速報メールブログ|FXブログ|外為どっとコム

【見通し】ロンドン為替見通し=米2月消費者物価指数に注目か

本日欧米タイムのユーロドルは、2月の米消費者物価指数に注目する展開か。市場予想は前年比+1.8%と1月の+1.8%と変わらずの結果が見込まれており、予想通りに米国のインフレ率の落ち着きが確認された場合、ユーロ買い・ドル売り要因となる。
 しかしながら、現状は、欧米の貿易戦争やイタリアのハングパーラメントへの警戒感が上昇を抑えていることで、上値は限定的か。
 本日開催されるEU財務相会合や来週19-20日のG20財務相・中央銀行総裁会議では、米政権の輸入関税賦課やドル安誘導が議題になると思われることで、トランプ米政権の保護貿易主義への警戒感から動きづらい展開が予想される。
 本日の米ペンシルバニア州での下院補選で共和党候補が勝利した場合、トランプ米政権の輸入関税賦課の対象国から、ユーロ圏が除外される可能性もあることで要注目となる。
 ユーロ円は、朝鮮半島の地政学リスク後退は買い要因だが、貿易戦争、森友問題、イタリア政局への警戒感から伸び悩む展開か。

・想定レンジ上限
 ユーロドルの上値は、6日高値の1.2420ドル、その上は1.2446ドルがポイント。ユーロ円の上値めどは6日高値132.02円。

・想定レンジ下限
 ユーロドルの下値は、5日の安値1.2269ドル、その下は2月28日安値の1.2188ドルがポイント。ユーロ円は日足一目均衡表・転換線の130.69円が下値めど。

(山下)

・提供 DZHフィナンシャルリサーチ

[PR]直感的な操作性と21種類のテクニカル分析機能付きチャートを核とする投資情報ツール!『G.comチャート』はこちら⇒http://www.gaitame.com/srvlist/gchart/

・速報メールについて
http://www.gaitame.com/srvlist/market/sokuho_mail/attention.html

・配信停止方法
http://www.gaitame.com/srvlist/market/sokuho_mail/distribution_cancelled.html

PCサイトへはこちら
http://www.gaitame.com/
携帯サイトへはこちら
http://www.gaitame.com/mb/



米ドル/円0.1銭!全10種スプレッド縮小キャンペーン

口座開設キャッシュバックキャンペーン

メキシコペソ円特設

ポンド円特設

お友達ご紹介キャンペーン