テスト:確認用2 告知バナーテスト(GCOM) 告知バナー5_6月3日終了 告知バナー4_6月3日終了 告知バナー3_6月3日終了 告知バナー2_6月3日終了 告知バナー1_6月3日終了 テスト:確認用

トルコリラ/円長期投資シミュレータ

シミュレーションご利用にあたり

  • 本シミュレーションについて
  • トルコリラを含む通貨ペアの特性について

前提条件(現在の「トルコリラ/円」買いレート・スワップポイント)

買いレート -
1万通貨あたりスワップポイント -

運用資金・レバレッジ・期間
(※お客様にてご選択いただけます。)

運用資金
レバレッジ
運用期間
●運用シミュレーション期間
-
●取引数量
-
●運用開始時点の必要保証金額
-

長期投資シミュレーション結果

運用期間中のスワップポイント合計 -
(取引数量(-)分の1日あたりスワップポイント合計:-

買いレート「」のときのロスカットレート

ロスカットレート ※1
(すべてのポジションが強制決済となるレート)
売りレート 下落幅
(運用開始時点) - -
-年後の時点) - -
スワップポイントが帳消しになるレート※2
売りレート 下落幅
-年後の時点) - -
  • 本シミュレータでは、「有効比率」(=有効評価額÷必要保証金額)が、100%を下回った際にロスカットが執行されるシミュレーションを行います。
  • その時点でのスワップポイント合計(スワップ評価)と、含みの為替差損(スポット評価)との合計金額(評価損益)が「0円」となるような評価レートのことを指します。

[参考]運用期間(-年間)のスワップポイント合計とロスカットレートの推移

『運用資金・レバレッジ・期間』
を選択いただくと
ここにグラフが表示されます。

ご注意
●本シミュレーションについて
  • スワップポイントは日々変化します。本シミュレーションでは、運用期間中に本シミュレーションの前提条件にある「トルコリラ/円」1万通貨あたりスワップポイントが変動しなかったと仮定した場合の計算です。
  • 通貨ペアを構成する通貨のうち、相対的に高金利の通貨を売った場合、または相対的に低金利の通貨を買った場合には、その取引数量相当のスワップポイント(通貨ペアを構成する両通貨の金利差の調整額)の支払い額が日々蓄積され、時間の経過に比例して損失額が大きくなりますのでご注意ください。また、現時点でスワップポイントを受け取れるポジションであっても、将来にわたって通貨ペアを構成する両通貨の金利差が縮小または逆転した場合には、その受け取り金額が縮小したり、反対に支払いへと転ずる可能性がございます。
  • 本シミュレーションにより利用者の皆様に生じたいかなる損害についても、外為どっとコムは一切の責任を負いかねますことにつき、あらかじめご承知おきくださいますようお願いいたします。
●トルコリラを含む通貨ペアの特性について
  • トルコリラを含む新興国通貨はインターバンク(銀行間為替市場)での流動性が相対的に低く、金融政策変更や経済指標の予想外の結果による突発的な急変動が主要国通貨に比べ起こりやすい環境下にございます。また新型コロナウイルス感染拡大や地政学的リスクの増大などを受けて、新興国通貨においては特に乱高下が発生しやすい地合いとなっております(2021年2月現在)。 トルコリラを含む通貨ペア のお取引に際しては以上につきあらかじめご留意のうえ、ポジション保有時、特に法人会員様の高レバレッジ取引における口座管理には十分ご注意くださいますようお願い申し上げます。