• HOME >
  • お客様の声をかたちに

お客様の声をかたちに

お客様の声をかたちに


チャートにBIDとASKの現在レートを同時表示できるようにしました。(リッチアプリ版)2019/2/22

ユーザー

チャートでBIDとASKの現在レートを同時に確認したい。

外為どっとコム

チャートにBIDとASKの現在レートを同時に表示できるようにしました。例えば、ローソク(BID)のチャートを見ながらASKの現在レートも見れるので、チャートタイプを切り替えずに現在のBIDとASKレートを確認することができます。

テクニカル・デザイン設定で文字色を変更することもできます。




取引画面からスワップカレンダーに直接アクセスできるようにしました。(リッチアプリ版)2019/2/22

ユーザー

取引画面からスワップポイントカレンダーを即時に見られるようにしてほしい。

外為どっとコム

メニューバー[情報]の「スワップポイントカレンダー」 をクリックすると、同ページが表示できるようにしました。




キャッシュバック等の合計を確認できるようになりました。(マイページ)2019/2/18

ユーザー

年間のキャッシュバックの合計がいくらか確認したい。

外為どっとコム

マイページから、キャッシュバックや入出金の合計を確認できる「入出金合計報告書」を作成いただけるようにいたしました。

「入出金合計報告書」のダウンロード方法

  • @「帳票照合」のページを開く。
  • A報告書の種類で「入出金合計報告書」を選択する。
  • B検索条件を指定する。
  • C検索ボタンでクリックして、ダウンロードが完了します。

※確定申告については、こちらをご覧ください。




注文画面のレイアウト変更でより使いやすくなりました。(リッチアプリ版)2019/1/25

ユーザー

注文画面のサイズが大きくて使いづらい。もっと使いやすくしてほしい。

外為どっとコム

注文方式・執行条件・有効期限の切り替えなどがワンクリックで設定できるほか、サイズもコンパクトにし、使い勝手の良いレイアウトにしました。

  • @ 入力されたLot数が約定した後の有効比率や必要保証金を表示
  • A 注文可能目安をリアルタイム更新で表示
  • B [マーケット/成行]に決済同時発注機能を追加(pips差で新規注文と同時に決済注文を発注)
  • C Lot数入力支援ボックス機能で手早く設定

  • D 売買、執行条件、有効期限の変更はワンクリック
  • E レート差入力の追加により計算も簡単に




ロスカットレベルの選択が可能となりました。2019/1/25

ユーザー

ロスカット水準を変更できるようにしてほしい。

外為どっとコム

ロスカット執行の基準とする有効比率の値(ロスカットレベル)を100%〜50%(10%刻み)で設定できるようになりました。

【変更前】
毎営業日の全取引時間帯において、口座の「有効比率」が100%を下回った際に随時ロスカットを執行し、全ポジションを強制決済

【変更後】
毎営業日の全営業時間帯(一部時間帯を除く※)において、口座の「有効比率」がお客様任意の「ロスカットレベル」(100%〜50%)を下回った際に随時ロスカットを執行し、全ポジションを強制決済
※毎営業日の取引時間終了時刻の直前1時間以内に限り、「ロスカット設定」の設定値にかかわらず有効比率が100%を下回った際にロスカットを執行

・リッチアプリ版
・Webブラウザ版



反対売買時の決済順序や後回し機能などの選択が可能となりました。2019/1/25

ユーザー

反対売買で決済する時に、約定日時の古い順か新しい順、評価損益を基準に選びたい。
決済注文を入れているポジションは決済をスキップしてほしい。

外為どっとコム

反対売買時に決済順序を選択できるようになり、さらに決済注文が発注されているポジションの決済を後回しにできる機能を追加しました。

  • @ 反対売買時の決済順序を、約定日時の古い順/約定日時の新しい順/評価益の大きい順/評価損の大きい順から選択できるようになりました。
  • A 決済注文が発注されているポジションの決済を後回しにするかを選択できるようになりました。
  • B 一度に発注できるLot数上限を上回っていた場合に、上限まで部分決済を発注するかどうかを選択できるようになりました。
  • 本機能の詳細についてはこちらをご参照ください。
・リッチアプリ版
・Webブラウザ版



IFD、IFOの決済注文で「レート差」でのレート指定ができるようになりました。(リッチアプリ版)2019/1/25

ユーザー

IFO注文やIFD注文の決済注文でも「レート差」でレートを指定できるようにしてほしい。
通貨ペア毎の各種初期値で設定している「決済指値幅」や「決済ストップ幅」を反映したレートを表示してほしい。

外為どっとコム

IFOやIFDの決済注文でも「指定レート」か「レート差」のいずれかでレートを指定できるようにしました。また、通貨ペア毎の各種初期値>決済指値幅、決済ストップ幅」設定のレート差を加味したレートを指定できるようにしました。

【変更前】

  • @ IFD,IFOの決済注文の指定レートの初期値の基準レート:現在レート
  • A IFD,IFOの決済注文の指定レートの初期値:現在レート

【変更後】

  • @ IFD,IFOの決済注文の指定レートの初期値の基準レート:新規注文で指定しているレート
  • A IFD,IFOの決済注文の指定レートの初期値:基準レート ± 「通貨ペア毎の各種初期値>決済指値幅、決済ストップ幅」設定のレート差

例1)IFD注文で、新規買い成行、決済売り指値の場合
110.678円 + 500pips = 111.178円(決済指値レート)

例2)IFD注文で、新規買い指値、決済売り指値の場合
110.168円 + 500pips = 110.668円(決済指値レート)




ボラティリティツールを追加しました。(リッチアプリ版)2019/1/25

ユーザー

レート動向の変化を1画面で見れるようにしてほしい。

外為どっとコム

各通貨ペアの指定期間内のレート変動幅や為替レートの変動の大きさを測れる「ボラティリティツール」を追加しました。

ボラティリティツールは、一定のご利用条件を満たした場合に利用できます。
ご利用条件の詳細についてはこちらをご参照ください。

ボラティリティツール

ボラティリティツール




オウンドメディアサイト『外為情報ナビ』をオープンいたしました。2019/1/21

ユーザー

『外為情報ナビ』を誰でもすぐに見れるようにしてほしい。

外為どっとコム

『外為情報ナビ』の内容を大幅にリニューアルして、一般の方向けコンテンツとして、「外国為替をもっと身近に」をテーマに外国為替にまつわる情報を発信するオウンドメディアサイト『外為情報ナビ』をオープンいたしました。

【主なリニューアル内容】
・外為注文情報(板情報)をはじめ売買比率やポジション比率を一般公開しました。
・個人投資家のインタビュー記事や特集企画などバラエティ豊かなトピックを追加しました。
・テクニカル分析用高機能チャートを導入しました。
・13種類以上の経済レポートをご用意しました。
・どなたでもご利用いただけるようになりました。※一部当社会員様限定のコンテンツがございます。

※外為情報ナビの詳細については、こちらをご覧ください。




全通貨ペア業界最狭水準スプレッド

外為フェスタキャンペーン

口座開設キャッシュバックキャンペーン

  Bid SP Ask
ドル円
ドル円
ユーロ円
ユーロ円
豪ドル円
豪ドル円
ユーロドル
ユーロドル

全ての通貨ペア