米雇用統計
2019年1月4日の結果と解説

米雇用統計予想と結果

米雇用統計発表時の相場

米労働省が2019年1月4日に発表した12月雇用統計の主な結果は、非農業部門雇用者数31.2万人増、失業率3.9%、平均時給27.48ドル(前月比0.4%増、前年比3.2%増)という内容であった。

12月の米非農業部門雇用者数は前月比31.2万人増となり、2月に次いで2018年で2番目の増加幅を記録。市場予想の18.4万人増を大幅に上回った。また、10月、11月分の上方修正(合計5.8万人)もあって、3カ月平均の増加幅は25.4万人に急拡大しており、こちらは2018年で最大となった。なお2018年通年では、延べ263.8万人の雇用が産み出された事になる。

12月の米失業率は3.9%となり、ほぼ半世紀ぶり低水準の3.7%を今回も維持すると見込んでいた市場予想に反して0.2ポイント上昇した。もっとも、労働参加率が1年3カ月ぶりに63.1%へ上昇した事が影響したものであり、職探しの再開などで労働市場への復帰者が増えたためと見られる。フルタイムの仕事を望みながらもパート就業している労働者な どを含めた「広義の失業率」である不完全雇用率が、前月と同じ7.6%であった点から見ても、失業率が悪化したとの印象は薄い。

12月の米平均時給は27.48ドルとなり、前月から0.09ドル増加して過去最高を更新。伸び率は、前月比で+0.4%、前年比では+3.2%となり、いずれも市場予想(+0.2%、+3.1%)を上回った。なお、前年比の伸び率は、2009年4月以来の高水準であった。

世界経済の減速懸念が広がり、年末年始にかけて市場が大きく混乱する中とあって注目された米12月雇用統計だったが、その結果は米経済が2018年第4四半期も好調を維持した事を確信させる内容であった。年末年始の市場混乱とともに広がりつつあった利下げ観測は、さすがに行き過ぎであったと見られ、米金利先物市場が織り込む2019年中の利下げ確率は発表前の50%前後から20%台に急低下した。もっとも、「米雇用統計は経済の『バックミラー』のため、米経済がこの先も堅調に推移するとの保証にはならない」とする慎重な見方も残るようだ。この日の米国株はパウエル米連邦準備制度理事会(FRB)議長による利上げ休止に含みを持たせる発言もあって大幅に反発したものの、米ドルは伸び悩んだ。米12月雇用統計の好結果だけでは、米中貿易戦争の悪影響などによる先行きへの懸念を完全に打ち消すに事はできなかったようだ。

2019年1月4日の
米雇用統計セミナー録画を配信

1/4 【お年玉プレゼントあり】どうなる米利上げ!ドル高は終わるのか?為替アナリストの雨夜氏が解説!FX情報ぎっしりの生放送!

どうだった、2018年の米雇用統計

米雇用統計とドル/円相場

はじめに

2018年の為替相場は、ドル/円相場年間の最高値、最安値の差が約10円と、例年に比べ狭いレンジで終始した。
また、米雇用統計の結果が、即座にドル/円相場で反応することもなく、数年前にあった「発表直後に1円の値動き」などは無かった。

ここでは、米雇用統計発表内容とドル/円相場をながめ、2018年をふり返って行きたい。

米雇用統計の全体的な総括

リーマンショック以降、米雇用状況は順調に回復してきた。
そんな中、2018年1月の段階では、失業率が4.1%と、「完全雇用」と言えるレベルまで改善していた。そして、2018年はさらに改善が進み、3.7%まで低下した。
非農業部門雇用者数については、ひと月、およそ20万人のペースで増加した。
ここ数年で注目されてきた平均時給については、ゆるやかながら増加基調が続いている。

ざっと振り返るだけでも、2018年は総じて力強い雇用状況だった。
米雇用改善は、連邦準備制度理事会(FRB)による2018年内の4回利上げの裏づけとなったと言えるだろう。

米雇用統計とドル/円相場

ドル/円の日足チャートに、米雇用統計の発表日をトレースした。
全体を眺めたときに、米雇用統計の発表が、ドル円相場の転換点となったケースが多いように見受けられる。
米雇用統計の発表時の値動きは限られたが、翌週からの新トレンド発生に一役買った印象もある。
とはいえ、そのトレンドが長続きする事はなく、いずれも比較的短期に終息したため、一年を通してドル/円の値動きにも方向感が出にくかったと考えられる。

米国 経済指標(失業率・非農業部門雇用者数)過去の推移

●免責事項
本ウェブサイトに掲載する情報には充分に注意を払っていますが、その内容について保証するものではありません。また本サービスは、投資判断の参考となる情報の提供を目的としたものであって、投資勧誘を目的として提供するものではありません。投資方針や時期選択等の最終決定はご自身で判断されますようお願いいたします。なお、本サービスの閲覧によってに生じたいかなる損害につきましても、当社は一切の責任を負いかねますことをご了承ください。