FXのレバレッジとは?意味や計算方法、デメリット、リスクなどを詳しく解説

レバレッジとは?

レバレッジとは?

レバレッジとは?

FXにおけるレバレッジとは、担保となる保証金の何倍もの金額を取引することができる仕組みのことです。通常の両替などであれば10万円で10万円分の外貨しか取引できません。

しかし、10倍のレバレッジを使えば10万円の10倍、つまり100万円分の取引を行うことができます。担保となる保証金の何倍もの金額を取引することができることが、レバレッジの大きな特徴です。

国内FXの最大レバレッジは25倍※

金融庁のレバレッジ規制により、国内FXの最大レバレッジは25倍と定められています。例えば、10万円の保証金で最大レバレッジ25倍をかけて取引を行う場合、250万円分の取引を行うことが可能です。

※個人口座の場合

レバレッジの計算方法

初心者の方は、よく「レバレッジはどこで設定するのですか?」という疑問をお持ちのようですが、レバレッジは直接設定するのではなく取引数量や担保となる有効保証金によって決まります。レバレッジの計算式は、以下の通りです。

レバレッジ=(現在の為替レート×取引数量)÷有効保証金

例えば、100,000円の保証金で10,000ドルの取引を行ったとします。仮に1ドル=100円とすると、(100×10,000)÷100,000=10となり、レバレッジは10倍と求めることができます。

レバレッジのメリット

レバレッジのメリット

レバレッジは担保となる有効保証金(証拠金と同義)の何倍もの金額を取引することができると前述しましたが、それこそがレバレッジのメリットです。

例えば1ドル=100円のとき、100,000円の保証金で10,000ドルの取引をすると10倍のレバレッジで取引できることになります。このとき100円でドルを買い、110円でドルを売れば100,000円(差額10円×10,000ドル)の利益となります。

一方、上記と同条件で5,000ドルの取引をするとレバレッジは5倍になり50,000円(差額10円×5,000ドル)の利益です。つまり、高いレバレッジかけることにより、その分得る利益も大きくなり資金効率が良くなります。

レバレッジのリスク・デメリット

レバレッジは取引が成功すれば大きな利益を期待できますが、失敗したときは大きな損失を出す可能性があります。例えば、レバレッジをかけて10万円の利益を得たとしても、取引に失敗したときは10万円の損失を出す可能性もあるのです。レバレッジは闇雲に高くせず、同時に損切りや資金管理などにも気を付けて取引する必要があります。

レバレッジをかけた取引のポイント

レバレッジの活用は大きな利益を狙える半面、大きな損失を出す可能性もあります。そのため、間違った使い方をすれば損失を出す可能性が高くなってしまいます。ここでは、レバレッジをかけた取引のポイントについて紹介します。

ロスカット対策として保証金に余裕を持つ

FX会社にはロスカットという仕組みもあります。ロスカットとは、ポジションの損失がある一定レベルに達したときに、さらなる損失の拡大を未然に防ぐために反対売買を行い強制的にポジションが決済される仕組みです。

レバレッジをかけた取引は損益が大きくなるため、その分ロスカットが実施される確率も高くなる傾向があります。また、取引によっては預けた資金以上の損失を被る可能性もあることを忘れてはいけません。そのため、ロスカットを防ぐためにも保証金は余裕をもって用意しましょう。

高すぎるレバレッジでの取引はリスクが高い

高いレバレッジの取引は利益が大きくなる可能性が高まるという理由から、積極的に行うトレーダーもいるようです。しかし、高いレバレッジでの取引はおすすめしません。相場を読む力や取引スキルが伴っていなければ、大きな損失を出すリスクも高くなるからです。また、高いレバレッジでの取引は損益も大きくなるため精神的に負担もかかります。特に初心者の方は気をつけましょう。

レバレッジに関するよくある質問

ここでは、レバレッジに関するよくある質問にお答えします。

「レバレッジをかける」や「レバレッジを効かせる」とはどういう意味?

一般的に、レバレッジを使って取引することを「レバレッジをかける」や「レバレッジを効かせる」と言います。

レバレッジとロット(Lot)の違いは何ですか?

レバレッジは、担保となる有効保証金(証拠金と同義)の何倍もの金額を取引することができる仕組みのことです。Lotは取引単位です。「レバレッジはどのように設定するの?」という疑問をお持ちの方もいますが、レバレッジはLot(取引数量)でも調整できます。詳しくは、以下の記事を参考にしてください。

FXの1000通貨とは?保証金はいくら必要?10000通貨との違いについても紹介

FX初心者は低レバレッジから取引を始めよう

レバレッジはハイリスク・ハイリターンにもなりうる仕組みです。そのため、FX初心者は低いレバレッジから取引を始めることをおすすめします。比較的大きな利益は得にくくなりますが、その代わり大きな損失を出すリスクを抑えることが可能です。初心者の方は大きな利益を狙うのではなく、まずはFXの取引に慣れることが大切です。レバレッジを5倍、高くても10倍程度の範囲で取引をすることをおすすめします。

まとめ:手元の資金の何倍もの金額の取引を可能にするのがレバレッジ。ただしハイリスク・ハイリターンの面もあるので、FXが初めての方は低いレバレッジから始めましょう。

動画で見たい方へ!3分でFXを解説!

これからFXをはじめる方、はじめたい方、必見!超ベテランディーラー酒匂隆雄さんに3分でわかりやすく解説していただきます。

超ベテランディーラーが解説!はじめてのFXはこちら!

最短当日取引可能!

お申込みの際は「本人確認書類・マイナンバー確認書類」をご用意ください。

新規口座開設で
最大103,000  キャッシュバック