損切りとは?FX取引における損切りの目安を紹介

損切りとは?

損切りとは?

FXでは「利益を大きくする方法」が重視されがちですが、同時に「損失を小さくする方法」も非常に重要です。

例えば、「利益が20万円、損失が25万円」と「利益が13万円、損失が3万円」の二つのパターンを比べてみましょう。利益の合計は前者が多いものの、トータルの損益は前者がマイナス5万円、後者がプラス10万円となり、最終的には後者の方がより多くの利益を獲得しています。このように、たとえ利益単体が大きかったとしても、大きな損失を出すとトータルの損益が減ってしまうことがあります。

しっかりと利益を出すためには、まず損失を小さく抑えなければいけません

しっかりと利益を出すためには、まず損失を小さく抑えなければいけません。そのためには、損失が拡大する前に決済する「損切り」の素早い判断と実行が求められます。

損切りの目安をどう考えるか

トレーダーの中には、「FXでは損切りが重要だ」と聞いてはいるけれど、その適切なやり方は分からず、感覚で損切りしている人も多いかもしれません。しかし損切りを感覚的に行っていると、感情に左右されて損切りの適切な値幅やタイミングを誤る可能性があります。

適切な損切りには明確な判断基準が欠かせません。この判断基準は値幅や損失額のほか、テクニカル分析で決めるのもおすすめです。自分に合った基準を見つけて、感覚に頼らず適切に損切りをできるようにしましょう。

値幅で判断する

損切りの判断基準としてよく用いられるのが「値幅」です。この場合の値幅とは、新規注文時の価格から動いたレートの数値を指します。

値幅による損切りの例を挙げると、たとえば買いの新規注文後に「50銭下がったらその時点で決済する」という方法が考えられます。

買値から50銭下で損切り

実際の値幅をどう決めるかは悩みどころですが、「直近の安値」や「注文時の価格から5%下がったレート」などを基本に、通貨ペアや相場のパターンに応じて基準を設けるといいでしょう。

損失額で判断する

値幅のほかに、「損失額」を基準にする方法もあります。たとえば買いの新規注文後に「損失額が1万円に達したら損切りする」というルールを設けます。

損失額1万で損切り

損失額はなにより見た目が明確なため、初心者の方も損切りを判断しやすいかもしれません。ただし、一つ大きな注意点があります。それは「損失額にばかり目をとらわれていると冷静な判断がしにくくなる」ということです。

損失確定はただでさえ抵抗を感じるものです。具体的な損失額を決めていても、いざ含み損を具体的な金額で見てしまうと取り戻したい気持ちが強くなり、せっかく決めた損切りルールを破ってしまう可能性があるのです。そして損切りを先延ばしにしながら粘り続けた結果、さらに損失が膨らんでしまう危険もあります。

損切りはルールを守って実行しなければ意味がありません。特に損失額を基準にするときには、損失回避への思惑に流されてルールを破ってしまうことがないよう、強く心がけましょう。損失額を見てしまうとルール通りに損切りする自信がないという人は、ほかの方法を検討してみてもよいかもしれません。

トレンド分析を基準に判断する

テクニカル分析でトレンド系の指標を使って損切りタイミングを判断する方法もあります。よく使われるのは移動平均線やトレンドラインで、「チャートがラインをしっかりと下回ったら(または上回ったら)損切りする」という方法です。

トレンド分析で損切り

注意点として、チャートはラインを下回ったり上回ったりしても、すぐにまた戻すパターンが挙げられます。この方法を使うときはまず焦らずに、チャートの動きをよく見極めて判断する必要があります。

損切りに便利な注文方法

今まで見てきた判断基準をもとに損切りルールを決めたとしても、損切りを準備したままずっと相場を監視し続けるのは困難でしょう。

そこで便利なのが「逆指値注文」です。逆指値注文とは現在のレートよりも不利なレートを指定して発注する注文方法で、ストップ注文とも呼ばれます。許容できる損失の限界点を決め、その価格で決済注文を予約することで、限界点以上に損失が膨らまないようにする注文方法です(※1)。

損切りルール

損切りを確実に、ルール通りに実行するためには、逆指値注文が強い味方になります。注文の特性をしっかりと理解し、通貨ペアや相場の動きに応じて適切に使いこなせるようになりましょう。逆指値注文について、詳しくはこちらご覧ください。

  • ※1 逆指値注文(ストップ注文)では、実勢レートが指定レートに到達してから執行されるため、相場変動によっては指定レートより制限幅なく、その時点の実勢に基づく大幅にかい離したレートで約定する場合があります(スリッページの発生)。その場合には、お客様にとって想定以上に不利なレートで約定することがありますので十分にご注意ください。

損切りができる人とできない人の特徴

損切りができる人とできない人はどう違うのでしょうか?下図の例を見てみましょう。

損切りができる人とできない人の特徴

相場が上昇すると予想して1万米ドルを買ったものの、その後レートは50銭下がってしまいました。左の図に示したように、この時点で損切りすれば、損失を5,000円に止めることができます。これは資金面のダメージを小さく抑えられるだけでなく、気持ちを切り替えて次の局面に素早く取り組むことで取引の機会損失を防ぐことにもつながります。

一方、右の例では「そのうち相場が上昇するかも」と考えてポジションを放置した結果、2万円の損失を出してしまいました。損失額が大きいだけに失意も深く、重いメンタルを引きずりながら次の取引も不安定な状態で臨むことになります。

このように損切りに失敗する人の特徴は、損失を100%避けたいと考えている点にあります。そのため、早めに損切りするよりも相場が好転して完全に含み損がなくなるのを待つという行動をとってしまい、結局損失を大きくしてしまうのです。

それに対して損切りを適切に行える人は、損失はゼロにするのではなく、できるだけ小さくするべきものだと理解しています。プロのトレーダーが早めに損切りして損失を最小限に抑えることができるのはそのためです。安定して利益を上げるトレーダーになるには、まずは損失を小さく抑えるために、感情に流されず冷徹に損切りを判断する習慣を身に着ける必要があります。

「FXの損切りの重要性を理解して損切りマスターになろう!」岩田仙吉

「FXの損切りの重要性を理解して損切りマスターになろう!」岩田仙吉

FXはトータルでプラスにすることが大切

FXで利益を大きくするには損をしなければいい。これは当たり前ですが、かといって損失ゼロに囚われすぎると、かえって大きな損失につながる可能性があることはこれまで見てきたとおりです。
安定して継続的な利益を目指すのであれば、「損失は必ず発生するコスト」と捉えてみることが近道かもしれません。そのコストを適切な損切りによって最低限に抑えることができれば、結果的にトータルで利益を伸ばすこともできるはずです。
損切りは決めたルールをしっかり守り、躊躇なく実行する。この意識をしっかり持って、適切な損切りを習慣づけていきましょう。

まとめ:ルールを決めて損切りを行い、損小利大の取引をできるようになろう。

最短当日取引可能!

お申込みの際は「本人確認書類・マイナンバー確認書類」をご用意ください。

新規口座開設で
最大103,000  キャッシュバック