図しない決済を避けたい場合は、保証金を増やす、または取引数量を減らして高くてもレバレッジ5〜10倍での取引を心がけるとロスカットの可能性が低くなります。また初心者の方に限らず、投資は余剰資金で行うことを推奨します。

FXはメリットいろいろ

国際決済銀行(BIS)によると世界のFXの取引量は年々増大しており(※7)、日本でもたとえば外為どっとコムでは取引口座が53万口座以上(2021年7月現在)まで達しています。
いつでも少額で取引できるFXですが、ほかにも通貨の価値が下がっても為替差益によって利益を出すことができる、ほかの金融商品に比べて手数料が安いなどの特徴もあります。こうした数々の特性がライフスタイルの多様化が進む現代にマッチしているのかもしれません。
よく言われるように自分に合った投資を見つけることは重要ですが、独自のメリットが多く、手軽でフレキシブルな金融商品であるFXはひとつの有力な選択肢といえるでしょう。

  • ※7 出所:BIS Quarterly Review December 2019

まとめ:少額でいつでも取引できるなど、FXには多くのメリットがある!

動画で見たい方へ!3分でFXを解説!

超ベテランディーラーが解説!はじめてのFXはこちら!

最短当日取引可能!

お申込みの際は「本人確認書類・マイナンバー確認書類」をご用意ください。

新規口座開設で
最大105,000  キャッシュバック