酒匂塾長の『独り言』日刊|FXブログ|外為どっとコム

泣く子も黙る金融庁検査。

多額の資金が流出したある仮想通貨取引所に金融庁の立ち入り検査が入った。
業務改善命令から1週間も経たない内の検査は異例だが、額が額だけに早急に審査•監視体制を強化する必要があると判断したのであろう。

言いたいことは山ほどあるが余計な事は言わないでおこう。
一言だけ言うと、まあ起きるべきして起きた事件ではないのかなあと思う。

現在、金融庁のみならず非常に厳しい自己規制を敷いているFX.業界では考えられない事件だろうな。

(此処だけの話であるがFX.が解禁になった1990年代はFX.業界でも似た様な会社は在ったが、勿論その後その様な会社は直ぐに淘汰されて居なくなった。)

損失は補填されるらしいが次に待っているのは国税の徴税だな。

酒匂・エフエックス・アドバイザリー代表
酒匂 隆雄 (さこう たかお)氏

1970年に北海道大学を卒業後、国内外の主要銀行で敏腕ディーラーとして外国為替業務に従事。その後1992年、スイス・ユニオン銀行東京支店にファースト・バイス・プレジデントとして入行、さらに1998年には、スイス銀行との合併に伴いUBS銀行となった同行の外国為替部長、東京支店長に就任した。現在はコメンテーターとしても活躍中。

詳しくはこちら

ESCARPMENT

ブログカレンダー

 

カテゴリー一覧

  • ゴルフ
  • ワイン
  • 今週の独り言 (毎週月曜更新)


業界最狭水準スプレッド

秋

お友達ご紹介キャンペーン

口座開設キャッシュバックキャンペーン