月曜コラム「週刊 独り言」|FXブログ|外為どっとコム

レバレッジ規制の変化

先週の日経新聞の報道によると金融庁がFX.証拠金倍率(レバレッジ)を現行の25倍から10倍に引き下げる検討に入ったらしい。

その主な理由は"為替相場の急変時に個人投資家が想定を超える損失を被るリスクが高まっていると判断した。"と言うことだが、思い起こせば2015年の突然のスイス・ショックやチャイナ・ショックで相場は大荒れに成り、確かに個人投資家の一部が大きく損失を被ったらしいが、果て最近その様な事が起きたっけ?

ブレグジット、トランプ大統領誕生なども驚きの結果となったが個人投資家は上手に乗り切ったのではないのかなあ?

最近の波乱の種である北朝鮮の地政学的リスクに対してもちゃんとしていると思うのだが...。

1998年に外為法が改正に成って個人投資家によるFX.取引が解禁された当時はレバレッジ規制は無く、当時は数百倍のレバレッジを提供する業者が居たがその後金融庁が監督官庁と成って2010年にはレバレッジが50倍に、そして2011年には25倍に引き下げられて今日に至る。

何故今頃金融庁が"個人投資家が想定を超える損失を被るリスクが高まっていると判断した。"のかは知る由も無いが、個人的な意見ではあるが上で述べた様に"我々個人投資家は昔と違ってちゃんとリスク管理はしていますよ!"と思うのだが....。

外為さんも有事の時はきちんとリスクの説明をしてくれている。

ちょっと長くなるが9月6日にも下の様なWarning.をしている。

"北朝鮮をめぐる地政学リスクへの警戒感に伴う相場変動に関するご注意[17/09/06]

すでに報道されております通り、北朝鮮をめぐる地政学リスクへの警戒感から、今後の情勢次第では為替相場の急変動が続く可能性、および今週土曜日(9/9)には北朝鮮の建国記念日が控えており来週月曜オープン(11日午前7時)時点のレートが今週末クローズレートに対し大きく乖離する可能性がございます。

お客様におかれましては、追加資金のご入金を行っていただく等、口座管理につき十分ご注意くださいますようお願いいたします。
そのほか、以下の注意事項につきましても十分にご認識の上、口座管理を実施いただきますようお願いいたします。

●スプレッドの拡大に関するご注意
急激な相場変動が発生する場合においては、実勢インターバンクレートのスプレッド(BidとAskの差)も平常時に比べ拡大傾向となる見通しであり、その際は、当社においてもやむを得ず全通貨ペアの提示スプレッドを拡大させていただく場合がございます。

●一時的な受注停止に関するご注意
カバー先金融機関の提示レートが、直近の当社取引レートと著しく乖離した場合(お客様に市場実勢価格にて提示できないと当社が判断した場合)、および流動性が著しく低下した場合には全通貨ペアにおける新規注文と決済注文の受注を、予告なく一時的に停止させていただく場合がございます。なお、この場合、電話注文についてもお受けすることができませんので予めご了承ください。
また、指値注文につきましては、上記のような一時的な受注停止が発生した場合には、受注が再開した後の当社配信レートとお客様の指定されたレートが乖離する場合であっても、お客様の指定されたレート通りにて約定いたしますので予めご注意ください。

●ロスカットに関するご注意
急激な相場変動が発生した場合には、本来のロスカット水準を大幅に下回りロスカットが執行される可能性があり、場合によっては元本超過損が発生することがあります。また、流動性の低下に伴い、ロスカットの執行に通常以上の時間を要する可能性がございます。

●9月11日のオープンレートに関するご注意
翌週月曜日(11日)には、オープンレートが前週末クローズレートに対し、大きく乖離する可能性がございます。

●両建取引におけるご注意
両建取引であっても、スプレッド拡大時においては、これに伴う評価レートの変動により含み損が増大し、口座の有効比率が低下いたします。このとき、有効比率がロスカットレベルを下回った場合にはロスカットが執行されますことにご注意ください。

●ダイレクトカバーに関するご注意
相場状況により「ダイレクトカバーの対象となる注文」の基準Lot数(最低数量)を一時的に変更させていただく場合がございます。ダイレクトカバーの詳細については以下のページをご確認ください。
ダイレクトカバーの詳細はこちら

●ストップ(逆指値)注文に関するご注意
ストップ(逆指値)注文は、指定したレート以上で買う、または指定したレート以下で売るといったように、実勢レートよりもお客様に不利なレートを指定する注文方法です。お客様の指定レートと同じ、または指定レートよりもお客様に不利な取引レートが配信された時点で約定処理を開始し、実際に約定処理が行われる時点の取引レートが約定値として適用されます。このため、急激な相場変動や大幅なスプレッド拡大が発生する等の場合においては、お客様が指定したレートから大幅に乖離したレートで注文が約定する可能性があり、場合によっては元本超過損が発生することがあります。"


ところで先月外為さんが行ったアンケート調査を行い、個人投資家が行っている"実効レバレッジ"で最も近い物を調べたら以下となった。

実効レバレッジ。比率。
1倍         10.7%
2倍         15.4%
5倍         21.9%
10倍        24.7%
15倍        6.8%
20倍        7.1%
25倍        13.4%

今回の規制でレバレッジが10倍に成った場合、上の15倍以上レバレッジを掛けている合計27.3%の個人投資家がレバレッジ減額を余儀されなくなる事に成るが、その影響がどうなるのかは分からない。

この記事が流れて以来"東京外為市場の流動性が減る。"とか"投資資金が海外に流れる。"とかの憶測が流れたが、そんなことはないのではないのかなあと思っている。

過去、今回よりもドラスティックにレバレッジが引き下げられ時に東京外為市場の流動性が減ったと聞いたことは無いし、投資資金が海外に流れたとも聞いたことは無い。

お上(金融庁)が我々個人投資家のリスクをCare.=(気遣う)してくれるのは嬉しいが、我々だって自分の大事な資金を効率よく安全に運用しようとちゃんとしていますから!


  自分では殆ど10倍以上のレバレッジを使ったことは無い塾長。


コメント一覧

コメント5件

取引業者を分散しておくのもリスク管理のうちなので、運用資産トータルでは10倍以下、個別の口座では最大25倍まで、のような自由度がある現行の制度がほどよいと思います

とはいえ、10倍でもあまり困らない気もしますが

投稿者:クリフト | 2017年10月 6日  11:21

実行レバレッジ ではなく 証拠金倍率
今の倍以上 証拠金として 無駄に拘束されるわけで
みなさんデメリットしかないはずでは・・

投稿者:Janet M | 2017年11月24日  01:59

①日銀出資証券20年前とか以前一口百株2千万円位
②それが昨日11/27(+0.68%+250円.36,900円)
③急に20~5万円位に下落(20年位前?)買って直ぐ
④下がった.1月もしない内に1500万円程損.む・・
⑤なのでよく分からない儘買ってみようか?駄目!

⑥都市鉱山中外鉱業64円3万株~200~110円大難品
⑦24円まで暴落.大損諦め売り。NHK推奨斯くの如
⑧株価予報誌予6百円?財産権『世の中1寸先=闇』
⑨第一住金だって母体行完全保証抵当権付.黒字配当
⑩大阪弁護士会長『貴方に原告適格無い悪しからず』
 ・
⑪案の定超恐慌...秘密法?株主権?法の下の平等?
⑫三権分立?背任?共同謀議?外患誘致共同正犯?
⑬利益相反の双方代理?英メージャー首相、解任?
⑭日本の国家予算百兆円.GDP5百兆円.8億円国会?
⑮期日外審査経費10億円以上?会計検査院大丈夫?
 ・
⑯日本国債今借りられる?何の為、担保?一般は?
⑰22年間、公務員百万人分の無給業死ぬまで使命。
⑱200兆円あれば出来る:一杯.やらん公僕.やる企業
⑲日本財務連邦頭取機関執行制度都市CEO株主総会
⑳『家事:社会化』創業10万社上場.主婦可処分所得
 ・
21.保育園・獣医学校、無い所にはあった方がいい
22.県市町村首長議長出納役・(副も)議会常設選管
23.補助金行政、給料自弁郵政省に限って民営化?
24.20首都+選挙区行政体.生命育児農産家事上場
25.歌志内市人口3,489人、蕨市5.11k㎡不可解#
 ・
26.市川市49万人.再選挙。船橋.松戸.柏他『松都』
27.荒川以東白井&習志野迄。..高山市2000k㎡超
28.『4市だけで203万人』川口春日部古河つくば
29.五百万人超~上場.滋賀4区各30余万京都市編入
30.『霞ヶ浦=東京北港へ右廻水運』防災整備刷新

31.保育園位作れる・・作ろうとしないだけ。・・
32.自治労、公労協、連合、意図はともかく阻止。

投稿者:まかてぃ~ ぱぱ | 2017年11月28日  02:55

 ☆フラッシュ・モブ

 ・・

 『町の広場で始まる
 ボレロ(ラヴェル)の
 フラッシュ.モブが
 かっこいい・・ 』

 (_ぼれろ)you-tube

 別の。

 

投稿者:まかてぃ~ ぱぱ | 2017年12月10日  22:01

 2017/10/29に公開。・・流石。。 。 。。 。

 SUSANBOYLE CHRISTMAS ALBUM 雄大、静か

 _THE BEST CHRISTMAS MUSIC EVER

  

投稿者:まかてぃ~ ぱぱ | 2017年12月17日  18:35

酒匂・エフエックス・アドバイザリー代表
酒匂 隆雄 (さこう たかお)氏

1970年に北海道大学を卒業後、国内外の主要銀行で敏腕ディーラーとして外国為替業務に従事。その後1992年、スイス・ユニオン銀行東京支店にファースト・バイス・プレジデントとして入行、さらに1998年には、スイス銀行との合併に伴いUBS銀行となった同行の外国為替部長、東京支店長に就任した。現在はコメンテーターとしても活躍中。

詳しくはこちら

ESCARPMENT

ブログカレンダー

 


深田恭子さん写真集発売記念キャンペーン

お客さま超感謝祭キャンペーン

総額100万円!全員集合キャンペーン

業界最狭水準スプレッド

口座開設キャッシュバックキャンペーン