読む前にチェック!最新FX為替情報

読む前にチェック!
最新FX為替情報

スプレッド
始値比
  • H
  • L
FX/為替レート一覧 FX/為替チャート一覧

ユーロ/ドル チャートは上値追いの可能性を示唆しているが・・・

今週の注目通貨ペアはこれだ!


■  ユーロ/ドル チャートは上値追いの可能性を示唆しているが・・・ 
先週は、月曜日に安値を付け、金曜日に高値を付ける展開でした。先々週の木曜日の陽線を金曜日の陰線で打ち消され、週初の動きが懸念されましたが、週間を通じて陰線の出現は水曜日だけ、特に木曜日の陽線で先々週の戻り高値を超えてきたことで売り方の買い戻しに拍車がかかりました。金曜日は上ヒゲを伴ってはいるものの終値ベースで高値を更新していて、やや上値志向の強い形状での越週と言えそうです。
移動平均線は、3本とも上昇しました。実体線は概ね3本の移動平均線の上側で推移していて、短期・中期の移動平均線がゴールデンクロスを形成、長期の移動平均線も上向き 基調に舵取りを変えてきています。MACDもゼロラインの上側でゴールデンクロスを結成した後に上伸基調を堅持していて、チャート的に売りを示すものは見られません。
今週は、買い先行スタンスで臨みたいところです。実体線と移動平均線の関係を見ても、また、MACDの状況を見ても、新規のポジショニングで売りを選択する余地はなさそうです。先週金曜日の上ヒゲが少し気になるところではありますが、それでも先週木曜日の陽線の力強さを頼りに買い先行スタンスを取りたいところ、先週金曜日の高値を越えてくるようであれば買い乗せも検討できるのではないでしょうか。


その他 通貨ペア分析


■ ドル/円 戻りの鈍さは否定しがたい・・・ 
先週は、火曜日に高値を付け、金曜日に安値を付ける展開でした。先々週までの下落の流れを断ち切る意向は週初の戻りで感じられなくもありませんでしたが、火曜日に長い上ヒゲを残してしまい13日の陰線の回復に失敗、その後は下値模索の動きへ移行、週末も小陽線で跳ね返しましたが終値ベースで見ると戻りは限定的です。やはり買い方にとって下値不安の尽きないチャート形成と言えるのではないでしょうか。
今週は、リスクテイクするのであれば売り先行スタンスを取らざるを得ないと考えます。先週の動きを見ていると、戻り局面は着実に叩かれていますし、長期の移動平均線が既に下向き基調に舵取りを変えていることをからも分かるように、買い方と売り方の勢力図は完全に逆転していると考えた方がよいでしょう。レベル感での押し目買いはワークしないと心得るべきではないでしょうか。

■ ユーロ/円 ドル円と比べると踏ん張ってはいるが・・・ 
先週は、月曜日に安値を付け、火曜日に高値を付ける展開でした。下落基調をたどった先々週の流れとは反対に週初から堅調な動きを見せました。週央から週末にかけてはやや弱含みましたが、火曜日の胴体部分を下回ることなくやや高いレベルで越週となっています。ドル円と対比すると取引価格帯がやや上方にある点が特徴的で、反発するとすればドル円よりもユーロ円の方が先かもしれませんね。
今週は、少し様子を見てみたい感じがします。もちろん、下落リスクはドル円よりも小さく、上方への価格移動の可能性は感じさせますが、ボリンジャーバンドの幅が広いままでボラティリティの高まりが収まる感じはありません。また、目先は中期の移動平均線が抵抗帯を形成する可能性が高く、容易に買い進むのは難しいと思います。ただ、それでも積極的に売りを選択する余地はあまりないような気がします。

■ ポンド/円 戻りは抑えられる展開が続きそう・・・ 
先週は、火曜日に高値を付け、木曜日に安値を付ける展開でした。先々週の流れを引き継ぎ、週初は下値リスクの大きさを感じていましたが、意に反して週初から大きく反発、一気に184円台まで買い進みました。ただ、その後買いは続かず、水曜日から木曜日にかけて連続陰線で大きく下押し、金曜日も陽線で戻したものの戻りの鈍さは否定できず、下値リスクの大きさを残したままの越週となっています。
今週は、リスクテイクをするのであれば売り先行スタンスを取りたいところです。ただ、ボラティリティがあまりにも高く、評価損を抱えた場合には早めの損切りが必要ではないでしょうか。水準感でトレードするのではなく、あくまで相場の流れに沿ったリスクテイクを心がける必要があると思いますし、一方で、しっかり利食うというスタンスも必要とされるように感じます。

■ オージー/円 かなり頑張っている・・・ 
先週は、月曜日に安値を付け、火曜日に高値を付ける展開でした。先々週の流れを引き継ぎ下値リスクの高い状態で週初を迎えましたが、月曜日・火曜日の陽線で一気に97円台まで戻しました。水曜日の陰線も力強さを感じさせるものからは遠く、逆に木曜日・金曜日と連続陽線で跳ね返し、週末も高い位置をキープしたまま越週、対円の通貨ペアの中では買い方に最も希望を与えるチャート形成となっています。
今週は、気持ち買い先行スタンスで臨みたいところです。他の対円の通貨ペアの状況を見るにつけ、何となく買いにくい状況に変わりはありませんが、オージー円のチャート上に売りを示すものは見られず、下落局面では売り方の買い戻しが入ることが強く予想されます。先週火曜日の陽線の出現状況が買い方の勇気につながることを頼りに、買い先行スタンスを堅持したいところです。

今週のチャートリーディング ~相場の強さ~

 

※例:「 ドル < 円 」ドル安、円高。 「<」が多いほどトレンドが強い。
情報提供元:(株)チャートリーディング
本レポートは、投資判断の参考となる情報の提供を目的としたものであり、投資勧誘を目的として提供するものではありません。投資方針や時期選択等の最終決定はご自身で判断されますようお願いいたします。また、本レポートに記載された意見や予測等は、今後予告なしに変更されることがございます。なお、本レポートにより利用者の皆様に生じたいかなる損害についても、株式会社チャートリーディングならびに株式会社外為どっとコムは一切の責任を負いかねますことをご了承願います。