月曜コラム「週刊 独り言」|FXブログ|外為どっとコム

今週は株価の動きに注目。

立冬も過ぎ、暦の上では冬に成った。

段々日の出が遅くなり朝起きるのが辛い。

そして段々日の入りが早くなり午後6時前はもう真っ暗だ。

冬は嫌だな。

"冬が好きだ!"と言う人は居るのかなあ?

よく考えたら学生時代に4年間寒い札幌で過ごしたのだがよくもまあ耐えたものだ....。

嫌いな冬に対する泣き言はこれくらいにして先週のドル・円を振り返ってみると又114.73で遮られて115円のトライは出来なかった。

今年になって5月の114.36、7月の114.49、そして先週の114.73と何回か114円ミドルで跳ね返されたことになる。

Chart.png


上の今年に成ってからのドル・円相場の日足の動きを見ると年初から円高、円安のサイクルが繰り返されており何となく"次は円高の番"の様にも見て取れるが11月は統計的にドル高&円安に成る傾向か有る。

やはり114円台のミドルがはっきりと上切るかどうかが鍵に成るんでしょうな。

連日高値を更新してきたダウ平均株価が週の終値ベースで9週ぶりに前週を下回って引けた。

折しも先週の木曜日に日経平均株価が一時前日比で400円上げてその後急激に下げて今度は前日比で400円下げると言う乱高下を演じたが、株には素人の塾長にもどうも嫌な感じがしてならない。

サウジアラビアのムハンマド皇太子が汚職取り締まりに乗り出し、対象者の口座数が1200以上にも上りこれらの資産が売却される可能性が有ると言う。

資産売却により金融市場にどの様なインパクトがあるかは全く分からないが、少し変化が見られるニューヨーク市場への影響は避けられまい。

以前ほど株価とドル・円相場の相関性が強くはないので株価が下がればリスクオフでドル安&円高になるとは限らないが今週は株価の動きに注意したいなと思っている。


  寒くなって来て外に出るのが億劫な塾長。

酒匂・エフエックス・アドバイザリー代表
酒匂 隆雄 (さこう たかお)氏

1970年に北海道大学を卒業後、国内外の主要銀行で敏腕ディーラーとして外国為替業務に従事。その後1992年、スイス・ユニオン銀行東京支店にファースト・バイス・プレジデントとして入行、さらに1998年には、スイス銀行との合併に伴いUBS銀行となった同行の外国為替部長、東京支店長に就任した。現在はコメンテーターとしても活躍中。

詳しくはこちら

ESCARPMENT

ブログカレンダー

 


総額100万円!全員集合キャンペーン

お客さま超感謝祭キャンペーン

業界最狭水準スプレッド

口座開設キャッシュバックキャンペーン