中級編1 注文方法 スリッページとは?発生する原因と対策を紹介

スリッページとは?

FXでは、注文発注時に提示されていたレートと実際に約定したレートとの間にずれが生じることがあります。このずれを「スリッページ」といいます。

スリッページが発生する原因

スリッページは、トレーダーが発注してからその注文がFX会社のサーバーに到達(約定)するまでの間にレートが変わってしまった場合に発生します。発注から約定までの時間はごくわずかですが、相場は常に変動しているため、短い時間でもレートが動いてしまうことがあるのです。

スリッページが発生する原因

スリッページは相場の値動きが激しいと発生しやすくなります。米雇用統計など重要経済指標の発表前後、大型経済イベントや災害・重大事件の発生時は値動きが大きくなりやすく、スリッページ発生のリスクが高まるため注意しましょう。

不利なスリッページの対策

不利なスリッページを回避する方法として、注文するときにスリッページのずれ幅をどこまで許容するか設定できる「マーケット注文」という注文方法があります。

マーケット注文でスリッページの許容値を設定しておけば、注文を出した後に許容値を超えて不利な方向へレートがずれた場合、注文は不成立となります。また、外為どっとコムのマーケット注文では、トレーダーにとって有利な方向へレートがずれた場合は、設定したスリッページの許容値に関係なく注文が成立します。

例えば、マーケット注文でスリッページの許容値を20銭に設定して、100.00円で買注文を出したとします。注文がサーバーに到達するまでの間にレートが100.30円にずれた場合、許容値の20銭を超えるスリッページが発生し、トレーダーにとっては想定していた価格より高い価格で買うことになるため、不利なスリッページとなり注文は成立しません。一方、同様の注文で99.75円にずれた場合は、20銭以上ずれているものの、トレーダーにとっては想定よりも安い価格で買えることになり、有利なスリッページとなり注文は成立します。もちろん、売注文でも同様のルールが適用されます。

不利なスリッページの対策 買注文の場合、売注文の場合

FX会社の中には、設定した許容値を超えるスリッページが発生した場合、トレーダーにとって有利と不利どちらの方向に動いても約定しない会社もあります。外為どっとコムのマーケット注文では、トレーダーにとって有利な方向へ価格がずれた場合は注文が成立する仕様となっており、それだけ利益獲得の局面が増えるともいえます。

許容スリッページはどのくらいに設定すればよいのか?

許容スリッページの目安は取引金額やトレードスタイルなどによって異なり、一概に正解を示すことはできませんが、数pips〜数十pipsくらいに設定されることが多いようです。ちなみに、外為どっとコムのマーケット注文では初期設定を50pipsとしています。

スリッページの許容値は0に設定することも可能です。その場合、少しでも不利な方向にスリッページが発生した場合は全て不成立となります。「発注時に提示されていた通りのレート」または「有利な方向へずれたレート」でのみ約定させ、少しでも不利なスリッページが発生した場合は約定させたくないという場合は、この設定にするとよいでしょう。

ただし、許容スリッページを0に設定すると注文が不成立となりやすくなり、なかなか約定しないかもしれません。そうなると、「早く注文を出さないと損失が拡大してしまう」とか「利益確定のチャンスを逃しそう」といった場面で注文ができなくなるため注意しましょう。

スリッページの許容値は、約定を優先する場合は大きめに、価格を重視する場合は小さめにするなど、そのときどきのニーズに合わせて調整することが大事です。少しずつ実践を積んで感覚をつかんでいきましょう。

最短当日取引可能!

お申込みの際は「本人確認書類・マイナンバー確認書類」をご用意ください。

新規口座開設で
最大103,000  キャッシュバック