豪ドル円

豪ドル/円 NZドル/円 今週の為替予想「RBAは利上げ幅の変更なし?据え置きの可能性も??」ハロンズ 2022/12/3

豪州では12月6日(火)に豪準備銀行(RBA)理事会が開催されます。RBAが現在金融政策を決定する際に特に重視しているものは2つ。①労働市場の状況と②インフレの状況です。 ①豪州の労働市場状況:11月16日発表の豪7-9月期賃金指数は前年比+3.1%と市場予想(+3.…

FX/為替「ドル/円大幅続落 135円の攻防が米雇用統計の焦点に」 外為どっとコム トゥデイ 2022年12月2日号

昨日のドル/円は前日終値から3円近く下落。前日のパウエル米連邦準備制度理事会(FRB)議長の発言を受けて米国の利上げペース減速が意識される中、137.00円、136.00円の節目を相次いで下抜けた。米10月個人消費支出物価指数(PCEデフレーター)の鈍化と米11…

豪ドル/円 今日の見通し「豪ドル/円は米ドル/円に追随する?米雇用統計後の動きに注意!」2022/12/2

中国の孫副首相がゼロコロナ政策に関して「新局面を迎えた」との見解を示し、北京や広州などで、従来の行き過ぎた対応が緩和されつつある。中国の経済が行き過ぎたゼロコロナ政策により混乱するといった従来からの懸念が緩和されたことが、中国と交易関係の…

FX/為替「ドル/円、137円台半ばの攻防が目先の焦点」 外為どっとコム トゥデイ 2022年12月1日号

昨日のドル/円は米連邦準備制度理事会(FRB)議長の発言を受けて下落。月末絡みのドル需要などを背景に139.89円前後まで上昇していたドル/円は、パウエルFRB議長が「早ければ12月に利上げペースを落とす可能性がある」と発言すると137.65円前後まで2円以上急…

FX/為替「FRB議長の発言でドル安の流れが変わるか注目」 外為どっとコム トゥデイ 2022年11月30日号

昨日のドル/円は終値ベースで約0.2%下落した。中国のコロナ規制緩和への期待から人民元や豪ドルが反発する中、相対的にドルが売られると一時137.87円前後まで下落。ただ、NY市場では米長期金利の持ち直しにつれて138円台後半へと下げ幅を縮小した。本日は米…

豪ドル/円 今日の見通し「RBAが利上げ幅を拡大する!?すべては豪月次CPIの結果次第」2022/11/30

中国当局は、高齢者のワクチン接種を迅速化することや、行き過ぎたゼロコロナ政策の回避を表明したことにより、市場のリスク警戒感を和らいでいる。これに続き、中国河南省・鄭州市では本日30日から「厳格な」行動規制が「通常の」行動規制へと移行されるこ…

FX/為替「FRBのタカ派スタンスをあらためて意識 明日の議長講演に注目」 外為どっとコム トゥデイ 2022年11月29日号

昨日のドル/円は3カ月ぶり安値から持ち直した。中国でゼロコロナ政策への抗議活動が拡大する中、同国の経済低迷を巡る不透明感からリスク回避の動きが強まると8月26日以来の安値となる137.50円前後まで円買いが進んだ。ただ、セントルイス連銀のブラード総裁…

今日の豪ドル/円見通し「中国で『ゼロコロナ』へ抗議拡大…中国政府の反応次第で豪ドルは売り継続?」2022/11/29

中国ではゼロコロナ政策への抗議活動が各地で活発化しており、同国経済の混乱が、中国と交易関係の強い豪ドルの上値を抑える要因となっている。 本日は豪州の主要な経済指標や要人発言は予定されていない。そのため、中国の抗議活動と、それに対する中国当局…

FX/為替「ドル/円、米利上げペースダウン観測でドルの上値重い」 外為どっとコム トゥデイ 2022年11月28日号

25日のドル/円は約0.4%上昇して139円台前半で取引を終えた。東京市場で138.38円前後へと弱含んだ後、欧州市場では139.59円前後まで切り返したが、株式・債券市場が短縮取引となったNY市場では動意を欠き伸び悩んだ。米国の利上げペース減速が意識される中、…

今日の豪ドル/円見通し「堅調な小売りが豪ドルを支える?中国の抗議運動に要警戒」2022/11/28

本日の注目は豪10月小売売上高となる。豪小売りはインフレの上伸にもかかわらず、2022年1月から9カ月連続で前月比プラスとなっている。インフレによる価格上昇が小売売上高が伸びる一因ではあるが、それでも旺盛な消費意欲が豪経済を支えていることは間違い…

豪ドル/円 NZドル/円 週間為替見通し「豪経済指標の結果がRBAの利上げペースの再加速を即す?」ハロンズ 2022/11/26

豪州では28日(月)に発表される豪10月小売売上高に注目です。豪州の小売売上高は高インフレ下にも関わらず、2022年1月から9カ月連続で前月比プラスを記録しています。10月分について、市場は前月比+0.5%と豪州の消費意欲は引き続き堅調であることを予想して…

FX/為替「ドル/円、上値重い 5・10日需要でも反発余地限定」 外為どっとコム トゥデイ 2022年11月25日号

昨日のドル/円は終値ベースで約0.7%下落。米国の利上げペースが減速するとの見方から139円台を割り込んでドルが続落すると138.05円前後まで下値を広げた。その後はやや持ち直したが、米国が感謝祭の祝日のため動意を欠く中で戻りは138.60円台までにとどまっ…

今日の豪ドル/円見通し「ブラックフライデーで市場は閑散。米ドル/円の仕掛け的な動きに豪ドル/円が連れる可能性あり」2022/11/25

本日は米国が感謝祭翌日(ブラックフライデー)で米国の株、債券市場は短縮取引となる。米国時間には外国為替市場も参加者が減少し、動意が出にくいことが予想されている。 現在、市場の注目は「12月の米連邦公開市場委員会(FOMC)での利上げ幅」である。元…

FX/為替「ドル/円、チャートの悪化で続落警戒も米祝日で動意限定」 外為どっとコム トゥデイ 2022年11月24日号

昨日のドル/円は終値ベースで約1.1%下落。感謝祭休暇を控えたNY市場でドル売りが強まった。米11月総合PMIの低下を受けて140円台を割り込むと、米連邦公開市場委員会(FOMC)議事録の発表後には139.16円前後まで下値を拡大。FOMC議事録では、大多数が「近く…

今日の豪ドル/円見通し「米国が祝日休場のため、豪ドル/円も動意を見出しにくい」2022/11/24

本日は米国が感謝祭で米国の株、債券市場は休場となる。米国時間には外国為替市場も参加者が減少し、動意が出にくいことが予想されている。そのため、東京、欧州時間もNY時間を見越して動意が出にくいと予想している。豪州は高インフレ、高金利に関わらず、…

今日の豪ドル/円見通し「RBA総裁のタカ派発言は期待薄 コロナ巡る中国リスクにも要警戒」2022/11/22

本日はロウRBA総裁がメルボルンで講演する(日本時間17時30分)。7-9月賃金指数や10月雇用統計などから窺える豪州の雇用情勢は堅調だ。ロウ総裁が強い雇用市場に言及すれば、追加利上げへの期待が高まろう。ただ、RBAは10月の議事録で住宅価格の下落に懸念を…

FX/為替「ドル/円、テクニカル要因主導の動きへ 142.48円の攻防に注目」 外為どっとコム トゥデイ 2022年11月22日号

昨日のドル/円は終値ベースで約1.2%上昇。中国のコロナ規制再強化の動きを警戒してドル買いが優勢となった。日米の祝日を控えたドル売りポジション解消の観測も相まって142.25円前後まで上伸した。日足一目均衡表の雲下限が強いサポートとして意識されたこ…

FX/為替「ドル/円、140円挟んで方向感欠く展開」 外為どっとコム トゥデイ 2022年11月21日号

18日のドル/円は終値ベースで約0.1%の小幅高。週末を控えた持ち高調整と見られるドル売りに押されて139.60円台へと弱含む場面もあったが、一巡後は米長期金利の上昇を背景に140.42円前後まで持ち直した。ボストン連銀のコリンズ総裁が、インフレ抑制に向け…

豪ドル/円 NZドル/円 週間為替見通し「豪雇用統計は好結果!RBA総裁に利上げペースを再び加速させる考えはあるか」ハロンズ 2022/11/19

来週23日は日本が勤労感謝の日で祝日。翌24日はサンクスギビング(感謝祭)で米国が祝日です。米国ではクリスマス商戦が始まる25日のブラックフライデーも「ほぼ」祝日なので、週後半は市場参加者が激減しそうです。何事もなければ、ホリデームードに包まれ…

FX/為替「ドル/円、堅調地合いを維持」 外為どっとコム トゥデイ 2022年11月18日号

昨日のドル/円は終値ベースで約0.4%上昇。前日に続き138円台後半で下げ渋ると、140円台へと切り返した。米連邦準備制度理事会(FRB)当局者のタカ派発言を受けて米長期金利が上昇する中、140.73円前後まで上値を伸ばす場面もあった。セントルイス連銀のブラ…

FX/為替「ドル/円、徐々にレンジへ移行」 外為どっとコム トゥデイ 2022年11月17日号

昨日のドル/円は終値ベースで約0.2%上昇。138.70円台まで下落する場面もあったが、140.20円台へと切り返すなど底堅く推移した。一方で、米10月小売売上高が予想を上回る伸びとなったにもかかわらず140円台に定着できず139円台へ押し戻されるなど上値は重か…

FX/為替「ドル/円、今年の上げ幅の38.2%押しに接近」 外為どっとコム トゥデイ 2022年11月16日号

昨日のドル/円は値動きの荒い展開。東京市場では140.62円前後まで上昇したが、欧州市場に入ると一転してドル売りに傾き140円台を割り込んだ。NY市場では米10月生産者物価指数(PPI)の鈍化を受けて137.67円前後まで急落したが、すぐに139円台へ切り返すなど…

今日の豪ドル/円見通し「要警戒はNATOによるロシアへの報復…。豪賃金指数が上振れればRBAの後押し材料になる」2022/11/16

本日は豪7‐9月賃金指数に注目したい。RBAが豪CPIや豪雇用統計と同じく注目している指標で、前年比で高い数字が出れば「賃金の伸びが豪経済を支えられる」との思惑が高まるからだ。予想では前年比+3.0%となっている。 期待を高める材料としては ① 豪州の労使…

FX/為替「ドル/円、米金融政策巡り荒い動きが続く公算」 外為どっとコム トゥデイ 2022年11月15日号

昨日のドル/円は終値ベースで約0.8%上昇。米連邦準備制度理事会(FRB)のウォラー理事が「利上げ停止までの道のりはまだ長い」と発言したことで、米10月消費者物価指数(CPI)の伸び鈍化をきっかけとした米長期金利の低下とドル安が一服した。ドル/円は、13…

今日の豪ドル/円見通し「中国景気浮上策が豪ドル/円を下支えする?」2022/11/15

本日は11月1日に開催されたRBA理事会の議事要旨が公表される。RBAが2会合連続の0.25%利上げを実施した背景、そして今後の利上げ幅再拡大に対するヒントを探すこととなる。利上げ幅拡大の可能性を高める内容があれば、豪ドルは買われることになるだろう。 そ…

FX/為替「ドル/円、休場明けの米債動向がカギに」 外為どっとコム トゥデイ 2022年11月14日号

11日のドル/円は2カ月半ぶりに138円台半ばへと続落。東京市場では142円台へと持ち直す場面もあったが、海外市場では8月31日以来の138.46円前後まで反落した。10日に発表された米10月消費者物価指数(CPI)が予想を下回る伸びとなったことで米連邦準備制度理…

今日の豪ドル/円見通し「中国の景気低迷懸念が和らいだことが豪ドル/円を下支えする?」2022/11/14

本日は豪ドル相場に影響を与えそうな経済指標の発表は予定されていない。11月10日に発表された米10月CPIの結果を受けた、米連邦準備制度理事会(FRB)の利上げ幅縮小への思惑から米ドル売りが強まった。この影響から過去2日間で米ドル/円は8円近く下落してい…

豪ドル/円 NZドル/円 週間為替見通し「豪雇用は堅調さをアピールできるか?豪ドル/円は引き続き米国注視!?」ハロンズ 2022/11/12

来週は2つ豪州の労働市場の経済指標が発表されます。16日の豪7-9月期四半期賃金指数(WPI)と17日の豪10月雇用統計です。4-6月期のWPIは前年比+2.6%と前期(+2.4%)を上回る伸びを見せましたが、予想(+2.8%)には届きませんでした。他方で、5月に政権交代を…

FX/為替「ドル/円、売られ過ぎの領域からどこまで戻せるかが焦点」 外為どっとコムトゥデイ 2022年11月11日号

昨日のドル/円は終値ベースで約3.7%の大幅下落。一時は9月5日以来の安値となる140.19円前後まで下値を広げた。米10月消費者物価指数(CPI)の伸びが予想以上に鈍化したことで米連邦準備制度理事会(FRB)が利上げペースを緩めるとの観測が高まった。もっと…

今日の豪ドル/円見通し「米CPIで米ドル円急落!インフレ鈍化観測は豪ドルにとってポジティブ要因」2022/11/11

昨日、市場の注目を集めていた米10月CPIは市場予想(前年比+7.9%)を下回る+7.7%となった。この結果を受けて、市場は12月の米連邦公開市場委員会(FOMC)では利上げ幅が0.50%に縮小されるとの思惑が高まり、全面的な米ドル売りとなった。豪ドルは対米ドルで…

FX/為替「ドル/円は147円台回復か再び145円台か 米10月CPIがカギに」 外為トゥデイ 2022年11月10日号

昨日のドル/円は終値ベースで約0.5%上昇。東京市場で145.10円台へと弱含む場面もあったが、NY市場では146.79円前後まで反発した。米中間選挙が予想外の接戦となったことで、野党・共和党の議会支配によってドルが下落するとの見方に修正が入った。ジョージ…

今日の豪ドル/円見通し「市場の注目は米CPIに移る。米インフレ加速で豪ドル/円は売られる?」2022/11/10

本日は米10月CPIが発表される。市場は米国のインフレが前月よりも小幅に鈍化していることを予想している。市場が予想しているほどインフレが鈍化していなかった場合や、インフレが加速していた場合には、米連邦準備制度理事会(FRB)が12月も0.75%利上げを継…

FX/為替「ドル/円、145円台前半のサポート巡る攻防」 外為トゥデイ 2022年11月9日号

昨日のドル/円は終値ベースで約0.6%下落。米長期金利の低下を受けて一時145.31円前後まで下値を広げ10月27日以来の安値を付けた。この日投票が行われた米中間選挙で野党・共和党が下院を制し、政権と議会の「ねじれ」が生じることで、財政支出が抑えられる…

今日の豪ドル/円見通し「アメリカの中間選挙後の株価動向に注目!ねじれ議会発生で豪ドル/円は買われる?」2022/11/9

本日、豪州の経済指標の発表はない。豪州と交易関係の強い中国では10月CPIが発表される。中国では欧米ほどインフレ率が高まっておらず、9月は前年比+2.8%だった。中国人民銀行の目標は通年で+3%前後となり、今年は1-9月の平均で見ても2%のため、10月CPIの結…

FX/為替「米中間選挙は「ねじれ」確実 ドルへの影響は?」 外為トゥデイ 2022年11月8日号

昨日のドル/円は終値ベースでほぼ横ばい。147.50円台まで強含む場面もあったが、欧州通貨に対するドル売りが強まると146.00円台へと反落した。ただ、売り一巡後は米長期金利が上昇に転じたこともあって146円台後半に持ち直すなど、終日不安定な値動きが続い…

今日の豪ドル/円見通し「アメリカの中間選挙を控え、豪ドル/円は方向感が見出しにくい」2022/11/8

本日、豪州では、11月ウエストパック消費者信頼感指数(08:30)、10月NAB企業景況感指数(09:30)の発表が予定されている。どちらも、豪ドル相場の流れを決めるほどのインパクトはないと考えているが、豪景気の減速を示唆する結果となれば短期的に豪ドルは売…

FX/為替「中国ゼロコロナ維持 リスクオフのドル買いと円買い交錯へ」 外為トゥデイ 2022年11月7日号

4日のドル/円は終値ベースで約1.1%下落。中国人民元に対するドル安の影響や、週末を控えた持ち高調整のドル売りなどを背景に146円台半ばまで大きく軟化した。米10月雇用統計は強弱入り混じる内容で、ドルの下落を止めることはできなかった。もっとも、5日に…

今日の豪ドル/円見通し「中国のゼロ・コロナ政策堅持により、豪ドル/円は反落?」2022/11/7

金曜日(11月4日)は「中国がゼロ・コロナ政策の緩和を検討する」との報道を受けて、中国と交易関係の強い豪ドルが買われた。また、米国の10月雇用統計がまちまちな結果だったこと、米国の利上げペースの減速観測につながる米連邦準備制度理事会(FRB)高官…

豪ドル/円 NZドル/円 週間為替見通し「米国の景気が悪化なら豪ドル/円は…? 注目は米金利見通し!」ハロンズ 2022/11/05

来週は豪、NZともに相場に影響を与えそうな経済指標の発表が予定されていません。両国と交易関係の強い中国の10月貿易収支や10月消費者物価指数(CPI)は多少は豪ドル、NZドル相場に影響を与えそうですが、メインドライバーは米国の経済指標の結果を受けた米…

FX/為替「ドル/円、FOMC消化難 米雇用統計に強く反応する見込み」 外為トゥデイ 2022年11月4日号

昨日のドル/円は終値ベースで約0.2%上昇。米連邦準備制度理事会(FRB)の金融引き締めが長期化するとの観測で米長期金利が上昇する中、ドルが全面高となった。一方で、米国株が長期金利の上昇を嫌気して続落する中、円はドル以外の通貨に対して上昇。クロス…

今日の豪ドル/円見通し「米雇用統計の結果が豪ドル/円の方向性を決める?」2022/11/4

米国の金融引き締め長期化観測による、米金利先高観が米ドルの独歩高状態を再び作り上げている。本日は注目の米10月雇用統計が発表される。堅調な結果となれば、「米連邦準備制度理事会(FRB)の大幅かつ長期化する金融引き締めに対して、米経済が持ちこたえ…

FX/為替「ドル/円、12月利上げ減速の示唆を巡りFOMCに関心集中」 外為トゥデイ 2022年11月2日号

昨日のドル/円は終値ベースで約0.3%下落。147円台を割り込む場面もあったが、米経済指標の堅調な結果を受けて下げ幅を縮小すると148円台を回復した。米9月JOLT求人件数は予想外に増加したほか、米10月ISM製造業景況指数は市場予想を上回った。米連邦公開市…

今日の豪ドル/円見通し「米FOMCの結果が豪ドル/円にも影響?RBAは様子見姿勢を崩さず」2022/11/2

昨日RBAは市場の予想通り0.25%利上げを実施した。今後については、「経済指標次第」で利上げ幅再拡大の可能性を示したが、従来通りの言い回しであったことから、市場の期待を高めるには至らなかった。そのため、どちらかといえば豪ドルにとってはネガティブ…

FX/為替「ドル/円、149円台は介入警戒ゾーン 米ISMにも注目」 外為トゥデイ 2022年11月1日号

昨日のドル/円は終値ベースで約0.9%上昇。米長期金利の上昇を受けて148.85円前後まで上値を伸ばした。米連邦準備制度理事会(FRB)が12月に利上げペースを減速させるとの見方が後退する中、米連邦公開市場委員会(FOMC)を目前にしてドル選好の動きが再び強…

今日の豪ドル/円見通し「注目のRBA理事会で利上げ幅再拡大でも豪ドル/円の上値は重い?」2022/11/1

本日はRBA理事会が予定されている。先月、RBAは「急速かつ大幅な(6月~9月の4会合で2%)利上げの影響を見極めたい」と利上げ幅を0.25%に縮めた。そのため、「11月の理事会(本日)も0.25%利上げを実施し、様子見を継続する」というのが、市場予想の大勢を占…

FX/為替「ドル/円、20日線回復で短期調整は一巡」 外為トゥデイ 2022年10月31日号

28日のドル/円は終値ベースで約0.8%上昇した。日銀は大規模金融緩和の継続を決めた上に、11月の長期国債買い入れ増額を発表。米10年債利回りが4%台を回復する中で日米金融政策の方向性の違いを意識したドル買い・円売りが優勢となり、一時147.86円前後まで…

FX/為替予想「中国経済の先行き不透明感が豪ドル/円の重しとなる?」今日の豪ドルトレード分析 2022/10/31

本日は豪9月小売売上高が発表される。市場は前月比+0.4%を予想している。予想に反して前月比マイナスとなれば、「RBAの急速かつ大幅な利上げの影響により豪経済が減速し始めている」との思惑が強まり、豪ドルには売り圧力がかかってくることとなりそうだ。他…

豪ドル/円 NZドル/円 週間為替見通し「豪CPIは市場予想以上!RBAは利上げ幅を再拡大する!?」ハロンズ 2022/10/29

26日に豪7-9月期四半期消費者物価指数(CPI)が発表されました。結果は前年比+7.3%と予想(+7.0%)を大きく上回り、1990年の4-6月期以来の高水準となりました。豪準備銀行(RBA)が10月4日の理事会の時点で予測していた2022年末のインフレ率が7.75%です。RBA…

FX/為替「日銀緩和維持でも1ドル=147円台は重そう」 外為トゥデイ 2022年10月28日号

昨日のドル/円は終値ベースで0.1%未満の小幅安。米国の利上げペース減速が意識される中、ドルの買い持ちを落とす動きが先行すると145.11円前後まで下落した。その後146.94円前後まで買い戻される場面もあったが、米長期金利が再び低下したため上値は重く146…

FX/為替「ドル/円、20日線割れで短期調整ムード」 外為トゥデイ 2022年10月27日号

昨日のドル/円は終値ベースで約1.1%下落。米長期金利の低下を受けてドルが広範囲に下落する中、146.22円前後まで軟化した。カナダ中銀が利上げ幅を縮小したこともあって、米連邦準備制度理事会(FRB)の引き締めペース減速観測が強まった。こうした中、来週…

top