速報メールブログ|FXブログ|外為どっとコム

【見通し】ロンドン為替見通し=欧州通貨売りトレンド継続、新興国通貨高もドル買い要因

欧州時間の為替市場は、引き続き欧州通貨の上値は限定的か。先週は雇用統計発表時にユーロドルは1.1911ドルの年初来安値を更新し、ポンドドルも1月初旬の水準1.3487ドルまで下落した。本日はロンドン市場が休場なことで動きは鈍くなりそうだ。今週は週前半は欧州からの経済指標は少なく、本日も独3月製造業受注、明日も独3月鉱工業生産の発表以外は主だった経済指標の発表が無いことで、商いは鈍りそうだ。しかし10日木曜に英国はスーパーサーズデイをむかえ、政策金利の発表、四半期インフレ報告等が公表される。
 先週までの欧州通貨の下げが急激だったことで、多少のポジション調整はあるだろうが、現在のドル買いの流れは欧州通貨だけではなく、アルゼンチンやブラジル等の新興国通貨に対してもドルが買われていることを考えると、ドル買いの勢いが急に転じることは考えにくく、欧州通貨は上値が重いだろう。
 オーダーは、ユーロドルは1.1980ドル、1.2000ドルは売りが優勢。1.20ドル前半から半ばは短期筋のストップロスもあるため、売り買い交錯するが1.20後半から再び売りが多い。下値のオーダーは、1.1900ドルは金曜日の安値を割り込むためストップロスの売りもあるが、買いオーダーも徐々に入ってきているため割り込んでも勢いは緩やかか。ポンドドルは1.36ドルを超えたところには短期筋のストップロスが観測されている。下方向は、先週金曜日の安値よりも手前の1.35ドル台前半から下には、買いがすでに入っている。1.34ドル台も大きくは無いが買いが優勢となっている。

・想定レンジ上限
 ユーロドルは200日移動平均線の1.2019ドル、ポンドドルは5/3高値1.3630ドルが上値めど。

・想定レンジ下限
 ユーロドルは年初来安値1.1911ドル、割り込むと昨年12/22の安値1.1817ドル近辺を目指すか、ポンドドルは年初来安値1.3458ドルが下値めど。

(松井)

・提供 DZHフィナンシャルリサーチ

[PR]2大高金利通貨スプレッド縮小キャンペーン!
当社では南アフリカランド/円、トルコリラ/円のスプレッド縮小キャンペーンを本年6月30日(土)まで提供します!
●南アフリカランド/円: 1.3銭 ⇒ 1.0銭 原則固定(例外あり)
●トルコリラ/円: 2.9銭 ⇒ 1.9銭 原則固定(例外あり)
詳細はこちら→ http://www.gaitame.com/renew/spread.html

[PR]現在実施中の魅力的なキャンペーンはこちら!
http://www.gaitame.com/campaign.html

[PR]現在開催中の気になるセミナーはこちら!
http://www.gaitame.com/seminar/cal.html

・速報メールについて
http://www.gaitame.com/srvlist/market/sokuho_mail/attention.html

・配信停止方法
http://www.gaitame.com/srvlist/market/sokuho_mail/distribution_cancelled.html

PCサイトへはこちら
http://www.gaitame.com/
携帯サイトへはこちら
http://www.gaitame.com/mb/



米ドル/円0.1銭!全10種スプレッド縮小キャンペーン

もう一度食べたい外為お中元2020キャンペーン

口座開設キャッシュバックキャンペーン

メキシコペソ円特設

ポンド円特設

お友達ご紹介キャンペーン