月曜コラム「週刊 独り言」|FXブログ|外為どっとコム

様変わり。

先週のドル・円相場は始値108.23からジリジリと値を上げ、週末金曜日は高値111.33を付けた。

先々週は始値109.59からジリジリと値を下げ、週末金曜日には安値107.31を付けた動きと全く逆の動きと成り、正にV.字回復とも言える相場展開であった。

chart 19 9.png


先々週は北朝鮮の地政学的リスクの増大やフロリダ半島を直撃するかと思われたハリケーン・イルマに対する警戒などでリスク・オフの動きが高まって一気にドル安&円高が進んだが、先週は北朝鮮のミサイル発射も物ともせずにドル高&円安が進んだ。

このV.字回復の相場展開の一つの理由として108.00~108.50を当面のドル・円相場の底値と見た(実は塾長もそうであったのだが...)短期の投機筋が108円を割った時点で大きくドル売り&円買いに走って大きなドル・ショートのポジションを作ってしまい、先週は慌ててショート・カバーに走らざるを得なかった事も挙げられようか。

実はマーケットは我々が考えている以上にドル・ベア(ドルに弱気)になっており、"下がればほっとし、上がれば慌てる。"状況にあるのかも知れない。

大手通信社のロイターが"みんなの為替予想"と言う名で月末のドル・円相場の予想を公開しているが何と9月17日現在で"104円台かそれ以下"が圧倒的多数の21.93%を占める。

ロイター19 9.png


(資料はロイター社のページから拝借しました。)

それに対して112円台かそれ以上を足し上げても16.45%にしかならない。

逆算すると9月末のドル・円相場が111円台かそれ以下と考える人が83.55%にもなるのだ。

これは驚きだと思いませんか?

勿論この数字だけで判断は出来ないがこのロイター社のサーベイには為替に大いに興味を持っている人が参加していると思われ、少なくとも"ドルは下がるな。"と思っている人が多いだろうことは間違いあるまい。

ところが外為さんが毎日公表している顧客のドル・円のポジションを見ると凡そ60%の人がドルを買い持ちしている。

ドルを買い持ちにしている人は当然"ドルは上がるな。"と思っている筈である。

Gaitame 9 19.png


何方が本当の相場観を表しているのかよく分からない。

この戻しの勢いを見ると113円位まで行っても不思議ではないと思うし、未だ燻り続ける北朝鮮の地政学的リスクを鑑みると野放図にドルを買うのも怖いと思う....

明日から1週間アメリカに行くので彼方の雰囲気を掴んで来ます。



  昔のジンクス(海外に出掛けると円高に成る。)はすっかり忘れた塾長。


新字体と旧字体。

先週の火曜日の独り言である証券会社に新規の口座開設に行ったと申し上げたが、これにはオチが有る。

アポの予約をした時に"どれ位時間が掛かりますか?"と尋ねたら"約1時間半頂きます。"と言われ、"新規の顧客に商品のリスク説明をしなくてはいけないのは知ってるけどご存知の様に自分ではリスクについてはよく理解している積りなのでなるべく早くしてね。"と頼んだら"承知しました。"と分かってくれた。

マイナンバーカードと印鑑を所持して担当者(電話では何回か話したが初対面。)が居る窓口に行き、口座開設に必要な書類に書き込み、それを後ろの管理部門とやらに届け、その担当者がリスクについて"ざーっ。"と説明を始めたが退屈でしょうが無い。

30分くらい経って"未だなの?"と聞いたら新たな書類を持って来て反社会勢力に属していないとか外国の政府機関にアクセスが無いとかの事実に反しないなどの書類に署名・捺印させられた。

"そうか、俺が反社会勢力に属していないかなどを調べてるのか?"と半分冗談で言ったら臆せずに"はいそうです。"と言う。

まあいいだろう、そこら辺の事情は理解している積りである。

その後書類に書き込んだ決済口座の某銀行の"丸之内支店"の"之"が読み難いので二重線を引いて訂正印を押して書き直してくれと言う。

字が汚くて悪かったなあ...

"未だなの?""もう少しです。"と何回かやり取りしている内にやっと終わったが、きっちり1時間半掛かった。

まあ仕方ない。

家に帰り着いた途端に電話が掛かって来て"書類にお申し込み頂いたお名前の隆雄の隆の生まれるの上に線が有りませんでした。お手数ですがご来店頂いて線を引いてくれませんか?"と言う。

"ん、何の事言ってんの?"と聞くと"書き込んだ書類には隆となっていてマイナンバーカードは"隆"(右側の生まれるの上に線が有る。)となっているので書き直してくれと言うのだ。

"隆"は所謂旧字体で塾長が生まれた時(1947年)にはこの漢字が使われていたが1949年に告示された当用漢字字体表により新字体の隆(右側の生まれるの上に線が無い。)に簡略化された。

戸籍謄本と住民票の隆には線が有って旧字体の"隆"であることは知っていたが生まれてこの方どんな書類にもこの旧字体の"隆"を書いたことは無かった。

マイナンバーカードを見ると確かに"隆"となっている。

マイナンバーカード作成の時に提出した住民票を見てその通りにしたのであろうか?

因みに運転免許証は新字体の隆になっている。

"悪いけど今やっと帰って来たばかりだし又行くのは嫌だよ。"と言うと担当者が家を訪ねて来ると言うので、"まあ今日は兎も角明日にしようよ。"と断った。

色々調べてみたら銀行は本人確認書類が旧字体であっても口座開設書類に新字体で書いても大丈夫らしい。

翌日担当者から電話が有って会社に来て線を引いてくれと言うので銀行の話(新字体でも良い。)をしたら"証券会社の方が厳しいんです。"と言うが、本当かなあ?

"免許証は新字体になっているよ。"と言って本人確認書類として免許証のコピーを送ろうかと言ったらやっぱり書き直して貰わないとなりませんの一点張り。

ご存知の様に塾長は余り気が長い方ではないので"そうか、貴方の言っている事はよく分かる。でも今までただの一度も書いたことの無い旧字体を使ってまで口座を開きたいとは思わないので今回の話は無かったことにしよう。責任持って昨日書いた書類を破棄してくれ。"と言うとまさかと思ったらしく色々言ってきたがこちらも一度言い出したら絶対に翻意はしない。

5分くらい話をしたが勿論それで終わり。

その証券会社としても珍しいケースであったかも知れないが、こんな事も有るんですね。

ご参考まで。



  先週まで多少ドルにBullish.=(強気)だったが、今週からはニュートラル(中立)にした塾長。


チキンレースは続く。

先週は北朝鮮による突然のミサイル発射や8月の米国雇用統計の発表などのイベントが有り(起き?)ドル・円相場は神経質な動きをしたが、結局は一旦は円高に振れた後110円台に戻す展開と成った。

全く個人的な意見であるが最近円に対してLess bullish.(強気ではない。)、言い換えれば余り円高には行かないであろうと思っている塾長にとっては"やはり大分ドルの底値が固くなって来たなあ。"と感じている。

108円台では我が国の機関投資家が相当ドルを買ったらしい。

未だ108~112円のレンジが続くんですかね?


しかし北朝鮮によるミサイル発射は気持ち悪いですよね。

北朝鮮と米国の本格的な軍事衝突は無いと思っているのだが北朝鮮の挑発が続くと偶発的な事故が起きる危険性は有るな。

例えば、

‐太平洋の何処かに狙ったミサイルの制御が出来なくなって米国を無用に刺激する。

‐同じく日本上空を通過する時に部品を日本の領土に落とす。

‐日本海の海中に居る北朝鮮と米国の潜水艦が何らかの武力衝突を起こす。

などが起きると緊張が高まって再び地政学的リスクが増すことに成ろう。

やってられないのはこの緊張が何時起きて、何時収まるかが分からない事だ。

金正恩とトランプ大統領のチキンレースが続く限り我々は常にドキドキしながら生活していかなければならないと言う事か?

3日、日曜日に北朝鮮国営の朝鮮通信が、金正恩が新たに製造された大陸間弾道弾ミサイル(ICBM.)の弾頭部に装着する水爆を視察したと伝えたがこの核弾頭は電子機器をマヒさせる電磁パルス(EMP.)攻撃も可能な多機能弾頭だと言う。

核兵器の怖さはよく知られているがEMP.爆弾の怖さは余り知られていない。

電磁パルスを簡単に言うと上空で核爆弾が爆発すると強力な電磁波が発生し、瞬間的に大きな電流が流れて電子機器の回線がショートして使用不能になる。

雷が鳴り出すとパソコンのコンセントを外せと言いますよね。

あれは落雷した時の電磁波からパソコンを守る為である。

電子機器が使用不能に成るとどうなるか?

車は止まる。

新幹線も止まる。

飛行機は飛べない。

そもそも電力が切れる。

結果として水も止まる。(一戸建てではない家や建物は屋上にポンプで水を持ち上げてそれを給水している。)

最近よく核シェルターの話が出るが、あれも電力が止まれば役に立たないのではないのかなあ?

要するに万一EMP.爆弾で攻撃されたら局地的な被害では収まらず、日本全国が壊滅的な状態になってしまうかも知れないのだ。

怖いですねえ!

金正恩さん、トランプさん、そろそろチキンレースは止めて大人の話し合いを始めてくれませんかねえ?



  再来週からアメリカにゴルフ・ツアーに出掛けるので少し練習をしなくてはいけない塾長。



この独り言は日曜日の昼過ぎに書いているのだがたった今北朝鮮で揺れを観測し、北朝鮮が核実験を行ったとの観測が出ている。

此れで益々北朝鮮に対する国際的な圧力が増し、北朝鮮は益々孤立化していくのは必定だ。

いい加減にして欲しいものだなあ。

週明けの東京市場では一時的に円高に成るだろうと思っていたが案の定金曜日のクロージングの110.25から窓を開けて109.59で始まった。

(これは日本時間午前7時のオープンであるが一部では109.30が安値と言っているがこれは正式オープンの前の場外乱闘だと思っている。)

その後109.90まで上昇し、やはり底値が固いなあと言う気がしないでもないが、これはあくまでも塾長の個人的な意見で御座います。



あっと言う間の夏。

8月も残すところあと四日。

関東地方(東京&横浜)の8月は晴天無し(何処かで多少なりとも雨が降った。)の日が確か21日連続し、かっと照りつく様な夏ではなかった気がする。

8月生まれで夏男の塾長には多少物足りない気がしないでもなかったが、最近の暑さは尋常一応ではないからこれくらいが丁度いいのかも知れない。

何時も夏はシンガポールに出掛けるのだが今年は訳有りで長期間家を空ける事が出来ず、殆ど家に居た。

例外はお盆明けの16日に孫達を連れて伊豆に出掛けたが、余り楽しいものではなかった。

ここ数年千葉の勝浦か鴨川に泊まり、帰り際に鴨川シーワールドでシャチとイルカのショーを見たり水族館で過ごすのが常だったのだが、誰かが"千葉は飽きたね。"と呟き、"それでは久し振りに伊豆に行こうか、踊り子号に乗れば子供達は大喜びだろう。"と言う事で伊東温泉に出掛けた。

スーパービュー踊り子の窓際の席を取り、子供達は大喜びでそれは良かった。

Odoriko.png


宿も窓から花火大会を見ることが出来てこちらも子供達は大喜びだったが、ご飯がどうも気に入らない。

お刺身、3種のおつまみ、茶わん蒸し、肉と野菜を焼いた物、伊勢海老のグラタン、鮑の踊り焼き、金目鯛の煮たやつ、炊き込みご飯と盛り沢山なのだがこれらがどどーんと一度にテーブルに乗っているのだ。

塾長はそれでなくても小食なのでもう見ただけでお腹一杯になってしまって、もうこれはいかん.....

ウチのヤツは其処ら辺はよく分かっているので"お父さんの嫌いなタイプのご飯だね。"と同情的だ。

その一言で"だから俺は旅館で飯を食うのは嫌なんだよ。"と言おうとした言葉を引っ込めた。(子供達の前でもあるし....)

翌日は皆で乗り合いバスに乗ってシャボテン公園に出掛けたが動物たちに直に触れることが出来て子供達はこちらも大喜びだった。

今回は渋滞を嫌って珍しく電車で出掛けたが楽なもんですね。

景色を眺めていると1時間半弱で横浜から伊東迄移動出来る。

車だと恐らく4~5時間は掛かったであろう。

今回の旅も塾長の晴れ男ぶりを発揮し、花火の時とシャボテン公園を散策している時だけ雨が上がった。

Syaboten.png


皆さんも何かイベントに参加する時にどうしても晴れて欲しかったら塾長が出掛けるかどうかチェックして下さい。


そう言う訳で塾長の夏はあっと言う間に終わってしまったが、まあ年寄りの夏なんてこんなもんか。

年寄りと言えば8月8日の誕生日で70歳に成り古希と成ったがサプライズのお祝いを3回もやって頂いた。

10年前、60歳の還暦に成った時"何かお祝いしよう。"と言われて断固拒否したが今回は"何時の間にかこっそりと"セットさていてお断りする事が出来なかった。

お花やらお酒やらサプライズ・プレゼントやら色々頂いたが、傑作は塾長の似顔絵イラストが張られた日本酒と盾であった。

Sake.png

Tate.png


凄くよく似ていて大笑いした。

還暦の時は赤いちゃんちゃんこで古希の時は紫なんですね。

知らなかった。


さあもう直ぐ9月。

熱中症に気を付けて猛暑を克服致しましょう!



  古希に成った塾長。(だから何だ?)


仮想通貨。

最近連日の様に仮想通貨の事が話題になる。

正直に言って仮想通貨の事はよく分からない。

よく分からない物を肯定も否定もする気は毛頭無いが、塾長の個人的な感想を述べてみたい。

仮想と言う言葉をデジタル大辞泉で調べてみると、

【仮想】
実際にはない事物を、仮にあるものとして考えてみること。仮に想定すること。
そして例として「火災を仮想した避難訓練を行う」とある。

我々に身近な金融市場を見ると、為替、株、債券、コモディティー、不動産などの色々な商品(商品と言っていいのかな?)が有るがこれらの何れも実物が存在し、基本的には需給によって価格が設定されるメカニズムが存在する。

そしてその需給を決めるのは実際に売買する人たちが経済的ファンダメンタルズ、金融政策、政治情勢、将来の期待、そしてテクニカル分析などを考えて売るか買うかの判断を下す。(のだと思う。)

為替の場合は正にそうであり、株の場合はもっとはっきりしていて会社の業績が良ければ株価は上がるし、業績が悪化すれば株価は下がる。

投資家は何が適正な価格かを模索し、その動きによって為替相場や株価は上下する。

買う人が多ければ価格は上がり、売る人が多ければ価格は下がる。

今は仮想通貨が幾つも存在するらしいがそれらの適正価格とは何なんだろう?

100ドルなのか、1,000ドルなのか、それとも4,000ドルなのか?

価格が上昇する過程の1,000ドルの時に"これは高いな?"と思ったのか、それとも"これは安いな?"と思ったのか?

恐らく"安いな。もっと上がるな。"と思って買った人が多かったから当然価格が上がったのであろう。

では4,000ドルが高いのか、それとも未だ安いのか?

今迄の上昇ぶりを見ると"もっと上がるんだろうなあ?"と思う人は多かろう。

特に昨今のリスクオフの動きを見ると資産分散の観点からも買っておくかなと思う人も居るであろう。

だけど、だけどですよ。

前に戻るが、何が適正価格なのかがよく分からない。

"上がっているんだから買っておこう。"と言うのは甚だ危険だと思うのである。

数か月後、数年後に"ほら上がっただろう!"と言うのは結果論。

この前今井さんと対談した時にこの仮想通貨の話になり、今井さんがぼそりと"宝くじを買うと思えば良いんじゃないですか?"と仰ったが正にその通りだと思う。

宝くじは中々当たらないが買わないと"絶対に当たらない。"

夢を買う積りで宝くじを買って、抽選日まで"当たったらあれを買おう、これも買おう。"と妄想するのも楽しいではないか?

釈迦に説法ではないが"絶対に儲かりますよ!"と言う話には乗らないで下さいね。


  先々週からドル・ブルに成ったが今週はちょっと慎重な塾長。


酒匂・エフエックス・アドバイザリー代表
酒匂 隆雄 (さこう たかお)氏

1970年に北海道大学を卒業後、国内外の主要銀行で敏腕ディーラーとして外国為替業務に従事。その後1992年、スイス・ユニオン銀行東京支店にファースト・バイス・プレジデントとして入行、さらに1998年には、スイス銀行との合併に伴いUBS銀行となった同行の外国為替部長、東京支店長に就任した。現在はコメンテーターとしても活躍中。

詳しくはこちら

ESCARPMENT

ブログカレンダー

 


業界最狭水準スプレッド

G-1 BATTLE

上限なしキャッシュバックキャンペーン

高金利通貨キャンペーン

口座開設キャッシュバックキャンペーン