お知らせ

英国EU離脱協定案の英議会採決(1/15)に伴う相場変動・スプレッド拡大等の可能性について[19/01/11]

1月15日(日本時間16日午前4時)に、英国の欧州連合(EU)離脱を巡り、メイ英首相がEUと合意した離脱協定案に対する英議会の採決が予定されています。その内容次第では同期間中の為替相場が急変動する可能性がございます。

なお上記の影響を受ける期間においては、実勢インターバンクレートのスプレッド(BidとAskの差)も平常時に比べ拡大傾向となる見通しであり、その際には当社でもやむなくスプレッドを一時的に拡大させていただく場合がございます。また相場状況により「ダイレクトカバーの対象となる注文」の基準Lot数(最低数量)を一時的に変更させていただく場合がございますので、あらかじめご承知おきくださいますようお願いいたします。

※スプレッド拡大時には、これに伴う評価レートの変動により通常スプレッド時よりも口座の有効比率が低下します(両建状態であっても同様です)。このとき、口座状況によっては有効比率がロスカットレベルを下回る可能性がございますので、ポジションをお持ちのお客様、特に高レバレッジのポジションをお持ちの法人の方におかれましては、口座管理につき十分ご注意のほどお願いいたします。

●注目ポイント
外為どっとコム総合研究所 調査部長 神田卓也

英国の欧州連合(EU)離脱を巡り、メイ英首相がEUと合意した離脱協定案に対する英議会の採決が15日に行われます。メイ首相は、大差で否決される可能性が高いとして昨年末の採決を延期しましたが、その状況は大きく変わっていません。今回も、否決されたからといってすぐに「合意なき離脱」に繋がるわけではありませんが、離脱が3月29日に迫っているだけに不透明感が一段と強まる事は避けられないと見られます。ポンドが急落するリスクもあるため、連休中も関連報道に気を配っておきたいところです。

オウンドメディアサイト『外為情報ナビ』オープンのお知らせ[19/01/11]

この度当社では、当社会員向けプレミアム為替情報サイト『外為情報ナビ』の内容を大幅にリニューアルして、一般の方向けコンテンツとして、「外国為替をもっと身近に」をテーマに外国為替にまつわる情報を発信するオウンドメディアサイト『外為情報ナビ』をオープンいたします。

【リリース予定日】
・2019年1月19日(土)

【主なリニューアル内容】
・外為注文情報(板情報)をはじめ売買比率やポジション比率を一般公開しました。
・個人投資家のインタビュー記事や特集企画などバラエティ豊かなトピックを追加しました。
・テクニカル分析用高機能チャートを導入しました。
・13種類以上の経済レポートをご用意しました。
・どなたでもご利用いただけるようになりました。※一部当社会員様限定のコンテンツがございます。

今後も当社では、お客様よりお寄せいただいたご要望をもとに、新機能・サービスを続々と導入してまいります。ご期待ください。

外為情報ナビの特徴

1/26『外貨ネクストネオ』「ロスカット設定」機能導入に伴うロスカットルール変更のお知らせ[19/01/11]

別途お知らせしております通り、当社では本年1月26日(土)の「ロスカット設定」機能導入に伴い、同日付で『外貨ネクストネオ』におけるロスカットルールを以下の通り変更することとなりましたので、お知らせいたします。
【変更前】
毎営業日の全取引時間帯において、口座の「有効比率」が100%を下回った際に随時ロスカットを執行し、全ポジションを強制決済
【変更後】
毎営業日の全営業時間帯(一部時間帯を除く※)において、口座の「有効比率」がお客様任意の「ロスカットレベル」(100%〜50%)を下回った際に随時ロスカットを執行し、全ポジションを強制決済
※毎営業日の取引時間終了時刻の直前1時間以内に限り、「ロスカット設定」の設定値にかかわらず有効比率が100%を下回った際にロスカットを執行

本変更を含む「外国為替保証金取引説明書(外貨ネクストネオ)」の同日付改訂版につきましては、明日・12日より『外貨ネクストネオ』リッチアプリ版、Webブラウザ版、スマートフォン版およびiPad版のログイン時に表示される同意確認画面に掲出いたします。お客様におかれましては改訂内容につきご一読のうえ、ご同意を賜りますようお願い申し上げます。

1/26『外貨ネクストネオ』「ロスカット設定」「決済オプション設定」機能のリリースのお知らせ[19/01/11]

当社では本年1月26日(土)より、『外貨ネクストネオ』にて「ロスカット設定」および「決済オプション設定」機能を新たに提供することとなりましたので、お知らせいたします。

■「ロスカット設定」機能
ロスカット執行の基準とする有効比率の値(ロスカットレベル)を、100%〜50%の間で10%刻みに設定できます(現在は一律100%固定)。本機能の提供開始時点での初期設定は一律で100%です。
※本機能の導入とあわせて、同日付で『外貨ネクストネオ』のロスカットルールを変更いたします。詳細につきましては別途本日付での案内をご参照願います。

■「決済オプション設定」機能(以下全3種)
●反対売買時の決済順序
対象ポジションを指定しない決済注文が約定したときに、その決済の対象とするポジションの優先順位を「約定日時の古い順」「約定日時の新しい順」「評価益の大きい順」「評価損の大きい順」のいずれかから選択できます(現在は「約定日時の古い順」に固定)。
●反対売買時のオプション
対象ポジションを指定しない決済注文が約定したときに決済の対象となるべきポジションのうち、すでにそのポジションを指定した決済注文が存在するものに限り、決済の優先順位を後回しにするかどうかを選択できます(現在は優先順位の設定なし)。
●一括決済・全決済の部分約定
一括決済注文における決済対象ポジションのLot数合計、または全決済注文における1種類以上の同一通貨ペア・同一売買区分別でのLot数合計が「一度に発注できるLot数上限」(5,000Lot)を上回っていた場合に、該当範囲のポジションを部分決済することで発注可能とするかどうかを選択できます(現在は一律発注不可)。

設定方法やその他の詳細につきましては、追って当社ホームページ等にてご案内いたします。

2019年 新年のご挨拶[19/01/01]

新年、あけましておめでとうございます。
本年も外為どっとコムをよろしくお願いいたします。

2019年 新年のご挨拶