オセアニア通貨

ドル/円、海外勢を中心に注目が集まる 今日から日銀金融政策決定会合がスタート【FX・為替市場の振り返り、今日の見通しをライブ解説】2023/1/17

外為どっとコム総合研究所の調査部に所属する研究員が、FX初心者向けに平日毎日12時00分ごろからライブ配信しています。外為どっとコムが運営するFX情報サイト「マネ育チャンネル」に掲載されているレポートを元に、ドル/円や豪ドル/円、英ポンド円などの人…

ドル・円は主に128円台で推移か、リスク回避の円買いがただちに拡大する可能性低い

東京市場オープニングコメント 「ドル・円は主に128円台で推移か、リスク回避の円買いがただちに拡大する可能性低い」 16日のドル・円は、東京市場では128円20銭から127円23銭まで下落。欧米市場では127円91銭から128円87銭まで反発し、128円56銭で取引終了…

前日の海外市況ほか|ドル・円:リスク回避的な円買いは縮小し、127円91銭から128円87銭まで円安・ドル高で推移。

前日の海外市況 海外市場概況 ドル・円:リスク回避的な円買いは縮小し、127円91銭から128円87銭まで円安・ドル高で推移。 ユーロ・ドル:1.0802ドルから1.0837ドルまでユーロ高・ドル安で推移後、一時1.0806ドルまで値下がり。 ユーロ・円:日欧金利差縮小…

※追加【豪ドル/円】下値リスクがより高い状態。戻り売り方針で。

【豪ドル/円】下値リスクがより高い状態。戻り売り方針で。 豪ドル/円は小陽線で切り返しましたが、トレンドが弱いので買いは様子見です。売りは89.50-60で戻り売り。損切りは90.10で一旦撤退です。上値抵抗は89.50-60,89.80-90,90.10-20に、下値抵抗は88.…

FX/為替「ドル/円、ひとまず下値確認も日銀待ちで上値限定」 外為どっとコム トゥデイ 2023年1月17日号

昨日のドル/円は7カ月半ぶり安値の更新後に持ち直した。日銀の緩和修正を巡る思惑から127.23円前後まで下落して昨年5月以来の安値を付けた。しかしその後は米国勢不在の薄商いの中で買戻しが入り128.86円前後まで反発した。日銀の金融政策発表を明日に控えて…

FX ライブ配信、黒田総裁「逃げ切り」or「敗北宣言」ドル円反発あるか (2023年1月16日)

外為どっとコム総合研究所のTEAMハロンズ(https://twitter.com/TeamHallons)が平日毎日21時よりライブ配信しています。番組では、注目材料の紹介、テクニカル分析でエントリーポイントや利食い・損切りポイントを解説し、実際にリアルトレードも行っていま…

ドル・円は動意薄か、米国休場でポジション調整的な売買が主体に

欧米市場オープニングコメント 「ドル・円は動意薄か、米国休場でポジション調整的な売買が主体に」 16日の欧米外為市場では、米国市場が休場となるため、ドル・円など主要通貨の為替取引はポジション調整的な売買が主体となり、動意薄となる見通し。日本銀…

東京市況ほか|ドル・円は下げ渋り。

東京市況 東京市場概況 ドル・円は下げ渋り。朝方に128円20銭をつけた後、一時127円23銭まで値を下げたが、夕方にかけて128円台を回復。 ユーロ・円は138円93銭から138円23銭まで値を下げた。 ユーロ・ドルは1.0820ドルから1.0874ドルまで値を上げた。 本日…

ドル/円、米国市場休場で流動性の低下に注意【FX・為替市場の振り返り、今日の見通しをライブ解説】2023/1/16

外為どっとコム総合研究所の調査部に所属する研究員が、FX初心者向けに平日毎日12時00分ごろからライブ配信しています。外為どっとコムが運営するFX情報サイト「マネ育チャンネル」に掲載されているレポートを元に、ドル/円や豪ドル/円、英ポンド円などの人…

ドル・円は主に127円台で推移か、日銀金融緩和策の早期修正を警戒して円売り拡大の可能性低い

東京市場オープニングコメント 「ドル・円は主に127円台で推移か、日銀金融緩和策の早期修正を警戒して円売り拡大の可能性低い」 13日のドル・円は、東京市場では129円43銭から128円5銭まで下落。欧米市場では128円83銭まで買われた後、127円46銭まで反落し…

前日の海外市況ほか|ドル・円:日本銀行の金融政策修正の思惑で円買いが強まり、128円83銭から127円46銭まで円高・ドル安で推移。

前日の海外市況 海外市場概況 ドル・円:日本銀行の金融政策修正の思惑で円買いが強まり、128円83銭から127円46銭まで円高・ドル安で推移。 ユーロ・ドル:1.0864ドルから1.0781ドルまでユーロ安ドル高で推移後、1.0836ドルまで戻す。 ユーロ・円:日欧金利…

FX「昨年11月からの円高への流れは変わっていない」

総括 FX「昨年11月からの円高への流れは変わっていない」 ドル円=125-130、ユーロ円=136-141、ユーロドル=1.06-1.11 通貨ごとの注目ポイント *円「通貨3位(12位)、株価18位(16位)、インフレ4%で更なる円高余地あり、日銀は緩和継続か。対処が遅れれ…

※追加【豪ドル/円】下値リスクが高い状態続く。

2023年1月16日 【豪ドル/円】下値リスクが高い状態続く。 豪ドル/円は続落。5手前の1/9の小陽線が昨年9月に付けた98.60を基点として上値を切り下げて来たレジスタンスラインにぶつかっており、戻り天井を確認した可能性が生じています。88.00-10に強い下値抵…

FX/為替「ドル/円は日銀の対応がカギに ひとまず買戻しも」 外為どっとコム トゥデイ 2023年1月16日号

13日のドル/円は終値ベースで約1.1%下落。日銀の緩和修正期待で円買いが強まる中、127.44円前後まで続落して昨年5月30日以来の安値を付けた。本日は米国が休みとあって、投機的な円買いは勢いが鈍りそうだ。そうした中で、長期金利上昇に対する日銀の対応が…

ユーロ/ドル 緩やかな上昇トレンド継続・・・

今週の注目通貨ペアはこれだ! ■ ユーロ/ドル 緩やかな上昇トレンド継続・・・ 先週は、月曜日に安値を付け、金曜日に高値を付ける展開でした。先々週の金曜日に陽線が出現して比較的高めに引けたことで堅調な推移が予想された一週間でしたが、週初から陽線…

ドル/円、続落で下値余地拡大。125円も視野に【FX 変動率・スワップポイント累計・取引高ランキング】2022年12月版

計測期間である12月中で最も変動率が高かったのは、メキシコペソ/円(前回:12位)だった。 為替レートで見ると月初めの高値7.165円から12月20日には同月安値6.586円まで下落した。 世界的な金融引き締めによる景気後退(リセッション)への懸念が新興国通貨へ…

来週の為替予想(豪ドル/円 NZドル/円 )「堅調さを維持する豪雇用市場。あまり強すぎると…?」ハロンズ FX 2023/1/14

来週は19日には豪12月雇用統計の発表があります。11月の結果は表1の通りです。 労働参加率は月次統計開始以来の最高を記録しましたが、雇用者数が大幅に増加したこともあり、失業率は過去最低水準をキープすることとなりました。豪州の労働市場が引き続きひ…

FX ライブ配信、ドル円 恐怖と欲望 (2023年1月13日)

外為どっとコム総合研究所のTEAMハロンズ(https://twitter.com/TeamHallons)が平日毎日21時よりライブ配信しています。番組では、注目材料の紹介、テクニカル分析でエントリーポイントや利食い・損切りポイントを解説し、実際にリアルトレードも行っていま…

ドル・円は弱含みか、米インフレ鈍化とFRB当局者のハト派姿勢で

欧米市場オープニングコメント 「ドル・円は弱含みか、米インフレ鈍化とFRB当局者のハト派姿勢で」 13日の欧米外為市場では、ドル・円は弱含む展開を予想する。米国のインフレ鈍化が鮮明になるなか、連邦準備制度理事会(FRB)当局者のハト派姿勢で金利安・ド…

東京市況ほか|ドル・円は軟調。

東京市況 東京市場概況 ドル・円は軟調。米10年債利回りの持ち直しでドル買いが先行し、早朝に129円43銭まで上昇。しかし、米金利はその後失速し、ドルは下げに転じた。また、夕方にかけて日米金利差縮小でドル売り・円買いが再開し、128円41銭まで弱含んだ…

FX/為替「注目のFX週間イベント 来週の為替はどう動く?」 FX週間イベント 1/16~1/22

【週間イベント】4地域の今後1週間のスケジュールをお届けします。

ドル/円どうなる、米CPIを振り返る【FX・為替市場の振り返り、今日の見通しをライブ解説】2023/1/13

外為どっとコム総合研究所の調査部に所属する研究員が、FX初心者向けに平日毎日12時00分ごろからライブ配信しています。外為どっとコムが運営するFX情報サイト「マネ育チャンネル」に掲載されているレポートを元に、ドル/円や豪ドル/円、英ポンド円などの人…

ドル・円は主に129円台で推移か、米国金利の先高観後退でドル買い拡大の可能性低い

東京市場オープニングコメント 「ドル・円は主に129円台で推移か、米国金利の先高観後退でドル買い拡大の可能性低い」 12日のドル・円は、東京市場では132円52銭から131円37銭まで下落。欧米市場では131円77銭まで買われた後、128円87銭まで下げており、129…

前日の海外市況ほか|ドル・円:米利上げぺースのさらなる減速の思惑で、131円77銭から128円87銭まで円高・ドル安で推移。

前日の海外市況 海外市場概況 ドル・円:米利上げぺースのさらなる減速の思惑で、131円77銭から128円87銭まで円高・ドル安で推移。 ユーロ・ドル:1.0731ドルへ下落後、1.0867ドルまでドル安・ユーロ高推移。 ユーロ・円:日欧金利差縮小観測で141円73銭から…

※追加【豪ドル/円】上値余地が限られる展開。

【豪ドル/円】上値余地が限られる展開。 豪ドル/円は安値圏で引ける陰線引けとなり、単体では下値リスクの高いものです。90.00の日足の抵抗を終値でかろうじて守っていますが、上値を切り下げる流れにあるので下値リスクがより高い状態です。買いは様子見か8…

FX/為替「ドル/円、日銀観測報道と米CPIを受けて上値が重い」 外為どっとコム トゥデイ 2023年1月13日号

昨日のドル/円は、「日銀が大規模な金融緩和策に伴う副作用を点検する」との観測報道を受けた円買いと、米12月消費者物価指数(CPI)で米国のインフレが大幅に鈍化していたことを受けたドル売りを受けて大幅下落。昨年6月以来、約7カ月ぶりとなる128円台まで…

FX ライブ配信、日銀は市場機能回復を放棄?YCC撤廃ならドル円下落幅は、米CPI Live インフレ指標の攻略なるか (2023年1月12日)

外為どっとコム総合研究所のTEAMハロンズ(https://twitter.com/TeamHallons)が平日毎日21時よりライブ配信しています。番組では、注目材料の紹介、テクニカル分析でエントリーポイントや利食い・損切りポイントを解説し、実際にリアルトレードも行っていま…

ドル・円は弱含みか、日銀の緩和政策点検と米インフレ鈍化で

欧米市場オープニングコメント 「ドル・円は弱含みか、日銀の緩和政策点検と米インフレ鈍化で」 12日の欧米外為市場では、ドル・円は弱含む展開を予想したい。日本銀行による緩和政策の副作用の点検が見込まれ、円買い圧力がかかりやすい。また、今晩発表の…

東京市況ほか|ドル・円は弱含み。

東京市況 東京市場概況 ドル・円は弱含み。朝方に132円52銭まで買われたが、日本銀行による大規模金融緩和の修正観測が浮上し、一時131円37銭まで値を下げた。 ユーロ・円は142円55銭から141円54銭まで値を下げた。 ユーロ・ドルは1.0753ドルから1.0775ドル…

ドル/円133円台への上昇あるか、今夜は米CPI発表!【FX・為替市場の振り返り、今日の見通しをライブ解説】2023/1/12

外為どっとコム総合研究所の調査部に所属する研究員が、FX初心者向けに平日毎日12時00分ごろからライブ配信しています。外為どっとコムが運営するFX情報サイト「マネ育チャンネル」に掲載されているレポートを元に、ドル/円や豪ドル/円、英ポンド円などの人…

【米CPI×ドル円】前のめりで利下げを織り込む市場、弱い結果だったら…注目点とドル円の下値メドを直前解説 1月12日(木)YEN蔵

目次 0:00 昨日(1/11)の相場振り返り 豪11月のCPIと小売 2:46 豪ドル/円日足 87円台でWボトム後に始点まで戻す、超えると93円台まで上伸余地 3:30 本日(1/12)の米CPIの注目点 4:17 FedWatchでは今年2回の利下げが織り込まれている 5:05 昨日の米長期金利、…

ドル・円は主に132円台で推移か、米長期金利低下でドル買い拡大の可能性低い

東京市場オープニングコメント 「ドル・円は主に132円台で推移か、米長期金利低下でドル買い拡大の可能性低い」 11日のドル・円は、東京市場では132円07銭まで下げた後、132円58銭まで反発。欧米市場では132円87銭まで買われた後、132円29銭まで下げており、…

前日の海外市況ほか|ドル・円:132円87銭まで円安・ドル高で推移。

前日の海外市況 海外市場概況 ドル・円:132円87銭まで円安・ドル高で推移。ボストン連銀総裁が一段の利上げ減速を支持したことで132円29銭まで反落。 ユーロ・ドル:ECBエコノミストのレーン氏の発言を受けて1.0726ドルから1.0776ドルまでドル安・ユーロ高…

※追加【豪ドル/円】上値余地が限られる展開続く。

【豪ドル/円】上値余地が限られる展開続く。 豪ドル/円は小陽線で終えています。上値トライの動きが進行中ですが、日足の上値抵抗を上抜けきれていないので、買いは1日様子見です。売りも様子見か91.80-90まで引きつけて。損切りは92.20で浅めに撤退です。上…

FX/為替「ドル/円、CPIによる急変動を警戒 前回は2.5円の急落」 外為どっとコム トゥデイ 2023年1月12日号

昨日のドル/円は終値ベースで約1.1%下落。市場参加者が少なく薄商いの中で値動きが増幅された面もあるが、NY市場で下げ足を速めた。米失業保険継続受給者数が2月以来の高水準となったことで米長期金利が低下すると132.88円前後まで下値を拡大した。本日は20…

FX ライブ配信、2023年為替市場 異なる様相、メキシコペソ ブレイク寸前? (2023年1月11日)

外為どっとコム総合研究所のTEAMハロンズ(https://twitter.com/TeamHallons)が平日毎日21時よりライブ配信しています。番組では、注目材料の紹介、テクニカル分析でエントリーポイントや利食い・損切りポイントを解説し、実際にリアルトレードも行っていま…

ドル・円は上げ渋りか、米引き締め継続期待も明日のCPIを見極め

欧米市場オープニングコメント 「ドル・円は上げ渋りか、米引き締め継続期待も明日のCPIを見極め」 11日の欧米外為市場では、ドル・円は上げ渋る展開を予想する。米金融引き締め方針の継続を背景に、ドル買い基調に振れやすい。ただ、明日発表の米消費者物価…

東京市況ほか|ドル・円は上げ渋り。

東京市況 東京市場概況 ドル・円は上げ渋り。日経平均株価の強含みを好感した円売りが先行し、132円07銭から132円58銭まで値を上げた。ただ、米10年債利回りの低下でドル売りに振れ、その後はやや失速。 ユーロ・円は141円83銭から142円33銭まで上昇。 ユー…

ドル円 買いから入れない…!もっと円高になってよい状況だが CPI待ち 1月11日(水)井上義教

目次 0:00 ドル/円日足 他のクロス円と比較すると不安定感が漂う 0:56 不安定な理由は日米金利差縮小観測だが、もっと下げても良いはず 2:03 ユーロ/ドル・ポンド/ドル・豪ドル/米ドル日足 ドル安背景に高止まり 3:21 ユーロ/ドル日足 デッドクロスをゴール…

ドル/円、明日の米CPIを前に神経質な動き【FX相場解説・昼ライブ】2023/1/11

外為どっとコム総合研究所の調査部に所属する研究員が、FX初心者向けに平日毎日12時00分ごろからライブ配信しています。外為どっとコムが運営するFX情報サイト「マネ育チャンネル」に掲載されているレポートを元に、ドル/円や豪ドル/円、英ポンド円などの人…

ドル・円は主に132円台で推移か、米インフレ見通しは引き続き不透明でドル買い拡大の可能性低い

東京市場オープニングコメント 「ドル・円は主に132円台で推移か、米インフレ見通しは引き続き不透明でドル買い拡大の可能性低い」 10日のドル・円は、東京市場では131円39銭まで下げた後、132円29銭まで反発。欧米市場では131円70銭から132円48銭まで買われ…

前日の海外市況ほか|ドル・円:長期金利上昇に伴うドル買いが強まり、131円70銭から132円48銭まで円安・ドル高で推移。

前日の海外市況 海外市場概況 ドル・円:長期金利上昇に伴うドル買いが強まり、131円70銭から132円48銭まで円安・ドル高で推移。 ユーロ・ドル:1.0712ドルまでドル高・ユーロ安推移後、一時1.0759ドルまで反発。 ユーロ・円:日欧金利差拡大観測を受けて141…

※追加【豪ドル/円】上値余地が限られる展開。

【豪ドル/円】上値余地が限られる展開。 豪ドル/円は十文字の寄せ線で終え、寄り付き水準に戻しています。前日の陽線が上値トライに失敗しているので、買いは1日様子見です。売りも様子見か91.80-90まで引きつけて軽く売り向かい。損切りは92.20で浅めに撤退…

FX/為替「ドル/円、133円に上値抵抗 米CPI控え上値の重い展開に」 外為どっとコム トゥデイ 2023年1月11日号

昨日のドル/円は前日比0.3%高の132.24円前後で取引を終えた。米連邦準備制度理事会(FRB)のパウエル議長によるタカ派発言を見込んで132.48円前後まで上昇したが、議長が金融政策に関する踏み込んだ発言を避けたことから伸び悩んだ。市場の関心は明日12日に…

FX ライブ配信、ドル円130円割れ定着なるか、トルコリラ 乱高下リスクに警戒 (2023年1月10日)

外為どっとコム総合研究所のTEAMハロンズ(https://twitter.com/TeamHallons)が平日毎日21時よりライブ配信しています。番組では、注目材料の紹介、テクニカル分析でエントリーポイントや利食い・損切りポイントを解説し、実際にリアルトレードも行っていま…

ドル・円は下げ渋りか、今週の米CPI見極めドル売り収束

欧米市場オープニングコメント 「ドル・円は下げ渋りか、今週の米CPI見極めドル売り収束」 10日の欧米外為市場では、ドル・円は下げ渋る展開を予想する。パウエル米連邦準備制度理事会(FRB)議長の見解が材料視され、タカ派継続ならドル買い基調に。一方、…

東京市況ほか|ドル・円は下げ渋り。

東京市況 東京市場概況 ドル・円は下げ渋り。132円22銭から131円39銭まで売られたが、午後の取引で132円台を回復。 ユーロ・円は141円10銭まで売られた後、141円84銭まで値を上げた。 ユーロ・ドルはもみ合い。1.0721ドルから1.0744ドルの範囲内で推移した。…

豪ドル見通し【豪ドルは年初のリスクオン地合いを考慮し強気目線】

こんにちは、戸田です。本シリーズでは、オーストラリアのマクロ経済政策などをもとに、豪ドルの現状や相場見通しについてお伝えしていきます。通貨売買の参考にして頂ければ幸いです。第33回は「豪ドルは年初のリスクオン地合いを考慮し強気目線」です。 目…

ドル/円どうなる、米雇用統計消化で次の手は【FX相場解説・昼ライブ】2023/1/10

※ライブ配信後は、録画動画に切り替わります。 番組紹介:外為どっとコム総合研究所のFXアナリストが平日12時からライブ配信を行います 外為どっとコム総合研究所の調査部に所属する外国為替市場の研究員が、FX初心者向けに平日毎日12時ごろからライブ配信を…

ドル・円は主に131円台で推移か、米国金利の先高観後退でドル買い拡大の可能性低い

東京市場オープニングコメント 「ドル・円は主に131円台で推移か、米国金利の先高観後退でドル買い拡大の可能性低い」 9日のドル・円は、東京市場では131円31銭まで下げた後、132円36銭まで反発。欧米市場では132円66銭まで買われた後、131円54銭まで反落し…

top