米雇用統計 2022年5月6日(金)の結果と解説

米雇用統計予想と結果

米雇用統計発表時の相場

米労働省が2022年5月6日に発表した4月雇用統計の主な結果は、非農業部門雇用者数42.8万人増、失業率3.6%、平均時給31.85ドル(前月比+0.3%、前年比+5.5%)という内容であった。

4月の非農業部門雇用者数は前月比42.8万人増と市場予想の38.0万人増を上回った。業種別では、引き続きレジャー・接客の増加が目立ち全体をけん引。製造業などでも幅広く雇用が増加した。3月分は42.8万人増へ、2月分も71.4万人増にそれぞれ下方修正された。このため、雇用情勢を基調的に見る上で重視される3カ月平均の増加幅は52.9万人となり、前月時点の54.9万人から伸びがいくぶん鈍化した。

4月の失業率は3月から横ばいの3.6%となり、市場予想の3.5%を上回った。フルタイムの職を希望しながらパート就業しかできない人なども含めた広義の失業率である不完全雇用率(U-6失業率)は、7.0%と3月から0.1ポイント上昇した。労働力人口に占める働く意欲を持つ人の割合である労働参加率は62.2%へと0.2ポイント低下した。市場は62.5%への上昇を予想していたが、労働市場からの退出者が予想以上に増加した。

4月の平均時給は31.85ドルで、伸び率は前月比+0.3%、前年比+5.5%と、おおむね予想(+0.4%、+5.5%)通りであった。3月の+0.5%、+5.6%からやや鈍化したが、前年比の伸びは高水準での推移が続いた。人手不足による賃金上昇圧力は加速こそしなかったが高止まりしている。

米雇用統計発表時の相場

今回の米4月雇用統計は、米連邦準備制度理事会(FRB)の積極的な引締め策を正当化する内容と言えるだろう。労働参加率の低下は予想外であったが、労働市場への参加者が減少したことは、企業の採用活動を困難にするため賃金の上昇要因になり得る。景気の過熱を予防するためにもFRBは6月以降も利上げを行う可能性が高まったと判断できる。FRBとしては、現在0.75%〜1.00%の政策金利を早めに中立水準(景気を過熱させず冷ましもしない均衡水準で、現状は2.50%程度と推定されている)まで引き上げたい意向だ。6月の米連邦公開市場委員会(FOMC)でも50bpの追加利上げに動く公算が大きい。75bpの大幅利上げの可能性も排除できないだろう。そうした見方に沿って米国債利回りは4月雇用統計後に上昇した。米国株は米国債利回りの上昇を嫌気して下落。米ドルは対円ではやや強含んだが対ユーロでは下落するなどマチマチの動きだった。

2022年5月6日の米雇用統計セミナー録画を配信

円安トレンドはどこまで続く!?日銀とFRBの金融政策から為替相場を読み解く

●当社主催のセミナーについて
  • ※本コンテンツにて紹介するセミナーは、外為どっとコムが主催するセミナーです。セミナーにおきましては、FX(外国為替保証金取引)の簡単な紹介・説明をさせていただきますので、あらかじめご了承のうえ、ご参加くださいますようお願い申し上げます。またこれらのセミナーは、投資判断の参考となる情報の提供を目的として開催するものです。投資方針や時期選択等の最終決定はご自身で判断されますようお願いいたします。
  • ※障害時には動画配信を中止させていただく場合がございます。
●チャットのご利用について
  • ・チャットの利用についてはこちらをご覧ください。
  • ・Googleアカウントを本名で作成されている場合、YouTubeでコメントをした時などにそのまま本名で表示されます。詳細につきましては、YouTubeのヘルプよりご参照ください。
  • ・パソコン以外の端末にて視聴される場合、チャット欄が表示されないケースがございます。この場合はYouTubeのアプリより、チャットをご利用ください。

米国 経済指標(失業率・非農業部門雇用者数)過去の推移

●免責事項
本ウェブサイトに掲載する情報には充分に注意を払っていますが、その内容について保証するものではありません。また本サービスは、投資判断の参考となる情報の提供を目的としたものであって、投資勧誘を目的として提供するものではありません。投資方針や時期選択等の最終決定はご自身で判断されますようお願いいたします。なお、本サービスの閲覧によってに生じたいかなる損害につきましても、当社は一切の責任を負いかねますことをご了承ください。

最短当日取引可能!

お申込みの際は「本人確認書類・マイナンバー確認書類」をご用意ください。

新規口座開設で
最大302,000  キャッシュバック