米雇用統計
2019年7月5日の結果と解説

米雇用統計予想と結果

米雇用統計発表時の相場

米労働省が2019年7月5日に発表した6月雇用統計の主な結果は、非農業部門雇用者数22.4人増、失業率3.7%、平均時給27.90ドル(前月比0.2%増、前年比3.1%増)という内容であった。

6月の米非農業部門雇用者数は前月比22.4万人増となり、市場予想の16.0万人増を上回った。業種別では小売業が減少した(0.58万人減)以外は概ね増加しており、貿易摩擦の影響が懸念された製造業でも1.70万人の増加が確認された。非農業部門雇用者数の3カ月平均増加幅は、4月および5月分が合計で1.1万人下方修正されたものの、6月の大幅増を受けて17.1万人に上向いた。

6月の米失業率は3.7%となり、ほぼ50年ぶりの低位だった前月の水準を維持するとの市場予想に反して0.1ポイント上昇した。また、フルタイムの仕事を希望しながらパートタイム就業しかできない人なども含めた広義の失業率である不完全雇用率(U-6失業率)も7.2%へ0.1ポイント上昇した。もっとも、こうした失業率の上昇は、労働力人口に占める働く意欲を持つ人の割合を示す労働参加率が62.9%に0.1ポイント上昇した事によるものと見られる。

6月の米平均時給は27.90ドルとなり、前月から0.06ドル増加して過去最高を更新。ただ、伸び率は前月比+0.2%、前年比+3.1%と、いずれも市場予想(+0.3%、+3.2%)を下回った。賃金の漸増基調は維持されたものの、前年比の伸び率は今年2月をピークとする鈍化基調に変化は見られなかった。

米6月雇用統計の発表を受けてドル/円は約半月ぶりに108円台半ばへと上昇した。貿易摩擦の影響などで米景気が後退するのを食い止めるため、米連邦準備制度理事会(FRB)が7月にも25bp(0.25%)の利下げに動くとの見方に変化はなかったが、7月末の米連邦公開市場委員会(FOMC)で50bp(0.25%)の大幅な利下げが一気に行われる確率はほぼゼロに低下した。米6月雇用統計発表前に、市場は50bpの7月利下げを3割程度織り込んでいたため米長期金利とドルは上昇した。また、やや過大だった嫌いはあるにせよ利下げ期待が後退したにもかかわらず、史上最高値圏で推移していた米国株が崩れなかったのも見逃せない点だろう。なお、トランプ米大統領は、雇用の力強い伸びは米経済が引き続きかなり良好に推移している事の表れとした上で、FRBが利下げすれば経済は「ロケット」のように急成長を遂げるだろうと述べてFRBに重ねて利下げを要求した。

2019年7月5日の
米雇用統計セミナー録画を配信

7/5 【FOMCは何を語る?】著名FXストラテジスト シティ高島氏が見通す為替相場の行方は? FX情報ぎっしりの生放送!

2019年7月5日の
米雇用統計発表前の解説動画

動画解説

米5月雇用統計の主な項目は、非農業部門雇用者数7.5万人増、失業率3.6%、平均時給前月比+0.2%、同前年比+3.1%であった。非農業部門雇用者数が予想(17.5万人増)を大幅に下回った事と、平均時給の伸びが前月比、前年比ともに予想(+0.3%、+3.2%)に届かなかった事からドル売りが強まった。なお、失業率は予想通りにほぼ50年ぶりの低水準である3.6%を維持。フルタイム雇用を希望しつつもパート職に就いている人などを含めた広義の失業率である不完全雇用率は7.1%と約18年ぶりの水準に改善した。
一部弱い内容であった米雇用統計を受け、ドル/円相場は50銭ほど下落した。米利下げ観測がある中の弱い結果だったことも下落を後押ししたと見られる。7月の米利下げは行われるのか。そのとき為替相場は?エモリキャピタルマネジメントの江守氏を招き、マーケットの見通しについて聞く。

米国 経済指標(失業率・非農業部門雇用者数)過去の推移

●免責事項
本ウェブサイトに掲載する情報には充分に注意を払っていますが、その内容について保証するものではありません。また本サービスは、投資判断の参考となる情報の提供を目的としたものであって、投資勧誘を目的として提供するものではありません。投資方針や時期選択等の最終決定はご自身で判断されますようお願いいたします。なお、本サービスの閲覧によってに生じたいかなる損害につきましても、当社は一切の責任を負いかねますことをご了承ください。

最短当日取引可能!

お申込みの際は「本人確認書類・マイナンバー確認書類」をご用意ください。

新規口座開設で
最大103,000  キャッシュバック