読む前にチェック!最新FX為替情報

読む前にチェック!
最新FX為替情報

スプレッド
始値比
  • H
  • L
FX/為替レート一覧 FX/為替チャート一覧

ユーロ/円 下値追いのリスクが低くはないかと・・・

今週の注目通貨ペアはこれだ!


■  ユーロ/円 下値追いのリスクが低くはないかと・・・ 
先週は、月曜日に高値を付け、木曜日に安値を付ける展開でした。チャート形成の状況はドル円と基本的に同じで、月曜日に陽線で大きく戻したものの火曜日以降は上値追いの動きよりも下値を追う動きが目立ちました。ただ、木曜日から金曜日にかけては上下に乱高下を繰り返し、買い方も売り方も大きく 傷ついているというのが実情でしょう。動けばよいという話でもない・・・そんな展開となっています。
移動平均線は、3本とも下落しました。実体線がこんな状態ですから長期の移動平均線もいよいよ下向き基調に舵取りを変え、中期の移動平均線も 急落、中期・長期の移動平均線のデッドクロスの可能性が極めて高くなっています。MACDもこれまでになく下押しを実現していて、買い方のポジションの痛みを感じさせる動きとなっています。
今週は、売り先行スタンスで臨みたいところです。先週の状況を見ても後半は上値を切り下げる動きが目立ち、終値ベースで週間の安値を更新していることを考えると、水準感での買いはワークしないと考えるべきではないでしょうか。中期・長期の移動平均線のデッドクロスが実現されると買い方のダメージは さらに大きくなり、投げが持ち込まれる可能性が高いと思います。


その他 通貨ペア分析


■ ドル/円 上値の重さは否めないところか・・・ 
先週は、月曜日に高値を付け、木曜日に安値を付ける展開でした。先々週に大きく下落したことから乱高下が予想される1週間でしたが、戻したのは月曜日だけで火曜日以降は陰線で下値追い、金曜日も陽線で若干戻したものの、その戻りに力強さを感じることは全くありませんでした。買い方に大きな不安を残しての越週となっています。
今週は、少し様子を見てみたい感じがします。スタンスとしては買い方が厳しい状況に変わりはありませんので、戻りきれないことを確認した後の下落を売りで取りに行くようなイメージですが、売り方の買い戻し意向も小さくないと思いますので、大きな下押しを期待するのは難しいかもしれません。ただ、先週木曜日の下ヒゲを下回ったところはすかさず売りでインできるような気はします。

■ ポンド/円 乱高下極まりないところ・・・ 
先週は、月曜日に高値を付け、木曜日に安値を付ける展開でした。チャートの形状は ドル円・ユーロ円と基本的に同じ、月曜日に陽線で切り返したものの火曜日以降は下値追いの動きが目立ち陽線の出現は木曜日だけ、しかもその木曜日は長い下ヒゲを伴ったことによる反発で戻したという印象を強く与えています。週間を通じた上下の値幅は6円にも及び、乱高下の度合いがかなり強くなっていますね。
今週は、基本的に様子を見るのが賢明だと思いますが、リスクテイクするのであれば 売り先行スタンスを取らざるを得ないと考えます。先週の動きを見る限り、大きな戻りを演じたのは週初の月曜日と長い下ヒゲを伴った木曜日だけで、それ以外は戻れば買い方の戻り売りが持ち込まれ、下げれば買い方の投げが持ち込まれる展開が続いているからです。ただ、深追いにも限度があると思いますので、大きな下落に対してはしっかりと買い戻しで対応したいところですね。

■ オージー/円 比較的しっかりしているが・・・ 
先週は、月曜日に高値を付け、木曜日に安値を付ける展開でした。他の対円の通貨ペアとチャートの形状は酷似していますが、上下の値幅が小さい点がオージー円のチャートの特徴と言えそうです。これは、戻り売り圧力の大きさに加えて下落した際の買い意向の強さも同時に意味していると考えてよいでしょう。実体線の水準自体は下押ししているものの長期の移動平均線との乖離がそれほど大きくないのもオージー円のチャートの特徴と言えそうですね。
今週は、少し様子を見てみたい感じがします。売りでインするのであれば他にもっと適切な対円の通貨ペアが存在しますし、チャートの形状を考えると買いでインするのも時期尚早と言えそうです。先週後半に下値を切り上げている点を考えると、下押し圧力の減退も感じさせるところではありますが、やはり先週の高値を超えてくるとか、そういった状況にならないと買いでインするのは難しいのではないでしょうか。

■ ユーロ/ドル 何だこれ・・・ 
先週は、月曜日に安値を付け、木曜日に高値を付ける展開でした。週初は小動きでしたが水曜日の陽線でドライブがかかり、木曜日に一気に上伸、11月下旬の戻り高値に迫る動きとなりました。このまま上伸基調を継続するのかと思いましたが金曜日は一転、陰線が出現して木曜日の陽線を打ち消すような形での越週となっています。戻り売り勢は買い戻しを余儀なくさせられ、高いところを買った人も投げさせられる展開と言えそうですね。
今週は、様子を見るより選択がないような気がします。さすがに、先週木曜日以降の動きを見ると野放図に買いでインするといったストラテジーが成り立つようにも思いませんが、先週の火曜日以降の上伸を考えると、下落にも一定程度の歯止めがかかると考えてよいのではないでしょうか。スタンスを幅広に取り、先週の高値を超えてくるようであれば買い、下落については見送り姿勢を強めるといった形のスタンスがよいかもしれません。

今週のチャートリーディング ~相場の強さ~

 

※例:「 ドル < 円 」ドル安、円高。 「<」が多いほどトレンドが強い。
情報提供元:(株)チャートリーディング
本レポートは、投資判断の参考となる情報の提供を目的としたものであり、投資勧誘を目的として提供するものではありません。投資方針や時期選択等の最終決定はご自身で判断されますようお願いいたします。また、本レポートに記載された意見や予測等は、今後予告なしに変更されることがございます。なお、本レポートにより利用者の皆様に生じたいかなる損害についても、株式会社チャートリーディングならびに株式会社外為どっとコムは一切の責任を負いかねますことをご了承願います。