速報メールブログ|FXブログ|外為どっとコム

【発言】12日の要人発言=麻生財務相「進退、考えていない」

韓国政府筋
「北朝鮮は、米国との間で平和条約の締結を望んでいるもよう」

菅官房長官
「麻生副総理兼財務相は、財務省による森友文書問題の調査、解明の指揮を執るべき」
「首相はじめ官邸は財務省の文書書き換えを把握していなかった」

財務省幹部
「決済文書の書き換えは、国会答弁と整合性をとるために理財局で行われた」
「14件の森友決済文書で書き換えがあったことが判明」
「午後2時5分から麻生副総理兼財務相が会見予定」
「森友文書の書き換え、財務省としてメリットがあるとは考えていない」
「全78ページにうち、62ページで書き換え」
「書き換えは、昨年2月下旬から4月にかけて本省理財局と近畿財務局の職員が関与」

麻生副総理兼財務相
「去年2月以降に14件の書き換えがあった」
「行政文書の書き換えは誠に遺憾」
「佐川氏の答弁に合わせて決済文書を書き換えたと思われる」
「進退については考えていない」
「最終的な決裁責任者は、佐川氏」
「理財局の一部職員の指示で書き換えが行われたのは事実」

クーレECB理事
「インフレは我々が求めている水準に達していない」

安倍首相
「行政の長として責任を痛感」(財務省による文書書き換えで)
「麻生財務相には責任を果たしてもらいたい」
「全容が明らかになった段階で組織立て直しに全力で取り組む」

モルノー加財務相
「英国のブレグジット後も、現在と同様な経済関係を維持したい」
「NAFTA(北米自由貿易協定)再交渉の合意に対して、慎重に楽観的」

スメッツ・ベルギー中銀総裁
「ユーロ圏インフレ、ECB目標達成までは時間がかかる」
「為替市場の動きは、以前より注視されている」
「経済成長が安定的になったとするにはまだ早い」

欧州連合(EU)委員
「関税について、今週中に米側と協議の予定」

メルケル独首相
「ECB総裁にドイツ人を推薦する良い時期だ」
「米国の一方的な行動に反論せねばならいないが、話し合いの希望は依然としてある」

トルドー加首相
「鉄鋼とアルミニウムへの非課税を恒久的に得られるように米国に圧力をかけていく」
「世界的な鉄鋼の過剰生産にも直面している」

(関口)

・提供 DZHフィナンシャルリサーチ

[PR]直感的な操作性と21種類のテクニカル分析機能付きチャートを核とする投資情報ツール!『G.comチャート』はこちら⇒http://www.gaitame.com/srvlist/gchart/

・速報メールについて
http://www.gaitame.com/srvlist/market/sokuho_mail/attention.html

・配信停止方法
http://www.gaitame.com/srvlist/market/sokuho_mail/distribution_cancelled.html

PCサイトへはこちら
http://www.gaitame.com/
携帯サイトへはこちら
http://www.gaitame.com/mb/



米ドル/円0.1銭!全10種スプレッド縮小キャンペーン

もう一度食べたい外為お中元2020キャンペーン

口座開設キャッシュバックキャンペーン

メキシコペソ円特設

ポンド円特設

お友達ご紹介キャンペーン