テスト:確認用2 告知バナーテスト(GCOM) 告知バナー5_6月3日終了 告知バナー4_6月3日終了 告知バナー3_6月3日終了 告知バナー2_6月3日終了 告知バナー1_6月3日終了 テスト:確認用

12/12英国総選挙に伴う相場変動のご注意、およびポンド4通貨ペアの提示スプレッド拡大実施のお知らせ

  • 重要

すでに報道されております通り、来たる12月12日(木)には英国総選挙の実施が予定されております。
【投票時間帯(日本時間)】
2019年12月12日(木)午後4時〜翌13日(金)午前7時

選挙の前後においてはインターバンク(銀行間為替市場)における流動性の著しい低下に伴い、英ポンドを中心に実勢インターバンクレートのスプレッドの拡大傾向が顕著となるとともに、相場急変が発生しやすい状況となることが予想されます。
これを受けて当社では、店頭FX『外貨ネクストネオ』一部通貨ペアにおける当社提示スプレッドにつき、以下の通り広告表示値(原則固定値)の適用対象外といたします。

【広告表示値の適用対象外となる通貨ペア】
・ポンド/円(GBP/JPY)
・ポンド/米ドル(GBP/USD)
・ポンド/豪ドル(GBP/AUD)
・ユーロ/ポンド(EUR/GBP)

【広告表示値の適用対象外となる期間】
2019年12月12日(木)午前7時10分〜同12月14日(土)午前6時55分

※スプレッド拡大時には、これに伴う評価レートの変動により通常スプレッド時よりも口座の有効比率が低下します(両建状態であっても同様です)。このとき、口座状況によっては有効比率がロスカットレベルを下回る可能性がありますので口座管理には十分ご注意願います。
※以上のほか、相場状況により「ダイレクトカバーの対象となる注文」の基準Lot数(最低数量)を一時的に変更する場合がありますので、あらかじめご承知おき願います。

●注目ポイント
外為どっとコム総合研究所 調査部長 神田卓也

来週12日の英総選挙で、ジョンソン首相率いる与党・保守党が単独過半数を獲得するとの期待から、直近はポンド高で推移している。
ただ、肝心の選挙結果については、楽観するのはまだ早いかもしれない。
英調査会社YouGovの世論調査では、与党・保守党の支持率は42%で最大野党・労働党(33%)との差は9%だが、一部には過半数議席を獲得するためには10%以上のリードが必要との分析もある。
仮に保守党が第1党を維持しても過半数に届かない少数与党となれば、英国の欧州連合(EU)離脱=Brexitを巡る不透明感が再燃する可能性もある。
引き続き、世論調査の結果に注目しておきたい。