FXのスプレッドとは?変動する要因や取引コストの計算方法を解説

スプレッドとは?

FXのスプレッドとは?

FXにおいてスプレッドは、取引するうえで必ず理解しておくべき基本知識です。これからFXを始める人は、スプレッドの意味や注意点などをしっかりと押さえておきましょう。

スプレッドとは通貨の売値と買値の差

普段ニュースなどで為替レートが報じられる際に、「現在の外国為替市場は1ドル109円10銭から20銭の間で取引されています」などと言われるのを聞いたことがあるかもしれません。

これは「1ドルを買う場合の値段は109円20銭で、1ドルを売る場合の値段は109円10銭である」という意味です。このように、通貨を買う場合と売る場合の値段には差があります。

FXでは為替レートの変化をみながら通貨の売り買いを行いますが、この「通貨を売る時の値段(BID)と通貨を買う時の値段(ASK)の差」をスプレッドといいます。

BidとAsk(売値と買値)

米ドル/円のレートが上図のようになっている場合、売値(BID)と買値(ASK)の差は0.002円なので、スプレッドは0.2銭ということになります。

もしスプレッドがゼロ、つまり売値と買値に差がなかったとしたらどうなるでしょうか。そのような状況だと、トレーダーが通貨を買ってすぐに(レートが変わらないうちに)売った場合、同じ値段で売り買いしただけなので、利益も損失もゼロということになります。

しかし実際にはスプレッドがあり、売値の方が安くなっています。そのため買った後レートが変わらないうちに売った場合、トレーダーにとってはスプレッド分の損失が発生します。ではどうしたら利益を出せるのかというと、レートがスプレッドの値以上に有利な方向へ動けば利益が発生することになります。

そのため、FXでは買値と売値の差であるスプレッドが小さければ小さいほど利益を出せる可能性が高くなります。

FX会社によってスプレッドは異なる

スプレッドは各FX会社がそれぞれ設定しており、会社によってその値は異なります。

前述の通りFXではスプレッドが小さいほど利益を出しやすいため、FX会社選びの際にスプレッドを重視するトレーダーもいるようです。

通貨ペアによってスプレッドは異なる

FXでは「米ドル/円」や「ユーロ/円」など、多数の通貨ペアの中から取引するものを選べますが、通貨ペアによってもスプレッドは異なります。一般的には、取引量の多い通貨ほどスプレッドが小さくなる傾向があります。

特に取引量が多く人気の通貨ペアと言える「米ドル/円」のスプレッドは、各社が狭小化に力を入れ、業界全体で徐々にスプレッドが小さくなってきた歴史があります。

取引する通貨ペアをどのように決めたらよいかわからないという方は、まずは取引量が多くスプレッドも小さい米ドル/円から始めてみるとよいでしょう。

「外為どっとコム」と他社のスプレッドを比較

外為どっとコムでは、人気の通貨ペアのスプレッドを業界最狭水準※Aで提供しています。

  外為どっとコム A社 B社 C社
米ドル/円 0.2銭 0.2銭 0.2銭 1.0銭
ユーロ/円 0.4銭 ※3 0.4銭 0.5銭 2.0銭
ポンド/円 0.6銭 ※3 0.8銭 1.0銭 4.0銭

2021年10月1日時点、各社HPにおいて外為どっとコム調べ

※3 「スプレッド縮小キャンペーン」スプレッド(対象期間:2021年10月4日(月)午前9時〜2021年10月30日(土)午前3時、提示時間帯:対象期間中の各営業日午前9時〜翌午前3時)

ロスカット手数料や口座維持手数料など各種手数料ももちろん0円のため、低コストで取引することができます。

FXのスプレッドで実際のコストはどうなるの?取引コストの計算方法

「スプレッドが0.2銭」などと言われても、実際の取引でどれほどのコストが発生するのかイメージできないという方も多いかもしれません。

FX取引のスプレッドによる実際のコストは、「スプレッド×取引数量」の計算式で求めることができます。

例えば、米ドル/円のスプレッドが0.2銭のときに米ドルを1万通貨取引する場合について考えてみましょう。この場合のスプレッドによるコストは「0.2銭×1万通貨=2,000銭」、つまり20円ということになります。

同じくスプレッドが0.2銭の場合、取引数量が1,000通貨ならコストは2円、10万通貨ならば200円などとなります。

FXのスプレッドが変動する(広がる)要因や時間帯

利用するFX会社のスプレッドが「原則固定」とされていたとしても、常に一定のままというわけではありません。「原則」とついている通り、例外的に変動(拡大)することがあるのです。

原則固定のスプレッドが変動するケースの例としては、次のような場合があります。

重要な経済指標の発表前後

米雇用統計など、重要とされる経済指標の発表前後のタイミングでは、相場で大きな変動が起こり、スプレッドが拡大する場合があります。

突発的なサプライズ報道や経済イベント

災害やテロ、経済に大きな影響を及ぼす事件など、突発的かつ重大な事象が発生した際にも、相場変動によってスプレッドが拡大しやすくなります。

最近の例としては、2020年春に新型コロナウイルス感染拡大による「コロナショック」を受けた大変動がスプレッドに大きな影響を与えました。
また、主要国の首脳や政府高官、中央銀行の総裁といった要人による発言も相場を大きく揺り動かし、こちらもスプレッドの拡大につながります。特に米国の中央銀行にあたるFRB(米連邦準備制度理事会)議長の発言は市場に重く受け止められる傾向があり、相場が神経質に上下動してスプレッドが拡大するケースがみられます。

市場の流動性が少ない早朝や年末年始など

早朝や年末年始など、取引参加者が少なく市場の流動性が下がった際にも、スプレッドは拡大しやすくなります。

このようなタイミングでは相場が急変しやすく、取引のリスクが高まるため、初心者の方はなるべく取引を控えた方がよいでしょう。

FX会社選びの決め手はスプレッドの狭さだけではない

スプレッドはFX会社選びの際に重視されるポイントではありますが、FX会社選びの決め手はスプレッドの狭さだけではありません。

取引や相場分析を行うツールの使いやすさや機能性なども重要です。また、最新の経済ニュースをフォローするための情報コンテンツの充実度や、質問があるときやトラブルがあった場合のサポート体制を重視したい人もいるでしょう。スプレッドだけで判断していると、これらのポイントを見落としてしまうかもしれません。

スプレッド以外にもツールや情報量、サポート体制などFX会社の比較ポイントは多数あります。多種多様な強みやメリットを総合的に考慮してFX会社選びを行うのがおすすめです。

「外為どっとコム」なら原則固定(例外あり)※Aで業界最狭水準のスプレッド

外為どっとコムでは、原則固定(例外あり)※Aで業界最狭水準のスプレッドを提供しています。

※A 本広告は『外貨ネクストネオ』におけるスプレッドを表示するものです。国内外の休日や平日早朝など市場の流動性が低い時間帯、主要経済指標の発表前後、ならびに天災地変または金融・経済関連の重大事件など予期せぬ突発的事象の発生時には、一時的にスプレッドを広告表示値よりも拡大する場合があります。当社のスプレッド表記は、提示率(全取引時間中に占める広告表示値以下のスプレッド提示時間の割合)を基に算出しております。本広告では、1pip=0.0001(米ドル、スイスフラン、豪ドル、英ポンド、カナダドル、NZドル)、1pip=0.001(トルコリラ)として表現しております。提示スプレッドにつきましては、当社の都合により予告なく変更または中止する場合があります。なお、ダイレクトカバーは本広告の対象外です(詳細はこちら)。
当社広告表示値スプレッドの提示実績は、こちら(PDF)をご参照願います。

さらに充実した情報コンテンツや手厚いサポート体制で初心者の方の取引をバックアップ。1,000通貨から取引可能なので少額からFXを始めたい人にもぴったりです※。

※ロシアルーブル/円は10,000通貨から取引可能

FXのスプレッドに関するよくある質問

最後に、FXのスプレッドに関するよくある質問にお答えします。FXを始める前に、疑問点を解決しておきましょう。

FXのスプレッドによるコストはいつ払っているの?

前述のように、FXのスプレッドとは売値と買値の差のことです。

よく「スプレッドはトレーダーにとってFX取引におけるコストである」と言われるため、初心者の方は「どこかのタイミングでスプレッド分のコストの支払いを行うのかな?」と思うかもしれません。

しかし実際には、スプレッドによるコストは常に取引の損益にあらかじめ反映されています。そのため、スプレッド分のコストを別途支払ったり、口座の残高から引かれたりするようなことはありません。

両建てした場合はスプレッドが発生するの?

両建てとは、同じ通貨ペアで買いと売りの両方のポジションを同時に持つことです。

両建て取引を行った場合、買いと売りのそれぞれのポジションでスプレッドが発生するため、スプレッドによるコストは2倍になってしまいます。

そのほかにも両建て取引では、スワップポイントで逆ざやが生じる場合があるなど、トレーダーが不利益を被る可能性もあります。あえて両建て取引を行う場合はこれらのリスクについて十分理解しておく必要があります。

まとめ:FXには「買値」と「売値」の2つの値段があり、その差を「スプレッド」といいます。

動画で見たい方へ!3分でFXを解説!

これからFXをはじめる方、はじめたい方、必見!超ベテランディーラー酒匂隆雄さんに3分でわかりやすく解説していただきます。

超ベテランディーラーが解説!はじめてのFXはこちら!

【Zoomでサポート!】決済のタイミングっていつ?決め手となる3つの考え方

【Zoomでサポート!】決済のタイミングっていつ?決め手となる3つの考え方

最短当日取引可能!

お申込みの際は「本人確認書類・マイナンバー確認書類」をご用意ください。

新規口座開設で
最大103,000  キャッシュバック