速報メールブログ|FXブログ|外為どっとコム

【見通し】株式明日の戦略-大幅高で底割れ懸念は遠のく、あすこそ5日線ブレークなるか

6日の日経平均は5日ぶり大幅反発。米国株の大幅高と円高一服を受けて全面高スタート。寄り付き直後を安値に上げ幅を拡大し、前場では21551円まで高値をつける場面があった。その後は21500円近辺でのもみ合いとなり、後場はやや伸び悩む展開。地合いに大きな変化はなく大幅高ではあったものの、21500円より上が重く、5日線(21486円、3/6)も下回って終えた。東証1部の売買代金は概算で2.5兆円。業種別では石油・石炭やその他製品、精密機器などが大幅上昇。一方、空運とパルプ・紙の2業種が下落しており、その他金融の上昇が限定的となった。日経新聞で中国メーカーへの部品供給を本格化すると報じられた安川電機が大幅上昇。反面、2月の月次が失望を誘ったセリアが大幅安となった。

 東証1部の騰落銘柄数は値上がり1789/値下がり237と買いが優勢。地合いの改善を受けて好材料のある銘柄には買いが殺到しており、日経新聞で半導体向け薬液を値上げすると報じられたステラケミファや、スギHDとの業務提携を発表したメドピアがストップ高。ピジョンやくらコーポが1Q決算を手がかりに急伸した。トウキョウベースは日経新聞の業績観測が好感されて大幅上昇。月次が良好であった薬王堂は昨年来の高値を更新した。一方、新株予約権の発行が嫌気されたイグニスが急落。タカショーは決算失望で大きく売られた。幅広い銘柄に見直し買いが入る中、直近上場のSERIOやJテクコーポは売りが優勢となった。

 日経平均はきのうは2月14日につけた安値を下回ったが、きょうは大幅高となり、底割れ懸念がひとまず遠のいた。ただ、終値では21500円や5日線を上回ることができず、大きな動きが出た割には、東証1部の売買代金は低水準。まだ、多くの投資家が疑心暗鬼であることがうかがえる。あすは改めて21500円より上を試す動きが見られるかが注目される。米国株次第とはなりそうだが、きょうは、大型、中小型、内需、外需と幅広く買われており、米国株高の後押しがあれば、連日の全面高も期待できる。底割れ回避から5日線上抜けとなれば、25日線(21983円、3/6)あたりまでは一気に値を戻す可能性もある。物色に関しては、きょうの上昇で、中小型株に関しては買い安心感が強まったと考える。ただし、米国株に強い動きが見られた場合には、前述のように指数主導の上げ加速も見込まれることから、大型株にも目を配っておきたい局面だ。

・提供 DZHフィナンシャルリサーチ

[PR]10通貨ペアスプレッド縮小キャンペーン!
当社ではポンド/円、トルコリラ/円など10通貨ペアスプレッド縮小キャンペーンを本年3月31日(土)まで提供します!
●ポンド/円: 1.1銭 ⇒ 0.9銭 原則固定(例外あり)
●トルコリラ/円: 2.9銭 ⇒ 1.9銭 原則固定(例外あり)
詳細はこちら→ http://www.gaitame.com/renew/spread.html

[PR]現在実施中の魅力的なキャンペーンはこちら!
http://www.gaitame.com/campaign.html

[PR]現在開催中の気になるセミナーはこちら!
http://www.gaitame.com/seminar/cal.html

・速報メールについて
http://www.gaitame.com/srvlist/market/sokuho_mail/attention.html

・配信停止方法
http://www.gaitame.com/srvlist/market/sokuho_mail/distribution_cancelled.html

PCサイトへはこちら
http://www.gaitame.com/
携帯サイトへはこちら
http://www.gaitame.com/mb/



米ドル/円0.1銭!全10種スプレッド縮小キャンペーン

もう一度食べたい外為お中元2020キャンペーン

口座開設キャッシュバックキャンペーン

メキシコペソ円特設

ポンド円特設

お友達ご紹介キャンペーン