FX初心者によくある失敗とは?その対策と失敗する人の特徴を紹介

FX初心者によくある失敗例まとめ

FX初心者のなかには「FXでなかなか利益を得ることができない」というお悩みをお持ちの方もいるかもしれません。一説によると、FXは初心者の9割が簡単に利益を得られず、なかには退場していく方もいると言われています。

どのような失敗をして9割のトレーダーが退場していくのか、その原因を知ることで致命傷を回避し、成功をつかむことにもつながるかもしれません。
そこで、本記事ではFX初心者によくある失敗例を紹介していきます。

高いレバレッジをかけた取引

FXの最大の特徴はレバレッジであり、元手資金(取引保証金)の最大25倍(個人の場合)もの大きな取引ができることが魅力の一つです。レバレッジをかけた取引が成功すれば大きな利益を期待でき、資金効率の高い取引となっています。

しかしレバレッジを大きくすればするほど、少しの価格変動で大きな損失が発生する可能性も高まり、ハイリスクハイリターンとなってしまいます。

そのため初心者の方は高いレバレッジでの取引ではなく、低レバレッジで取引をすることがおすすめです。いきなり大きな利益を狙うのではなく、まずは丁寧に取引してFXに慣れることから始めましょう。

損切りができない

損切りできず大きな損失を出して、なかにはFXから退場してしまう方がいるというのは特に多い失敗パターンです。損切りは損失を確定させる行為なので、初心者の方はなかなか損を受け入れられず利益に転じるまで粘ろうと考えてしまう方も多くいるかもしれません。
しかし、何の戦略もなく含み損を抱えていると、さらに損失を広げる可能性も出てきます。

FXではプロのトレーダーでも損失がつきものですが、優れたトレーダーほど損失を受け入れ、こまめな損切りで損失を最小限に抑えた取引を行っています。
プロのトレーダーと同様に損失を抑えた取引をするためには、自分が許容できる損失額を超えたときに速やかに損切りを検討するべきです。もし自分で損切りができないのであれば、事前に損切りを設定できる「ストップ注文」を入れておきましょう。

ルールを決めず感情的な取引を行う

FX相場は不透明であり、プロのトレーダーでも完全に予測することはできません。そのため長く安定して利益を得続けるためには、一定のルールで取引を行う必要があります。また損失が大きくなると、ただ感情に従って取引してしまい、大きな損失を出してしまうのもよくある失敗パターンです。

この失敗を避けるためには、事前に決めたルールに従い、感情に左右されず取引することが肝心です。まずはエントリーと利益確定、損切りタイミングだけでも良いので、ルールを決めてから取引を行いましょう。

過剰な取引を行う「ポジポジ病」

戦略やルール、情報分析などの根拠もなく頻繁に取引を行うのはおすすめしません。一般的にそのような取引を「ポジポジ病」と呼び、損失を早く取り戻そうと焦る、または多くの利益を早く得ようと先走ることで起こります。

FXはただ取引回数を増やせば利益を得られるわけではなく、時にはタイミングを待つことも重要です。また軽い気持ちで取引を繰り返すと、最終的に取引が遊び感覚となってしまう可能性もあります。取引ルールや相場分析をしっかりと行い、根拠のある取引を心がけましょう。

勘や運任せで取引を行う

FXは勘や運だけで取引して利益を出せる可能性は低いです。運よく利益を出せたとしても、継続して利益を出し続けることは至難の業でしょう。

プロのトレーダーでも完全に相場を予測することはできませんが、テクニカル分析やファンダメンタルズ分析を使い予測の精度を上げることは可能です。ツールや情報によっては、さらに的確な予測をすることもできるでしょう。

外為どっとコムではFXに関連する最新ニュースや経済指標、専門家によるレポートなど豊富な情報コンテンツを提供しています。またチャート分析をサポートするツールも数多く提供しています。そういったツールを活用して、より精度の高い取引を目指しましょう。

無計画なナンピン(難平)や両建てを行う

FXにはポジション数を増やし平均購入単価を下げる「ナンピン(難平)」や買いと売りポジションの両方を保有する「両建て」など、様々な手法があります。しかし初心者が無計画にそういった取引を行ってもメリットがないばかりでなく、さらに大きな損失につながる可能性もあります。

特に両建てに関しては他のFX会社も推奨はしておらず、FX会社によっては禁止行為となる場合もあります。そのため初心者の方はそういった戦略を覚えるよりも、注文方法やチャート分析など基本的なことをしっかりと覚えることが大切です。

戦略がないスワップポイント狙いの取引を行う

FXには為替差益の他に、スワップポイントで利益を出すことができます。スワップポイントとは2つの通貨ペアの金利差のことであり、金利差がプラスであればほぼ毎日受け取ることが可能です。

しかし、為替相場が下落すればスワップポイントで得る利益以上の為替差損を出す可能性があります。またトルコリラやメキシコペソなど新興国の高金利通貨は値動きが不安定で主要通貨よりも急激な価格変動が起きやすい傾向があります。

そのためスワップポイント狙いの取引を行うのであれば、低レバレッジで長期的な運用を心がけるのも一つの方法です。

多くの通貨ペアに手を出し取引を行う

FXは様々な通貨ペアを取引することが可能です。各通貨ペアには様々な特徴があり、取引量が多いものや少ないものもあります。また取引量や経済などの環境によって、ボラティリティ(価格の変動率)が高いものや低いものもあります。

例えば取引量が少ない通貨ペアで取引を行えば、急な価格変動が起きやすく損失を出すリスクが高くなります。そのため初心者は、一つの通貨ペアに絞って取引をすることがおすすめです。まずは馴染みのある「米ドル/円」から取引を始めましょう。

FX初心者が失敗を防ぐやり方

これからFXを始める初心者の方向けに、失敗を防ぐやり方について詳しく紹介します。

少額から取引を始める

FX初心者は少額から取引を始め、まずはFXに慣れることが大切です。1,000通貨単位から取引可能なFX会社であれば、理論上は4,000円程度(1ドル100円換算)から取引を始めることができます。ただし、安定した取引を継続するために、余裕をもって10,000円程度から始めてみましょう。

また取引数量にも注意して下さい。余裕を持った保証金(証拠金と同義)でも取引数量を上げてしまえば、レバレッジが高くなりリスクの高い取引となってしまいます。初心者の方は、控えめの数量で取引するように注意しながら始めてみましょう。

外為どっとコムでは、入金額や取引数量などからロスカット水準を導き出せる「ロスカットシミュレータ」を提供しています。損益や最大取引可能数量なども確認できるので、ぜひ参考にしてください。

外為どっとコムのロスカットシミュレータはこちら

通貨ペアは「米ドル/円」から取引を始める

FXは様々な通貨ペアが存在し、初めはどれを取引すればよいのか迷うかもしれません。そんな方におすすめの通貨ペアは、「米ドル/円」です。取引量が多く日本人に馴染みが深いアメリカのドルと日本円との通貨ペアなので、政治・経済関連の情報を取得しやすいというメリットがあります。

また取引量が多い通貨は値動きが安定する傾向にあるので、急な価格変動リスクも比較的小さいといえます。通貨ペア選びで迷っているのであれば、「米ドル/円」から取引を始めてみましょう。

チャート分析方法を覚える

FXで継続して利益を得続けるためには、相場分析を通じて根拠のある取引を行うことが大切です。FXの主な分析方法は、テクニカル分析とファンダメンタルズ分析があります。

テクニカル分析とは、過去の値動きを分析し将来の値動きを予測する分析方法です。ファンダメンタルズ分析は、政治や経済などの動向から値動きを予測する分析方法です。
初心者の方は、まずテクニカル分析から覚えることをおすすめします。

ファンダメンタルズ分析は各国の政治や経済のことを詳しく理解しておく必要があり、初心者の方には少々ハードルが高いかもしれません。一方テクニカル分析であれば、基本的な見方さえ覚えておけば簡単なものであればすぐにチャート分析ができるようになります。まずはテクニカル分析から覚え、慣れてきたらファンダメンタルズ分析にも挑戦していきましょう。

テクニカル分析についてはこちら

損切りをするための注文方法を覚える

自分で損切りをする決断ができないという方は、「ストップ注文」を覚えましょう。ストップ注文は別名「逆指値注文」とも呼ばれ、現在レートよりも不利なレートを指定して発注する注文方法です。

ストップ注文を発注しておけば、保有しているポジションに対し相場が不利な方向に動いても損失をできるだけ小さく抑えることができます。ただしストップ注文を発注していても、スリッページが発生し想定以上の損失となる場合もあるので注意しましょう。

ストップ注文についてはこちら

余裕を持った保証金(証拠金と同義)を用意する

FX会社に預ける保証金は、なるべく余裕をもって用意することがおすすめです。FXは少額からでも取引を行えますが、ギリギリの保証金で取引を行えばすぐにロスカットとなって思惑に沿わない決済が発生する可能性があります。ロスカットとは、ある一定の損失額を出すと強制的に決済をされる仕組みのことです。

たとえ少額でもロスカットが積み重なればトータルで大きな損失につながることもあります。計画に沿った取引をするためにも余裕を持った保証金を用意しましょう。

ロスカットについてはこちら

FXで失敗する人の特徴

FXで失敗する人の特徴は、以下の通りです。

  • ・早く利益を出したいと考えている人
  • ・聖杯のような必ず取引が成功する手法があると考えている人

FXで早く利益を得たいからという理由で取引を行うと、高レバレッジの取引やポジポジ病などを誘発する恐れがあります。そのため無理な取引を行い、結果大きな損失を出してしまうのです。

またFXは、聖杯(※)のような必ず取引が成功する手法やインジケーターなどは存在しません。確実に利益を得ることにこだわると、損切りができず大きな損失を出しやすくなります。損失をできるだけ小さく抑え、コツコツと取引することを心がけましょう。

  • ※FXの取引で必ず成功する絶対的な手法を俗に「聖杯」と呼ぶケースがあります。

FXの失敗に関するよくある質問

ここではFXの失敗に関するよくある質問にお答えします。

FXはロスカットがあるから借金はしないと聞くのですが本当でしょうか?

FXはロスカット制度が採用されているので、原則預けた保証金以上の損失を出しません。ただし相場の急な変動でロスカットが間に合わず、預けた保証金以上の損失を出してしまうこともあります。リスクを抑えた取引をするためにも低レバレッジでの取引やストップ注文などを活用することをおすすめします。

FXの失敗率はどのくらいでしょうか?

一概にどのくらいの方がFXで失敗しているかを導き出すことは困難です。しかし金融先物取引協会が公開している「預託金増減口座数割合情報」を見れば、おおよその実態を把握することができます。以下の表は、2019年第1期〜2020年第2期をまとめたものです。

店頭外国為替証拠金取引/個別顧客区分管理金額正味増減口座数割合関連情報(預託金増減口座数割合情報)

年度 減少口座割合 増加口座割合
2020 4 45.24% 54.76%
2020 3 55.53% 44.47%
2020 2 57.31% 42.69%
2020 1 46.56% 53.44%
2019 4 72.22% 27.78%
2019 3 43.11% 56.89%
2019 2 58.35% 41.65%
2019 1 68.76% 31.24%
2018 4 47.71% 52.29%
2018 3 63.12% 36.88%
2018 2 51.66% 48.34%
2018 1 51.48% 48.52%

出所:金融先物取引協会「預託金増減口座数割合情報

上記の「増減口座」は、個別顧客区分管理金額が実質的に増加、または減少した口座数の割合を表しています。
こちらの表を見ると、年度によってややバラつきがあるものの、増減口座の割合に著しい偏りはみられません。ネットを中心に巷間では9割のFXトレーダーが損失を出しているとの説もあるようですが、こちらの調査によるとFXの失敗に関する実態はそこまで極端ではないことが推測できます。

外為どっとコムなら少額からの取引が可能

FX各社によって最低取引数量は異なります。1,000通貨単位からのFX会社もあれば、10,000通貨単位からのFX会社もあります。その中でも外為どっとコムは、1,000通貨からの取引が可能です。(ロシアルーブル/円は10,000通貨から取引可能)

1,000通貨からの取引であれば、理論上は約4,000円(1ドル100円換算)から取引を始めることができます。また初心者の方がFXをスムーズに行えるように注力しており、初心者向けのコンテンツや相場分析ツールなどを提供しております。外為どっとコムなら少額から取引を始めることができ、FXが上達するための環境が揃っているといえます。

外為どっとコムの口座開設はこちら

まとめ:FXの失敗パターンを知り、少額・低レバレッジを念頭に安定した取引を目指そう。

最短当日取引可能!

お申込みの際は「本人確認書類・マイナンバー確認書類」をご用意ください。

新規口座開設で
最大103,000  キャッシュバック