速報メールブログ|FXブログ|外為どっとコム

【見通し】ロンドン為替見通し=ユーロ圏とドイツの経済指標に要注目か

欧州時間のユーロドルは、米10年債利回りが3.0%付近で推移していることで上値が重い展開の中、ドイツとユーロ圏の1-3月期GDPや5月のZEW景気期待指数などに注目していくことになる。
 ドイツやユーロ圏の経済指標では、インフレ率の鈍化とともに景況感も低迷しつつあり、欧州中央銀行(ECB)の9月末に終了予定の資産購入プログラムが延長される可能性が警戒されつつある。タカ派のECB当局者は、インフレ率の鈍化や景況感の低迷は、一時的な現象と一蹴しているものの、景況感が予想を大幅に下回った場合は、ユーロ売り要因となる。
 イタリアの連立政権、ポピュリスト政党「五つ星運動」と右派政党「同盟」は、当面は反欧州連合(EU)を標榜しない、と表明していることで、イタリア発の懸念材料は後退しつつある。しかしながら、依然として連立協議決裂のリスク、再選挙の可能性は残されており要警戒か。
 ユーロドルの売りオーダーは、1.2000ドル(17日NYカットオプション)、1.2020ドル、買いオーダーは、1.1900ドル、1.1870ドルに控えている。
テクニカル分析では、200日移動平均線の1.2021ドルが上値を抑える展開が続いており、上抜けることができない限り、下値リスクに要警戒の展開が続く。

・想定レンジ上限
 ユーロドルは200日移動平均線の1.2021ドル、ユーロ円は日足一目均衡表・基準線の131.37円が上値めど。

・想定レンジ下限
 ユーロドルは5日安値の1.1823ドル、ユーロ円は10日安値の129.99円が下値めど。


(山下)

・提供 DZHフィナンシャルリサーチ

[PR]2大高金利通貨スプレッド縮小キャンペーン!
当社では南アフリカランド/円、トルコリラ/円のスプレッド縮小キャンペーンを本年6月30日(土)まで提供します!
●南アフリカランド/円: 1.3銭 ⇒ 1.0銭 原則固定(例外あり)
●トルコリラ/円: 2.9銭 ⇒ 1.9銭 原則固定(例外あり)
詳細はこちら→ http://www.gaitame.com/renew/spread.html

[PR]現在実施中の魅力的なキャンペーンはこちら!
http://www.gaitame.com/campaign.html

[PR]現在開催中の気になるセミナーはこちら!
http://www.gaitame.com/seminar/cal.html

・速報メールについて
http://www.gaitame.com/srvlist/market/sokuho_mail/attention.html

・配信停止方法
http://www.gaitame.com/srvlist/market/sokuho_mail/distribution_cancelled.html

PCサイトへはこちら
http://www.gaitame.com/
携帯サイトへはこちら
http://www.gaitame.com/mb/



米ドル/円0.1銭!全10種スプレッド縮小キャンペーン

もう一度食べたい外為お中元2020キャンペーン

口座開設キャッシュバックキャンペーン

メキシコペソ円特設

ポンド円特設

お友達ご紹介キャンペーン