ファンダメンタルズ分析とは?FX取引における重要要素を紹介

ファンダメンタルズ分析とは?

ファンダメンタルズ分析とは各国の政治や経済の動向などから相場を分析する方法で、経済の「基礎的要因」とも呼ばれています。具体的な注目ポイントとしては経済指標、金融政策、要人発言などがあり、これらの要因が相場に与える影響に着目して相場を予測していきます。景気が上向いていることが示されれば該当の通貨が買われやすく、下向けば売られやすくなるパターンが多く見られます。しかし、通貨や相場環境によっては反対に動くこともあり、詳しくはニュースやレポートなどで確認する必要があります。

ファンダメンタルズ分析とテクニカル分析の違い

相場を分析する方法には、ファンダメンタルズ分析のほかにテクニカル分析もあります。テクニカル分析は、チャートの動きから為替相場の動向を分析する方法です。ここでは、テクニカル分析と比較したファンダメンタルズ分析の特徴・注意点について解説します。

ファンダメンタルズ分析の特徴

ファンダメンタルズ要因の多くは、中長期的に相場に影響を与えます。そのため、スイングトレードやポジショントレードなど期間の長いトレードスタイルにおいては、ファンダメンタルズ分析を活用して相場の大きな流れを読むことが有効です。

また、要人発言や地政学的リスクの高まりといった一部のファンダメンタルズ要因がサプライズとなって相場を急変させることがあります。このような動きに即座に対応するためには、日頃よりテクニカル分析だけではなくファンダメンタルズ分析も押さえておく必要があります。

ファンダメンタルズ分析の注意点

前述のようにファンダメンタルズ分析は中長期的なトレードで効果を発揮しやすく、短期的なトレードではテクニカル分析の方が活用しやすいかもしれません。

また、テクニカル分析は各FX会社のツールでサポートされていて簡単に行える場合も多く、移動平均線など基本的な見方さえ覚えれば初心者でも活用しやすいものもあります。一方、ファンダメンタルズ分析を行うには各国の経済状況や金融政策などについてある程度理解しておく必要があり、初心者にはやや難易度が高いといえます。

初心者がファンダメンタルズ分析を始める際には、まずは基本的な情報収集から始め、知識や相場変動のパターンなどを覚えていくなど長い目で少しずつスキルアップを目指すとよいでしょう。

ファンダメンタルズの要素1:経済指標

経済指標とは各国の政府や中央省庁、中央銀行などが定期的に発表する、その国の経済に関するデータです。経済指標は経済動向を見るうえで重要なバロメーターであり、プロも含めた多くの投資家がチェックするなど、ファンダメンタルズ分析の中でも特に重要視されています。

経済指標にはたくさんの種類があるため初心者の方はどれに注目したらよいのか迷ってしまうかもしれませんが、まずは次の5つを押さえておきましょう。

@米雇用統計(非農業部門雇用者数・失業率)

米国の雇用統計では様々なデータが発表されますが、注目されることが多いのは非農業部門雇用者数と失業率で、特に非農業部門雇用者数は最も注目度の高いものとなっています。その理由は、この指標が次の「経済指標が注目されやすくなる3つの条件」を満たしているからです。

  • 1.毎月発表されている(発表頻度が高い)
  • 2.統計調査の対象が幅広い
  • 3.比較的発表時期が早い

ファンダメンタルズ分析初心者の方は、まずは最大級の注目を集めるこの指標から活用してみるのもよいでしょう。

【米雇用統計の発表タイミング】
毎月第一金曜日(場合によっては第二金曜日)、午後9時30分(米国冬時間中は午後10時30分)

AGDP(国内総生産)

一定期間内に国内で産み出された付加価値の総額をGDP(国内総生産)といいます。GDPはほとんどの国や地域で発表されており、その国の経済規模を示す指標として活用されます。

GDPは四半期(3ヶ月)ごとに発表(カナダのみ毎月発表)されますが、「速報値」「確報値」など、同じ国の同じ時期の数値が複数回発表されるのが大きな特徴です。英国、米国、ユーロ圏は各四半期とも、速報値、改定値(速報値発表から約1ヶ月後に発表)、確報値(改定値発表から約1ヶ月後に発表)と3回発表されます。仏、独は各四半期とも、速報値、確報値(速報値発表から約2週間〜4週間後に発表)と2回発表されます。また、日本は一次速報、二次速報(一次速報発表から約1ヶ月後に発表)と2回発表されます。

その中で最も注目されやすいのは最初に発表される速報値ですが、改定値や確報値でも事前予想と大きく違う結果になれば、それによって為替相場が動くというケースも見られるため、これらも注意深く見る必要があります。

【GDPの発表タイミング】
四半期(3ヶ月)ごと ※カナダは毎月発表

B小売売上高

小売売上高は、百貨店、スーパーマーケットやコンビニをはじめとする小売業者の売上額をまとめた指標で、各国で発表されています。多くの国でGDPの6割以上を占める個人消費ですが、その消費動向は経済動向を見極めるために欠かせません。その消費動向を見極めるうえで最も重宝されている指標のひとつが、小売売上高です。

【小売売上高の発表タイミング】
毎月発表

C鉱工業生産

鉱工業生産は鉱業と製造業の生産高を示す指標です。鉱業・製造業の生産動向を測る上で重要なだけでなく、その結果からサービス業の景況や個人消費の状況も推測できます。例えば家電製品の生産高が増えていれば、モノの売れ行きが良いということであり個人消費が伸びていることがうかがえます。また、オフィス機器の生産量が増えれば、企業の設備投資が盛んになっていると考えられます。このように経済の状況も推測できることから鉱工業生産は非常に注目されており、小売売上高と合わせて見ることで消費動向をより深く把握できます。

【鉱工業生産の発表タイミング】
日本、米国、英国、ドイツ、フランス、ユーロ圏で毎月発表

D景況感指数

景況感指数とは、消費者や企業の購買担当者、アナリストに現在の景気や今後の景気動向について聞き取り調査などを行い、その結果を指数化した指標です。景況感指数が低ければ景気は悪く、消費者は消費活動を控えていることが読み取れ、逆に景況感指数が高いと景気が良く、消費意欲も旺盛であることが読み取れます。

景況感指数は各国で様々なものが発表されていますが、特に注目度が高いのは次の4つです。

・ZEW景況感指数
ドイツで毎月発表。数値がプラスのときは景気を楽観視しているアナリスト(正確には機関投資家とエコノミスト)が多く、数値がマイナスのときは景気が後退していると見ているアナリストのほうが多いことを意味します。
・IFO景況感指数
同じくドイツで毎月下旬に発表。1991年を100とした指数で景気の良し悪しを示します。
・米消費者信頼感指数
米国の民間の調査機関であるカンファレンス・ボードが毎月公表する消費者信頼感指数です。1985年を100とした指数で景気の良し悪しを示します。
・米ミシガン大消費者信頼感指数
米国ミシガン大学が毎月公表する消費者信頼感指数です。1966年を100とした指数で景気の良し悪しを示します。

ファンダメンタルズの要素2:金融政策・政策金利

金融政策とは、中央銀行が行う金融面からの経済政策のことです。金融政策の代表例として政策金利の調整があります。政策金利とは中央銀行が一般銀行に貸し出すときの金利です。通貨の強弱に大きな影響を与えるほか、スワップポイント狙いの取引を行うトレーダーにとっては政策金利次第で受け取るスワップポイントが変わってくるため、注目度が高くなっています。

一般的に中央銀行は景気が過熱すると金利を引き上げて景気を冷まそうとし(=利上げ)、反対に景気が後退する場面では金利を引き下げて景気の失速を防ごうとします(=利下げ)。利上げや利下げを行った場合、それが為替相場の大きな変動要因になることがあります。一般的には金利の高い国にはお金が集まりやすくなるので、利上げが行われた場合はその国の通貨は高くなり、反対に利下げの場合は通貨安になる傾向があります。

ファンダメンタルズの要素3:要人発言

要人発言とは、主に各国の政府や中央銀行などの要職に就いている人物による発言のことです。要人発言は景気の現状や見通し、今後の金融政策などを示唆する場合があり、相場に大きな影響を与えることがあるため注目されます。特に為替相場への影響の観点からは、各国の中央銀行当局者(日本では日本銀行総裁、副総裁)、経済閣僚(財務大臣、財務長官)、財務官などの発言が注目されます。

要人発言は各新聞社や情報ベンダーのホームページなどで確認することができます。また、当社の『外貨ネクストネオ』では取引画面上で「ニュース速報」や「フィスコライブコメント」、「ロイターニュース」をご覧いただけます。これらは24時間リアルタイムで更新されており、為替相場に関連する要人発言をいち早く確認することができます。
※「ロイターニュース」はダイヤモンド・ゴールド・シルバーランク限定のプレミアム会員向けサービスです。

ファンダメンタルズの要素4:地政学的リスク

地政学的リスクとは、特定地域が抱える地理的な条件に関連する問題により、政治的・軍事的・経済的な緊張が高まることで、その地域や世界の経済に悪影響が及ぼされるリスクのことです。地政学的リスクが高まると紛争やテロなどが懸念され、経済の先行きも不透明となり、為替相場にも影響することがあります。

地政学的リスクに対応するためには、各国の政治的・軍事的動向などに関するニュースをチェックしておく必要があります。外為どっとコムでは前述の取引画面で確認できる「ニュース速報」等のほか、各国・各地域の最新情報に関する専門家によるレポートなども提供しています。

外為どっとコムが提供するファンダメンタルズ分析ツール

外為情報ナビ(マーケット情報)

外為情報ナビでは高機能なチャートやレートのほか、経済指標や最新ニュース、各種統計データなどの情報を提供しています。統計データでは各国の経済指標データや政策金利を確認でき、「Twitter一覧」では主要メディアや要人のツイートをまとめてチェックできるなど、ファンダメンタルズ分析に活用できる情報が満載となっています。

外貨ネクストネオ

『外貨ネクストネオ』取引ツールのWebブラウザ版やリッチアプリ版から、ニュースや経済指標などのファンダメンタルズ分析に役立つ情報を確認することができます。

Webブラウザ版

メニューの[マーケット情報]からニュースや外為情報ナビ、経済指標カレンダーなどを確認できます。

外貨ネクストネオ Webブラウザ版

リッチアプリ版

Webブラウザ版と同様に、メニューの[マーケット情報]からニュース等を確認できます。上部の「経済指標」ボタンや「マネ育チャンネル」ボタンからも各ページを表示できます。

外貨ネクストネオ リッチアプリ版

20周年記念サイト

20周年記念サイト

最短当日取引可能!

お申込みの際は「本人確認書類・マイナンバー確認書類」をご用意ください。

新規口座開設で
最大302,000  キャッシュバック