オセアニア通貨

前日の海外市況ほか|ドル・円:米10月消費者物価指数(CPI)の伸びが予想以上に鈍化し、米利上げ減速を織り込むドル売りが加速。

前日の海外市況 海外市場概況 ドル・円:米10月消費者物価指数(CPI)の伸びが予想以上に鈍化し、米利上げ減速を織り込むドル売りが加速。146円59銭から140円21銭まで円高・ドル安で推移。 ユーロ・ドル:0.9936ドルから1.0222ドルまでドル安・ユーロ高で推…

※追加【豪ドル/円】上値の重い展開。下値抵抗にも注意。

【豪ドル/円】上値の重い展開。下値抵抗にも注意。 豪ドル/円は続落。93.00-10の日足の抵抗を実体ベースで守っていますが、日足の形状が悪化しており、反発余地が限られる展開が予想されます。買いは様子見か、93.00-10まで引きつけて。損切りは92.70で浅め…

FX/為替「ドル/円、売られ過ぎの領域からどこまで戻せるかが焦点」 外為どっとコムトゥデイ 2022年11月11日号

昨日のドル/円は終値ベースで約3.7%の大幅下落。一時は9月5日以来の安値となる140.19円前後まで下値を広げた。米10月消費者物価指数(CPI)の伸びが予想以上に鈍化したことで米連邦準備制度理事会(FRB)が利上げペースを緩めるとの観測が高まった。もっと…

FX、米CPI Live、ドル円155円到達の条件、FTX:為替市場に与える影響(2022年11月10日)

外為どっとコム総合研究所のTEAMハロンズ(https://twitter.com/TeamHallons)が平日毎日21時よりライブ配信しています。番組では、注目材料の紹介、テクニカル分析でエントリーポイントや利食い・損切りポイントを解説し、実際にリアルトレードも行っていま…

ドル・円は伸び悩みか、米インフレ高進でドル買いも当局者発言にらみ

欧米市場オープニングコメント 「ドル・円は伸び悩みか、米インフレ高進でドル買いも当局者発言にらみ」 10日の欧米外為市場では、ドル・円は伸び悩む展開を予想する。今晩発表の米インフレ指標は強い内容とみられ、金融引き締め加速へ思惑からドル買いが先…

東京市況ほか|ドル・円は下落。

東京市況 東京市場概況 ドル・円は下落。朝方に146円56銭まで買われたが、株安を警戒したドル売りが広がり146円05銭まで値を下げた。 ユーロ・円は146円40銭から146円75銭まで値を上げた。 ユーロ・ドルは1.0008ドルから1.0043ドルまで値を上げた。 本日の予…

ドル円は146円台を維持できるか?米CPIに注目!米中間選挙の行方と相場への影響を考察 2022/11/10(木)YEN蔵

目次 0:00 昨日(10/12)の相場振り返り 日銀総裁は緩和姿勢維持で円安進行 0:51 ポンド/ドル15分足 英中銀の国債買入れは予定通り14日終了と伝わるも1.09ドルが底堅い 1:42 ポンド/円15分足 159.70-75円がサポート 162円を維持できるか 2:57 米PPI前月比は予…

ドル・円は主に146円台で推移か、10月米CPI発表を待つ状況

東京市場オープニングコメント 「ドル・円は主に146円台で推移か、10月米CPI発表を待つ状況」 9日のドル・円は、東京市場で145円18銭まで下落後、145円90銭まで反発。欧米市場では145円21銭から146円80銭まで反発し、146円41銭で取引終了。本日10日のドル・…

前日の海外市況ほか|ドル・円:10月米消費者物価指数の発表控えており、145円21銭から146円80銭まで円安・ドル高で推移。

前日の海外市況 海外市場概況 ドル・円:10月米消費者物価指数の発表控えており、145円21銭から146円80銭まで円安・ドル高で推移。 ユーロ・ドル:露国防相がウクライナ南部へルソン州からの撤退を命令したことで1.0086ドルまでドル安・ユーロ高推移後、0.99…

※追加【豪ドル/円】上値の重い展開続く。

【豪ドル/円】上値の重い展開続く。 豪ドル/円は続落。下値抵抗を守っていますが、日足の形状がやや悪化しており、買いは様子見か引き付けて。94.00-10,93.50-60,93.10-20に強い下値抵抗がありますが、全て下抜けて終えた場合は新たな下落リスクが生じます…

FX/為替「ドル/円は147円台回復か再び145円台か 米10月CPIがカギに」 外為トゥデイ 2022年11月10日号

昨日のドル/円は終値ベースで約0.5%上昇。東京市場で145.10円台へと弱含む場面もあったが、NY市場では146.79円前後まで反発した。米中間選挙が予想外の接戦となったことで、野党・共和党の議会支配によってドルが下落するとの見方に修正が入った。ジョージ…

FX、ドル円まだ買うな、中間選挙後の値動き(2022年11月09日)

外為どっとコム総合研究所のTEAMハロンズ(https://twitter.com/TeamHallons)が平日毎日21時よりライブ配信しています。番組では、注目材料の紹介、テクニカル分析でエントリーポイントや利食い・損切りポイントを解説し、実際にリアルトレードも行っていま…

ドル・円は下げ渋りか、調整のドル売りも米中間選挙に期待感

欧米市場オープニングコメント 「ドル・円は下げ渋りか、調整のドル売りも米中間選挙に期待感」 9日の欧米外為市場では、ドル・円は下げ渋る展開を予想する。10日発表の米インフレ指標発表を前に、調整の売りが先行しそうだ。一方、米中間選挙は民主党惨敗な…

東京市況ほか|ドル・円は上昇。

東京市況 東京市場概況 ドル・円は上昇。米議会中間選挙を巡る思惑で145円18銭まで下げた後、事前予想に近い結果になるとの見方が強まり、145円87銭まで戻した。 ユーロ・円は146円37銭から146円82銭まで値を上げた。 ユーロ・ドルは1.0088ドルから1.0056ド…

ドル/円は「買い方の投げ」を想定して売りたい局面、ユーロ/ドルはチャート形状回復で買い目線 11月9日(水)井上義教

目次 0:00 ドル/円日足 他のクロス円と比べ特異な動き 0:50 ユーロ/円日足 陽線2本が目立つ 1:17 ポンド/円日足 ユーロ/円ほどではないが善戦 1:28 豪ドル/円日足 強くはないが売りの形状でもない 1:40 対円の中でドル/円が一番下押し圧力が強そう、「押し目…

ドル・円は主に145円台で推移か、米長期金利低下でドル買い拡大の可能性低い

東京市場オープニングコメント 「ドル・円は主に145円台で推移か、米長期金利低下でドル買い拡大の可能性低い」 8日のドル・円は、東京市場で146円32銭から146円93銭まで反発。欧米市場では146円83銭から145円31銭まで反落し、145円69銭で取引終了。本日9日…

前日の海外市況ほか|ドル・円:長期金利の低下でドル売りが優勢となり146円83銭から145円31銭まで円高・ドル安推移。

前日の海外市況 海外市場概況 ドル・円:長期金利の低下でドル売りが優勢となり146円83銭から145円31銭まで円高・ドル安推移。 ユーロ・ドル:0.9973ドルから1.0096ドルまでドル安・ユーロ高で推移。 ユーロ・円:145円99銭まで円高・ユーロ安で推移後、146…

※追加【豪ドル/円】上値抵抗にぶつかった状態。

【豪ドル/円】上値抵抗にぶつかった状態。 豪ドル/円は小反落。下げエネルギーの強いものではありませんが、95.10-20の上値抵抗にぶつかっており、この反動で下値余地がやや深くなる可能性があります。買いは1日様子見とします。売りも様子見か、95.30に浅い…

FX/為替「ドル/円、145円台前半のサポート巡る攻防」 外為トゥデイ 2022年11月9日号

昨日のドル/円は終値ベースで約0.6%下落。米長期金利の低下を受けて一時145.31円前後まで下値を広げ10月27日以来の安値を付けた。この日投票が行われた米中間選挙で野党・共和党が下院を制し、政権と議会の「ねじれ」が生じることで、財政支出が抑えられる…

FX、中国再開期待のトレード最適解、米中間選挙プレビュー焦点は?(2022年11月08日)

外為どっとコム総合研究所のTEAMハロンズ(https://twitter.com/TeamHallons)が平日毎日21時よりライブ配信しています。番組では、注目材料の紹介、テクニカル分析でエントリーポイントや利食い・損切りポイントを解説し、実際にリアルトレードも行っていま…

ドル・円は底堅い値動きか、米中間選挙に警戒も高インフレでドル買い継続

欧米市場オープニングコメント 「ドル・円は底堅い値動きか、米中間選挙に警戒も高インフレでドル買い継続」 8日の欧米外為市場では、ドル・円は底堅い値動きを予想する。米中間選挙で苦戦が予想される与党・民主党から金融引き締めへの批判が高まるとの見方…

東京市況ほか|ドル・円は強含み。

東京市況 東京市場概況 ドル・円は強含み。146円32銭まで下げたものの、日経平均の上昇を受けて146円81銭まで値を上げた。 ユーロ・円は147円00銭から146円66銭まで値を下げた。 ユーロ・ドルは1.0031ドルから0.9996ドルまで値を下げた。 本日の予定 19:00 …

豪ドル見通し「中国のゼロコロナ政策『九不准』は豪ドル買い材料」

こんにちは、戸田です。本シリーズでは、オーストラリアのマクロ経済政策などをもとに、豪ドルの現状や相場見通しについてお伝えしていきます。豪ドルなど通貨売買の参考にして頂ければ幸いです。第29回目は「中国のゼロコロナ政策『九不准』は豪ドル買い材…

ドル・円は主に146円台で推移か、米国株高を意識してドル売り拡大の可能性低い

東京市場オープニングコメント 「ドル・円は主に146円台で推移か、米国株高を意識してドル売り拡大の可能性低い」 7日のドル・円は、東京市場で146円71銭から147円56銭まで反発。欧米市場では147円57銭まで買われた後、146円09銭まで反落し、146円61銭で取引…

前日の海外市況ほか|ドル・円:147円57銭から146円09銭まで円高・ドル安推移後、株高などを意識して下げ幅は縮小。

前日の海外市況 海外市場概況 ドル・円:147円57銭から146円09銭まで円高・ドル安推移後、株高などを意識して下げ幅は縮小。 ユーロ・ドル:独経済指標を受けて0.9925ドルから1.0034までドル安・ユーロ高で推移。 ユーロ・円:146円04銭から147円00銭まで円…

※追加【豪ドル/円】上値余地を探る動き。

【豪ドル/円】上値余地を探る動き。 豪ドル/円は前日足から大きく下寄りのスタートとなりましたが、下値を攻めきれずに陽線で終えています。95.10-20の抵抗を上抜けてきれていませんが、11/3に付けた92.97で底打ち、反転の流れにあり、上値トライの動きが期…

FX/為替「米中間選挙は「ねじれ」確実 ドルへの影響は?」 外為トゥデイ 2022年11月8日号

昨日のドル/円は終値ベースでほぼ横ばい。147.50円台まで強含む場面もあったが、欧州通貨に対するドル売りが強まると146.00円台へと反落した。ただ、売り一巡後は米長期金利が上昇に転じたこともあって146円台後半に持ち直すなど、終日不安定な値動きが続い…

FXライブ/為替予想【実践リアルトレード】米中間選挙 ドル円はどっち?、米雇用統計レビュー「米10年金利は5%へ?」、中国ゼロ・コロナ政策正体(2022年11月07日)

外為どっとコム総合研究所のTEAMハロンズ(https://twitter.com/TeamHallons)が平日毎日21時よりライブ配信しています。番組では、注目材料の紹介、テクニカル分析でエントリーポイントや利食い・損切りポイントを解説し、実際にリアルトレードも行っていま…

ドル・円は上げ渋りか、米FRB当局者のハト派発言を材料視

欧米市場オープニングコメント 「ドル・円は上げ渋りか、米FRB当局者のハト派発言を材料視」7日の欧米外為市場では、ドル・円は上げ渋る展開を予想する。10月の米失業率が悪化したほか、連邦準備制度理事会(FRB)当局者からハト派的な見解が聞かれ、ドル買い…

東京市況ほか|ドル・円は強含み。

東京市況 東京市場概況 ドル・円は強含み。朝方に146円71銭まで下げたものの、米長期金利の高止まりを警戒して147円37銭まで値を上げた。 ユーロ・円は145円54銭から146円52銭まで値を上げた。 ユーロ・ドルは0.9905ドルから0.9955ドルまで値を上げた。 本日…

ドル・円は主に147円を挟んだ水準で推移か、米長期金利下げ渋りでドル売り拡大の可能性低い

東京市場オープニングコメント 「ドル・円は主に147円を挟んだ水準で推移か、米長期金利下げ渋りでドル売り拡大の可能性低い」 4日のドル・円は、東京市場で148円40銭から147円70銭まで下落。欧米市場では148円19銭まで買われた後、一時146円56銭まで反落し…

前日の海外市況ほか|ドル・円:米10月雇用の予想以上の増加で148円19銭まで円安・ドル高推移後、失業率の上昇で利上げ減速の思惑が強まり、146円56銭まで反落。

前日の海外市況 海外市場概況 ドル・円:米10月雇用の予想以上の増加で148円19銭まで円安・ドル高推移後、失業率の上昇で利上げ減速の思惑が強まり、146円56銭まで反落。 ユーロ・ドル:欧米金利差拡大観測で0.9753ドルまでドル高・ユーロ安推移後、0.9966ド…

FX/為替「中国ゼロコロナ維持 リスクオフのドル買いと円買い交錯へ」 外為トゥデイ 2022年11月7日号

4日のドル/円は終値ベースで約1.1%下落。中国人民元に対するドル安の影響や、週末を控えた持ち高調整のドル売りなどを背景に146円台半ばまで大きく軟化した。米10月雇用統計は強弱入り混じる内容で、ドルの下落を止めることはできなかった。もっとも、5日に…

※追加【豪ドル/円】上値余地を探る動き。下値リスクを残した状態。

【豪ドル/円】上値余地を探る動き。下値リスクを残した状態。 豪ドル/円は大陽線で切り返して上値トライの可能性に繋げていますが、95円台に実体を戻しておらず、下値リスクを残した状態です。また93.50以下で終えた場合は新たな下落リスクが点灯します。買…

ドル/円 上値の重さを考えると下落の目も・・・

今週の注目通貨ペアはこれだ! ■ ドル/円 上値の重さを考えると下落の目も・・・ 今週は、月曜日に高値を付け、水曜日に安値を付ける展開でした。月曜日の陽線で上かなと思わせ、水曜日の下押し局面では下かなと思わせ、戻したからといって買われる訳でもな…

FX「米国の利上げ減速論 VS エネルギー価格反発」

総括 FX「米国の利上げ減速論 VS エネルギー価格反発」 ドル円=144-149、ユーロ円=144-149、ユーロドル=0.97-1.02 通貨ごとの注目ポイント *円「通貨11位(11位)、株価5位(5位)、円買い介入が持続するかどうか。先週後半のエネルギー価格上昇は円安要…

豪ドル/円 NZドル/円 週間為替見通し「米国の景気が悪化なら豪ドル/円は…? 注目は米金利見通し!」ハロンズ 2022/11/05

来週は豪、NZともに相場に影響を与えそうな経済指標の発表が予定されていません。両国と交易関係の強い中国の10月貿易収支や10月消費者物価指数(CPI)は多少は豪ドル、NZドル相場に影響を与えそうですが、メインドライバーは米国の経済指標の結果を受けた米…

ドル・円は伸び悩みか、米引き締め長期化期待も円買い介入に警戒

欧米市場オープニングコメント 「ドル・円は伸び悩みか、米引き締め長期化期待も円買い介入に警戒」 4日の欧米外為市場では、ドル・円は伸び悩む展開を予想する。米雇用統計で賃金の高止まりが米連邦準備制度理事会(FRB)の引き締め長期化の観測を後押しし、…

東京市況ほか|ドル・円は弱含み。

東京市況 東京市場概況 ドル・円は弱含み。株安を警戒して利益確定を狙ったドル売りが観測されており、148円40銭から147円70銭まで値を下げた。 ユーロ・円は144円33銭から144円79銭まで反発。 ユーロ・ドルは0.9743ドルから0.9795ドルまで値を上げた。 本日…

来週の為替はどう動く?注目のFX週間イベント(米10月CPI、米中間選挙 ほか)2022/11/7~11/13

10日の米10月消費者物価指数(CPI)と11日の米11月ミシガン大消費者信頼感指数で示される期待インフレ率に米国の利上げの道筋を占う上で注目が集まるでしょう。8日の米中間選挙は、結果こそ注目されるものの、直接的に為替相場を大きく動かす材料にはなりに…

ドル・円は主に148円台で推移か、米長期金利の高止まりを背景にドル買い継続の可能性

東京市場オープニングコメント 「ドル・円は主に148円台で推移か、米長期金利の高止まりを背景にドル買い継続の可能性」 3日のドル・円は、東京市場で147円11銭から148円04銭まで反発。欧米市場では148円45銭まで買われた後、一時147円61銭まで反落したが、1…

前日の海外市況ほか|ドル・円:米追加利上げ観測が強まり、148円45銭まで円安・ドル高推移後、一部経済指標の悪化を受けて一時147円61銭まで反落。

前日の海外市況 海外市場概況 ドル・円:米追加利上げ観測が強まり、148円45銭まで円安・ドル高推移後、一部経済指標の悪化を受けて一時147円61銭まで反落。 ユーロ・ドル:欧米金利差拡大観測に0.9730ドルまでドル高・ユーロ安推移後、低調な米経済指標で0.…

FX/為替「ドル/円、FOMC消化難 米雇用統計に強く反応する見込み」 外為トゥデイ 2022年11月4日号

昨日のドル/円は終値ベースで約0.2%上昇。米連邦準備制度理事会(FRB)の金融引き締めが長期化するとの観測で米長期金利が上昇する中、ドルが全面高となった。一方で、米国株が長期金利の上昇を嫌気して続落する中、円はドル以外の通貨に対して上昇。クロス…

※追加【豪ドル/円】短期トレンドが変化。下値リスクに注意。

【豪ドル/円】短期トレンドが変化。下値リスクに注意。 豪ドル/円は続落。直近の足が93.50以下で終えており、短期トレンドに変化が生じています。買いは様子見です。売りは93.70-80の戻り待ちとします。損切りは94.20で撤退です。上値抵抗は93.30-40,93.70-…

FXライブ/為替予想【実践リアルトレード】BoE,米ISM Live、FOMCレビュー ドル高は新たなステージへ(2022年11月03日)

外為どっとコム総合研究所のTEAMハロンズ(https://twitter.com/TeamHallons)が平日毎日21時よりライブ配信しています。番組では、注目材料の紹介、テクニカル分析でエントリーポイントや利食い・損切りポイントを解説し、実際にリアルトレードも行っていま…

ドル・円は上げ渋りか、米引き締め長期化も利上げ幅縮小に思惑

欧米市場オープニングコメント 「ドル・円は上げ渋りか、米引き締め長期化も利上げ幅縮小に思惑」 3日の欧米外為市場では、ドル・円は上げ渋る展開を予想したい。米連邦準備制度理事会(FRB)の引き締め長期化観測も、利上げ幅縮小の可能性から一段のドル買い…

東京市況ほか|ドル・円は下げ渋り。

東京市況 東京市場概況 ドル・円は下げ渋り。地政学リスクを意識した円買いが先行し148円00銭から147円11銭まで下落したが、夕方にかけて値を戻した。 ユーロ・円は145円36銭から144円68銭まで下落。 ユーロ・ドルは0.9840ドルから0.9787ドルまで値を下げた…

ドル・円は主に147円台で推移か、米国金利の先高観を背景にドル買い継続の可能性

東京市場オープニングコメント 「ドル・円は主に147円台で推移か、米国金利の先高観を背景にドル買い継続の可能性」 2日のドル・円は、東京市場で148円37銭から147円17銭まで下落。欧米市場では145円68銭まで下げた後、147円97銭まで反発し、147円92銭で取引…

前日の海外市況ほか|ドル・円:12月より米利上げ減速予想で145円68銭まで円高・ドル安推移後、来年の利上げ観測が強まり、147円97銭まで上昇。

前日の海外市況 海外市場概況 ドル・円:12月より米利上げ減速予想で145円68銭まで円高・ドル安推移後、来年の利上げ観測が強まり、147円97銭まで上昇。 ユーロ・ドル:0.9976ドルまで上昇後、0.9813ドルまで反落。 ユーロ・円:145円82銭まで上昇後、145円0…

FXライブ/為替予想【実践リアルトレード】FOMC Live, 12月以降の利上げペースは、ターミナルレートはどこまで(2022年11月03日)

外為どっとコム総合研究所のTEAMハロンズ(https://twitter.com/TeamHallons)が平日毎日21時よりライブ配信しています。番組では、注目材料の紹介、テクニカル分析でエントリーポイントや利食い・損切りポイントを解説し、実際にリアルトレードも行っていま…

top