速報メールブログ|FXブログ|外為どっとコム

【見通し】市場の目=2018年も出だし上々の中国経済 内・外需双方で景気拡大の一方、全人代後の政府の動きに注意

第一生命経済研究所 経済調査部 主席エコノミスト 西茺徹氏

2018年も「出だし上々」の中国経済
内・外需双方で景気拡大の一方、全人代後の政府の動きに要注意

 昨年の中国は7年ぶりに経済成長率が加速するなど持ち直しの動きが鮮明となった。年明け以降も企業景況感は好調を維持するなど、世界経済の自律回復の動きは外需を下支えしている。1-2月の固定資産投資は前年比+7.9%に加速するなど投資も堅調を維持している。民間投資が活発化したほか、投資規制にも拘らず住宅投資も高い伸びが続いており、中国国内の「カネ余り」が内需を下支えする構図もみえる。

 他方、1-2月の小売売上高も前年比+9.7%に加速しており、ECの爆発的普及が個人消費を押し上げる動きも続く。小型自動車減税終了の影響が懸念されたが、新エネルギー車向け補助金は自動車販売を下支えしている。需要先喰いの懸念があるが、今後は激変緩和措置に動く可能性もある。他方、家計債務は急拡大するなかで機構改革による監督強化も予想され、今後は具体的な対応に伴う影響を注視する必要がある。

 内・外需の堅調を反映して1-2月の鉱工業生産は前年比+7.2%に加速するなど生産の底入れも進む。政府が支援する「新産業」関連で生産拡大が顕著な一方、エネルギー転換政策失敗の影響などにより旧来型産業にも生産拡大の動きがみられる。エネルギー生産に関しては新エネルギーへの転換促進が奏功する動きがみられるなか、機構改革に伴い規制強化が進む可能性もある。今年の中国経済は「出だし上々」の様相をみせているが、先行きは政府による規制強化の動きなどに伴う下押し要因に注意が必要と言える。

(関口)

・提供 DZHフィナンシャルリサーチ

[PR]10通貨ペアスプレッド縮小キャンペーン!
当社ではポンド/円、トルコリラ/円など10通貨ペアスプレッド縮小キャンペーンを本年3月31日(土)まで提供します!
●ポンド/円: 1.1銭 ⇒ 0.9銭 原則固定(例外あり)
●トルコリラ/円: 2.9銭 ⇒ 1.9銭 原則固定(例外あり)
詳細はこちら→ http://www.gaitame.com/renew/spread.html

[PR]現在実施中の魅力的なキャンペーンはこちら!
http://www.gaitame.com/campaign.html

[PR]現在開催中の気になるセミナーはこちら!
http://www.gaitame.com/seminar/cal.html

・速報メールについて
http://www.gaitame.com/srvlist/market/sokuho_mail/attention.html

・配信停止方法
http://www.gaitame.com/srvlist/market/sokuho_mail/distribution_cancelled.html

PCサイトへはこちら
http://www.gaitame.com/
携帯サイトへはこちら
http://www.gaitame.com/mb/



米ドル/円0.1銭!全10種スプレッド縮小キャンペーン

もう一度食べたい外為お中元2020キャンペーン

口座開設キャッシュバックキャンペーン

メキシコペソ円特設

ポンド円特設

お友達ご紹介キャンペーン