お知らせ

10月1日(木)スタート「米ドル/円0.1銭!全10種スプレッド縮小キャンペーン」実施のお知らせ[20/09/30]

当社では本年10月1日(木)より、店頭FX『外貨ネクストネオ』にて「米ドル/円0.1銭!全10種スプレッド縮小キャンペーン」を実施することとなりましたので、お知らせいたします。
■対象期間:2020年10月1日(木)午前9時〜2020年12月1日(火)午前3時
■対象通貨ペア(全10通貨ペア):
米ドル/円(USD/JPY) 0.2銭 ⇒ 0.1銭原則固定(例外あり)※A
ロシアルーブル/円(RUB/JPY) 0.5銭 ⇒ 0.1銭原則固定(例外あり)※A
ユーロ/円(EUR/JPY) 0.5銭 ⇒ 0.3銭原則固定(例外あり)※A
ユーロ/米ドル(EUR/USD) 0.4pips ⇒ 0.3pips原則固定(例外あり)※A
豪ドル/円(AUD/JPY) 0.7銭 ⇒ 0.6銭原則固定(例外あり)※A
ポンド/円(GBP/JPY) 1.0銭 ⇒ 0.8銭原則固定(例外あり)※A
NZドル/円(NZD/JPY) 1.2銭 ⇒ 0.9銭原則固定(例外あり)※A
ポンド/米ドル(GBP/USD) 1.0pips ⇒ 0.7pips原則固定(例外あり)※A
南アフリカランド/円(ZAR/JPY) 1.0銭 ⇒ 0.3銭原則固定(例外あり)※A
メキシコペソ/円(MXN/JPY) 0.3銭 ⇒ 0.2銭原則固定(例外あり)※A
■提示時間帯:米ドル/円・ロシアルーブル/円は各営業日の午後4時〜翌午前1時、その他8通貨ペアは各営業日の午前9時〜翌午前3時

本キャンペーン実施により、お客様の収益チャンスの拡大へより一層寄与できるものと期待しております。

今後も当社では、個人投資家の皆様のご期待に応えるべく、サービスやお取引環境のさらなる向上を図ってまいります。
米ドル/円0.1銭!全10種スプレッド縮小キャンペーン

※A 原則固定スプレッドは各営業日午前9時〜翌午前3時の時間帯にて提供(例外あり)。国内外の休日や平日早朝など市場の流動性が低い時間帯、主要経済指標の発表前後、ならびに天災地変または金融・経済関連の重大事件など予期せぬ突発的事象の発生時には、一時的にスプレッドを広告表示値よりも拡大する場合がございます。なお当社のスプレッド表記は、提示率(全取引時間中に占める広告表示値以下のスプレッド提示時間の割合)を基に算出しております。本広告では、1pip=0.0001(米ドル、スイスフラン、豪ドル、英ポンド、カナダドル、NZドル)、1pip=0.001(トルコリラ)として表現しております。提示スプレッドにつきましては、当社の都合により予告なく変更または中止する場合があります。

10月1日(木)スタート「口座開設キャッシュバックキャンペーン」実施のお知らせ[20/09/30]

当社では本年10月1日(木)より「口座開設キャッシュバックキャンペーン」を実施することとなりましたので、お知らせいたします。
■対象期間(口座開設期間):2020年10月1日(木)午前6時10分〜

上記期間中に店頭FX『外貨ネクストネオ』口座をご開設のうえ、スマホアプリにて1回以上のログインで1,000円、合計10万円以上のご入金で1,000円、「マネ育FXスクール」のFX入門講座を受講のうえ理解度テストの合格およびアンケートへのご回答で1,000円を、それぞれキャッシュバックいたします。
さらに、口座開設月の翌々月末までの新規注文のお取引量に応じて、1,000円〜最大100,000円をキャッシュバックいたします。
※本キャンペーンには所定の対象条件やご注意事項がございます。ご参加にあたっては下記リンク先の告知ページを必ずご一読ください。
※本キャンペーンの実施に伴い、2020年4月より実施中の現行「口座開設キャッシュバックキャンペーン」は本日(9月30日)をもって終了となりますが、本日までに口座開設条件を満たされた方であれば、口座開設月の翌々月末まで同キャンペーンが引き続き有効となります。
口座開設キャッシュバックキャンペーン(10月1日開始)

10月1日(木)〜トルコリラ3通貨ペアの原則固定スプレッド(広告表示値)提示の一時休止のお知らせ[20/09/30]

当社では明日(10月1日)より当分の間、店頭FX『外貨ネクストネオ』の下記3通貨ペアにつき、原則固定スプレッド(広告表示値)の提示を一時休止することとなりましたので、お知らせいたします。
●対象通貨ペア:トルコリラ/円(TRY/JPY)、米ドル/トルコリラ(USD/TRY)、ユーロ/トルコリラ(EUR/TRY)
●提示休止期間:2020年10月1日(木)〜未定(当分の間継続)

これらトルコリラを含む通貨ペアにおいては、本年夏頃より実勢インターバンクレートのスプレッドが不安定かつ拡大傾向にあり、今後もこうした状況が続くと予想されております。この状況下でもなお原則固定スプレッドを提示した場合には、成行・マーケット注文でのスリッページ発生頻度上昇やスリッページ幅拡大など一部サービスレベル低下を招く懸念があるため、今回の決定とさせていただいた次第でございます。
本決定に伴い、お客様におかれましては誠にご不便をおかけいたしますが、なにとぞご理解ご了承を賜りますようお願い申し上げます。
なお、上記3通貨ペアの原則固定スプレッド(広告表示値)の提示再開時には本欄等にてその旨ご案内申し上げます。

※スプレッド拡大時には、これに伴う評価レートの変動により通常スプレッド時よりも口座の有効比率が低下します(両建状態であっても同様です)。このとき、口座状況によっては有効比率がロスカットレベルを下回る可能性がございますので、ポジションをお持ちのお客様、特に高レバレッジのポジションをお持ちの法人の方におかれましては、口座管理につき十分ご注意のほどお願いいたします。

米雇用統計発表(10/2)に伴う相場変動・スプレッド拡大等の可能性について[20/09/30]

今週金曜日(10月2日)の午後9時30分には重要経済指標「米雇用統計」の発表が予定されており、その発表結果次第では為替相場が急変動する可能性がございます。

なお上記の影響を受ける期間においては、実勢インターバンクレートのスプレッド(BidとAskの差)も平常時に比べ拡大傾向となる見通しであり、その際には当社でもやむなくスプレッドを一時的に拡大させていただく場合がございます。また相場状況により「ダイレクトカバーの対象となる注文」の基準Lot数(最低数量)を一時的に変更させていただく場合がございますので、あらかじめご承知おきくださいますようお願いいたします。

※スプレッド拡大時には、これに伴う評価レートの変動により通常スプレッド時よりも口座の有効比率が低下します(両建状態であっても同様です)。このとき、口座状況によっては有効比率がロスカットレベルを下回る可能性がございますので口座管理には十分ご注意願います。

アゼルバイジャンとアルメニアの軍事衝突に伴うトルコリラとロシアルーブルの相場変動リスクについて[20/09/29]

去る9月27日に始まった旧ソ連のアゼルバイジャンとアルメニアとの係争地を巡る軍事衝突により、昨日(28日)までに多数の死傷者が発生したとの報道がなされております。両国の対立にはアゼルバイジャンの友好国であるトルコ、またアルメニアの同盟国であるロシアも関係するため、地政学的リスクの高まりからトルコリラとロシアルーブルに相場急変動を及ぼす可能性も想定されます。
これら通貨を含むポジションをお持ちのお客様、特に高レバレッジのポジションをお持ちの法人の方におかれましては、口座管理につき十分ご注意のほどお願いいたします。

なお、上記の影響を受ける期間においては、実勢インターバンクレートのスプレッド(BidとAskの差)も平常時に比べ拡大傾向となる見通しであり、その際には当社でもやむなくスプレッドを一時的に拡大させていただく場合がございます。また相場状況により「ダイレクトカバーの対象となる注文」の基準Lot数(最低数量)を一時的に変更させていただく場合がございますので、あらかじめご承知おきくださいますようお願いいたします。
また、お客様におかれましては、本件につきあらかじめご留意のほどお願い申し上げます。

※スプレッド拡大時には、これに伴う評価レートの変動により通常スプレッド時よりも口座の有効比率が低下します(両建状態であっても同様です)。このとき、口座状況によっては有効比率がロスカットレベルを下回る可能性がございますので、ポジションをお持ちのお客様、特に高レバレッジのポジションをお持ちの法人の方におかれましては、口座管理につき十分ご注意のほどお願いいたします。

●注目ポイント
外為どっとコム総合研究所 調査部長 神田卓也

28日、トルコリラは対円、対ドルともに過去最安値を更新した。トルコと関係が深いアゼルバイジャンとロシアの同盟国であるアルメニアの間で軍事衝突が起きた事がリラ安の引き金になったと見られる。トルコが新たな紛争に巻き込まれるとの懸念が高まった模様だ。

トルコリラは、中銀の利上げにもかかわらずインフレを加味した実質金利が依然マイナスである事や、外貨準備の減少で通貨防衛力が低下している事などから下落が続いている。そうした中での地政学リスクの高まりを受けて当面は不安定な値動きが続く公算が大きい。取引に際しては十分な注意が必要だろう。

『外貨ネクストネオ』一部機能バージョンアップのお知らせ[20/09/25]

この度当社では『外貨ネクストネオ』にて、お客様からのご要望を参考とした一部機能のバージョンアップを実施いたしますので、お知らせいたします。

【リリース予定日】
2020年9月26日(土)

【主なバージョンアップ機能】
・履歴画面の検索期間が過去1年以内まで指定できるようになりました(リッチアプリ版、Webブラウザ版)

今後も当社では、お客様よりお寄せいただいたご要望をもとに、新機能・サービスを続々と『外貨ネクストネオ』に導入してまいります。ご期待ください。

お客様の声をかたちに

トルコリラの下落に伴う相場変動リスクについて[20/09/23]

トルコリラの対主要通貨での下落が7月下旬頃から続いており、昨日(9月22日)には対円・ユーロで、また本日(23日)は対米ドルで史上最安値を更新しております。今後もトルコリラの下落基調のさらなる継続、また最安値の更新局面では相場急変動が発生する可能性もあります。
ポジションをお持ちのお客様、特に高レバレッジのポジションをお持ちの法人の方におかれましては、口座管理につき十分ご注意のほどお願いいたします。

なお、上記の影響を受ける期間においては、実勢インターバンクレートのスプレッド(BidとAskの差)も平常時に比べ拡大傾向となる見通しであり、その際には当社でもやむなくスプレッドを一時的に拡大させていただく場合がございます。また相場状況により「ダイレクトカバーの対象となる注文」の基準Lot数(最低数量)を一時的に変更させていただく場合がございますので、あらかじめご承知おきくださいますようお願いいたします。
また、お客様におかれましては、本件につきあらかじめご留意のほどお願い申し上げます。

※スプレッド拡大時には、これに伴う評価レートの変動により通常スプレッド時よりも口座の有効比率が低下します(両建状態であっても同様です)。このとき、口座状況によっては有効比率がロスカットレベルを下回る可能性がございますので、ポジションをお持ちのお客様、特に高レバレッジのポジションをお持ちの法人の方におかれましては、口座管理につき十分ご注意のほどお願いいたします。

●注目ポイント
外為どっとコム総合研究所 調査部長 神田卓也

リラ/円は、今月11日から8日続落となり、22日には13.614円前後まで下値を切り下げて過去最安値を更新。日本の4連休中に円高に振れた影響もあるが、やはりトルコの政策金利がインフレ率を下回る「実質マイナス金利」の状態にある事や、リラ防衛の原資である外貨準備が不足している点などがリラ安圧力を高めている。
地中海のガス田開発を巡り、ギリシャとの間で緊張が高まっている事もリラの重しとなっている。なお、大手格付け会社ムーディーズは今月、トルコの格付けを投資適格級を5段階も下回るB2に引き下げ、さらに「国際収支危機が起きるおそれがある」と警告した。

トルコ中銀の政策金利発表が24日に予定されている。市場予想は8.25%の据え置きが大勢だが、一部にはリラ安に歯止めをかけるため利上げを見込む向きもあるようだ。
トルコ中銀は8月会合で、政策金利を据え置きつつも流動性を絞るなどの措置を講じたが、そうした裏口的な引き締めではリラ安を止められなかった。仮に今回、トルコ中銀が利上げに動けばリラはひとまず反発すると考えられるが、低金利至上主義のエルドアン大統領の手前、表立った利上げも難しいのが実情だ。大方の予想通りの据え置きであれば、もう一段のリラ安圧力がかかる可能性がある。
その他、トルコとギリシャはドイツの仲介で、緊張緩和に向けた予備的協議を開催する事になった模様だ。日程や形式については現在協議中との事だが、これらの続報にも注意を払っておきたい。

FX入門デモトレードバトルアプリ『Be a trader!』第六回トレードバトルを9月21日より開催![20/09/23]

当社は、投資初心者でもゲーム感覚でFXが学べるFX入門デモトレードバトルアプリ『Be a trader!』にて、9月21日より第六回『Be a trader!トレードバトル』を開催いたしましたので、お知らせいたします。

ご好評をいただいておりました第五回『Be a trader!トレードバトル』と同様に、今回も豪華賞品を用意しております。
このデモトレード体験、トレードバトルを通してFXに興味をもたれた方は、AKB48の武藤十夢さんらが出演するアプリ内のコンテンツ(FX予備校、FXがイチから分かるQA、若い世代で活躍するトレーダーのインタビューなど)で、FXを楽しく学ぶことができます。

外為どっとコムでは、こうした“まずはデモ体験→学ぶ→実際に始める→世界情勢(政治・経済)に興味を持つ”という流れで、FX取引を通じて自分自身の成長に繋げることを狙いとしています。

今後も外為どっとコムでは、お客様とFXとのいい出会いのきっかけとなり、FXを通じて人生がよりよく豊かなものになるお手伝いができるよう、引き続き全社一丸となって各種機能・サービスのさらなる拡充に注力いたします。

プレスリリース(PDF:324KB)】

マネ育チャンネルTwitterフォロー&RTキャンペーンを9月23日より開催![20/09/23]

マネ育チャンネルTwitterをフォロー&RTで、戸田裕大著『米中金融戦争 香港情勢と通貨覇権争いの行方』を抽選で10名様にプレゼントするキャンペーンを実施しております。

マネ育チャンネルTwitterでは、マネーを育てよう!をテーマに、外為どっとコム総合研究所に所属する研究員が執筆するオリジナルレポートのほか豪華講師陣の貴重なFXレポート、個人投資家や著名投資家のインタビュー記事など、バラエティ豊かな記事を配信しています。

キャンペーンの詳細は「マネ育チャンネル」Twitterにてご確認ください。

マネ育チャンネルTwitter:@ManeikuChannel

プレスリリース(PDF:590KB)】

ユーザーID(口座番号)・パスワードの管理と登録情報・各種履歴の確認のお願い[20/09/18]

すでに報道されております通り、第三者が金融機関Webサービス利用者のID・パスワードを入手し、資産を不正に流出させる事例が報告されております。お客様におかれましても、パスワードにつき以下の点にご注意願います。
・ユーザーID(口座番号)やパスワードが第三者に不正入手されないよう適切に管理してください。
・電話番号や生年月日など第三者に推測されやすいパスワードは速やかにご変更ください。
・複数サービスで同じパスワードを使い回さないようご注意ください。

また、ご登録の出金先口座情報やその他登録情報が正しい内容であるかどうか、あわせて入出金履歴・ログイン履歴についても、ご確認をお願い申し上げます。
それぞれの確認手順については、下記特設ページをご参照願います。
https://www.gaitame.com/tofx/attention_202009.html

【お問い合わせ先】
●お問い合わせフォーム: https://www.gaitame.com/inquiry/
●お電話:0120-430-225(受付時間帯:土日を除く07:00〜23:00)

当社口座における出金先金融機関口座オンライン登録・変更受付の一時停止のお知らせ[20/09/18]

すでに報道されております通り、第三者が金融機関Webサービス利用者のID・パスワードを入手し、資産を不正に流出させる事例が報告されております。
当社ではこうした状況に鑑み、当分の間、当社口座におけるオンラインでの出金先金融機関口座の登録・変更受付を一時的に停止し、本人確認済み登録住所への書面郵送による手続きに一本化することとなりましたので、お知らせ申し上げます。
お客様には誠にご不便をおかけいたしますが、なにとぞご理解ご了承を賜りますようお願い申し上げます。
出金先金融機関口座の登録・変更をご希望の場合には、お手数ですが当社サポートセンター(下記)までご連絡ください。
●お問い合わせフォーム: https://www.gaitame.com/inquiry/
●お電話:0120-430-225(受付時間帯:土日を除く07:00〜23:00)

auじぶん銀行 フィーチャーフォンでのサポート終了決定のお知らせ[20/09/04]

auじぶん銀行ではフィーチャーフォン専用のモバイルサイトにつきまして、本年9月12日をもちまして終了いたします。

これに伴い、弊社でも同年9月12日をもちまして同行のフィーチャーフォンからクイック入金がご利用ができなくなりますので、ご報告申し上げます。
日頃より同サービスへのご愛顧をいただいておりますお客様におかれましては、スマートフォンやPC、iPad等からのご利用をお願いいたします。

クイック入金に関する詳細につきましては、下記リンク先ページをご参照願います。
クイック入金サービスについて

米雇用統計発表(9/4)に伴う相場変動・スプレッド拡大等の可能性について[20/09/02]

今週金曜日(9月4日)の午後9時30分には重要経済指標「米雇用統計」の発表が予定されており、その発表結果次第では為替相場が急変動する可能性がございます。

なお上記の影響を受ける期間においては、実勢インターバンクレートのスプレッド(BidとAskの差)も平常時に比べ拡大傾向となる見通しであり、その際には当社でもやむなくスプレッドを一時的に拡大させていただく場合がございます。また相場状況により「ダイレクトカバーの対象となる注文」の基準Lot数(最低数量)を一時的に変更させていただく場合がございますので、あらかじめご承知おきくださいますようお願いいたします。

※スプレッド拡大時には、これに伴う評価レートの変動により通常スプレッド時よりも口座の有効比率が低下します(両建状態であっても同様です)。このとき、口座状況によっては有効比率がロスカットレベルを下回る可能性がございますので口座管理には十分ご注意願います。

最短当日取引可能!

お申込みの際は「本人確認書類・マイナンバー確認書類」をご用意ください。

新規口座開設で
最大103,000  キャッシュバック