FXの取引時間は?活発に動きやすい時間帯や取引できない時間帯も紹介

FXの取引時間

「FXは何時から何時まで取引できるの?」という疑問をお持ちの方もいるかもしれません。本記事では、FXの取引時間や取引ができない時間帯などについて詳しく紹介します。

原則平日・祝日(元旦は除く)のほぼ24時間取引可能

FXは原則平日・祝日(元旦は除く)のほぼ24時間取引することが可能です。FXの市場は一日を通して時間の経過とともに東京、香港、シンガポール、ロンドン、ニューヨークといった世界の各都市で順次開かれており、24時間眠ることはありません。そのおかげで、会社から帰宅した後や真夜中などでも、その人のライフスタイルに合わせた取引が可能です。

FXの取引時間帯

クリスマスは営業時間を短縮する可能性が高い

FXは祝日でもほぼ24時間取引できますが、クリスマスは営業時間を短縮する可能性が高いです。なぜならば欧米の多くの国や地域がクリスマスを休日と定めており、とりわけ大きい取引量を誇るニューヨークやロンドン市場が休場となるからです。市場の流動性も減り突発的な値動きが発生するリスクもあるため、積極的な取引は控えたほうがいいかもしれません。

FXの取引ができない時間

原則平日・祝日(元旦は除く)のほぼ24時間取引できるFXですが、以下のとおり取引ができない時間も存在します。

それぞれ詳しく紹介します。

土日

土日はFX会社がお休みのため、取引を行うことは出来ません。もっとも市場は中東のようにキリスト教文化の影響を受けない地域(※1)を中心にわずかに動いているのですが、基本的にはストップしていると考えていいでしょう。

  • ※1 イスラーム圏のなかには休みが土日ではなく金曜日としている国もあります。

ただし週末に深刻な事件や重大な出来事が起こった場合には、週明けの月曜日に大きく相場が動いてチャートに隙間ができる窓(ギャップ)が発生することがあります。そのときに週末にポジションを持ち越していると、相場が思惑とは反対方向へ飛ぶように上下動して損失が出てしまう可能性もあります。

年末年始(元旦)

年末年始(元旦)はFX会社がお休みのため、取引を行うことは出来ません。また元旦は世界中でもNew Yearとしてお休みとなるので、外国為替市場も動きません。

FXには夏時間(サマータイム)と冬時間(米国標準時間)がある

FXでは米国のサマータイム制度に伴い、時期によって取引時間帯が異なります。

夏時間(サマータイム) 冬時間(米国標準時間)
3月第2日曜日〜11月第1日曜日 11月第1日曜日〜3月第2日曜日

また、外為どっとコムの夏・冬取引時間は以下の通りです。

夏時間(サマータイム) 冬時間(米国標準時間)
月曜日午前7時〜土曜日午前5時55分 月曜日午前7時〜土曜日午前6時55分

取引時間帯はFX各社によって異なるので、取引する前に確認をしておきましょう。

値動きが活発になりやすい時間帯

FXは24時間取引を行うことができますが、いつでも活発に動いているわけではありません。流動性が少なく値動きが小さくなる時間帯も存在します。短期取引の場合、このような値動きが少ない時間帯で効率よく利益を出すことは難しいかもしれません。ここでは、値動きが活発になりやすい時間帯を紹介します。

東京市場

東京市場の時間帯に公式の定義はありませんが、一般的に8時から17時までを指すことが多いです。主に日本、中国、オーストラリア、シンガポールなどの市場参加者が取引を行っています。午前9時55分には基準レート(TTM)を決める「仲値」が発表され、実需筋を中心に取引が発生して値動きが活発になることもあります。

特にゴトー日と呼ばれる5と10がつく日(5日、10日、15日など)は企業の決済日が多く、取引先に支払うドルが大量に必要になることから、ドル高・円安になりやすいといわれています。この傾向を利用して、東京市場で仲値に注目しながら取引するトレーダーもいるようです。

ロンドン市場

ロンドン市場は日本時間の16時〜26時(冬時間は17時〜27時)を指し、ヨーロッパ勢が中心となり取引を行います。ユーロ(EUR)やポンド(GBP)などの通貨が積極的に取引され、値動きが活発になる傾向があります。

国際決済銀行(BIS)によると2019年の国別為替取引量ランキング・シェア推移では、イギリスが43.1%と世界一の取引量を誇っています(※2)。ロンドン市場で値動きが活発になりやすい一つの証左といえるでしょう。

また21時以降(冬時間は22時以降)はニューヨーク市場とも被る時間帯であり、1日の中で取引が活発な時間帯です。仕事で忙しく日中はチャートが見られないという方は、この時間帯での取引を検討してもいいでしょう。

  • ※2 出所:「Triennial Central Bank Survey of Foreign Exchange and Over-the-counter (OTC) Derivatives Markets in 2019、 September 2019」

ニューヨーク市場

ニューヨーク市場は日本時間の21時〜早朝6時(冬時間は22時〜早朝7時)を指し、アメリカ勢が中心となり取引を行います。米ドル/円のほか、ユーロ/米ドルなど、ドルストレートと呼ばれる通貨ペアも積極的に取引されます。

ニューヨーク市場では高い頻度で米国の重要な経済指標が発表されます。特に毎月第一金曜日(原則)に発表される米雇用統計は今後の相場の流れを決める重要な経済指標の一つとして注目です。また、ニューヨーク市場の取引量は第二位ですが、前述のようにロンドン市場と被るために値動きが格段に動きやすい時間帯であることも併せて覚えておきましょう。

値動きが小さい時間帯

上記では値動きが活発になりやすい時間帯について紹介しましたが、反対に値動きが小さくなりやすい時間帯について紹介します。

日本時間の早朝

日本時間の早朝である6時〜7時くらいは、流動性が少なく値動きが小さくなる傾向があります。しかし、投機筋などが大きな取引を持ち込むと突発的に急騰・急落するリスクがある時間帯でもあります。また、FX会社のスプレッドも広くなる傾向もあります。日本時間の早朝での積極的な取引は控えたほうがいいかもしれません。

重要な経済イベントの前

米国の雇用統計や主要国のGDPなど重要な経済指標の発表前は、値動きが小さくなる傾向があります。また、中央銀行による政策金利の発表前や主要国首脳、中銀総裁の講演といった要人発言の直前も同様です。ただし、このような経済イベントの通過後は一転して値動きが活発になり、リスクも高まるので要注意です。

経済指標の確認はこちら

外為どっとコムの取引時間

外為どっとコムが提供するFXサービス「外貨ネクストネオ」の取引時間は、以下の通りです。

夏時間

月曜日 火曜日〜金曜日 土曜日 日曜日
取引時間 午前7:00〜
翌日午前5:55
午前6:10〜
翌日午前5:55
システムメンテナンス 午前5:55〜
午前6:10[1]
午前5:55〜
午前7:30[3]
注文
発注可能時間
マーケット注文/
成行注文
午前7:00〜
翌日午前5:55
午前6:10〜
翌日午前5:55
上記以外の注文 午前7:00〜
翌日午前6:00
午前6:00〜
翌日午前6:00[2]
午前7:30〜
翌日午前6:00
午前6:00〜
翌日午前7:00
時間指定注文の指定可能時間 午前7:16〜
翌日午前5:44
午前7:16〜
翌日午前5:44
振替可能時間 午前7:00〜
翌日午前5:45
午前6:16〜
翌日午前5:45
午前7:36〜
翌日午前6:00
午前6:00〜
翌日午前7:00
スワップポイント振替可能時間 午前7:00〜
翌日午前5:45
午前6:16〜
翌日午前5:45
午前7:36〜
翌日午前6:00
午前6:00〜
翌日午前7:00
報告書(PDF)出力可能時間 午前7:00〜
翌日午前5:45
午前6:16〜
翌日午前5:45
午前7:36〜
翌日午前6:00
午前6:00〜
翌日午前7:00
  • [1] ログインしたままの状態でシステムメンテナンスを迎えた場合には、同時間帯中に自動ログアウト処理がなされます。
  • [2] 火〜金曜日のシステムメンテナンス時間帯(午前5:55〜午前6:10)は、一時的にご利用いただけない時間帯がございます。
  • [3] 土曜日午前6:00〜同7:30は取引画面へのログインができません。メンテナンス作業の進行状況によっては、終了時刻を上記よりも延長させていただく場合がございます。

冬時間

月曜日 火曜日〜金曜日 土曜日 日曜日
取引時間 午前7:00〜
翌日午前6:55
午前7:10〜
翌日午前6:55
システムメンテナンス 午前6:55〜
午前7:10[1]
午前6:55〜
午前8:30[3]
注文
発注可能時間
マーケット注文/
成行注文
午前7:00〜
翌日午前6:55
午前7:10〜
翌日午前6:55
上記以外の注文 午前7:00〜
翌日午前7:00
午前7:00〜
翌日午前7:00[2]
午前8:30〜
翌日午前7:00
午前7:00〜
翌日午前7:00
時間指定注文の指定可能時間 午前7:16〜
翌日午前5:44
午前7:16〜
翌日午前5:44
振替可能時間 午前7:00〜
翌日午前6:45
午前7:16〜
翌日午前6:45
午前8:36〜
翌日午前7:00
午前7:00〜
翌日午前7:00
スワップポイント振替可能時間 午前7:00〜
翌日午前6:45
午前7:16〜
翌日午前6:45
午前8:36〜
翌日午前7:00
午前7:00〜
翌日午前7:00
報告書(PDF)出力可能時間 午前7:00〜
翌日午前6:45
午前7:16〜
翌日午前6:45
午前8:36〜
翌日午前7:00
午前7:00〜
翌日午前7:00
  • [1] ログインしたままの状態でシステムメンテナンスを迎えた場合には、同時間帯中に自動ログアウト処理がなされます。
  • [2] 火〜金曜日のシステムメンテナンス時間帯(午前6:55〜午前7:10)は、一時的にご利用いただけない時間帯がございます。
  • [3] 土曜日午前7:00〜同8:30は取引画面へのログインができません。メンテナンス作業の進行状況によっては、終了時刻を上記よりも延長させていただく場合がございます。

外為どっとコムの取引時間をより詳しく知りたい方はこちら

まとめ:FXは土日と年末年始を除いてほぼ24時間取引が可能。各時間帯の特徴をつかんで自分に合った取引をしましょう。

動画で見たい方へ!3分でFXを解説!

これからFXをはじめる方、はじめたい方、必見!超ベテランディーラー酒匂隆雄さんに3分でわかりやすく解説していただきます。

超ベテランディーラーが解説!はじめてのFXはこちら!

最短当日取引可能!

お申込みの際は「本人確認書類・マイナンバー確認書類」をご用意ください。

新規口座開設で
最大103,000  キャッシュバック