酒匂塾長の『独り言』日刊|FXブログ|外為どっとコム

日銀の買いオペ。

昨日、各国の利上げ機運に影響を受けて日本国債(JGB)10年債の利回りが0.100%に上昇し、今朝の10時10分に日銀が買いオペをアナウンスするだろうとの思惑が有ったが、その期待通りに5-10年のオペを4500億から5000億円に増額し、10年債を0.11%で無際限に買い入れると発表し、ドル円相場はあっと言う間に113.80台迄急上昇した。

世界中で金利上昇傾向が高まる中、日本銀行だけが低金利政策を継続せざるを得なくて円売り&その他通貨買いが流行るのは極めて当然の事であろう。

市場では円キャリートレードなる物が又囁かれ始めたが、2006-2008年にキャリートレードが流行った頃とは金利構造が全く違う。

それと昨日発表された五月の米国貿易統計が対日赤字が前月比で28.9%増えた事はNote.しておきたい。

ドル円の高値掴みはしたくないなと思っている。

コメント一覧

コメント1件

全体から、おそらく、ドル円のショートを狙っているんだろうことは、わかる。

けれど、「各国の利上げ機運に影響を受けて日本国債(JGB)10年債の利回りが0.100%に上昇し、今朝の10時10分に日銀が買いオペをアナウンスするだろうとの思惑が有ったが、その期待通りに5-10年のオペを4500億から5000億円に増額し、10年債を0.11%で無際限に買い入れると発表し、ドル円相場はあっと言う間に113.80台迄急上昇した。」これの意味するところが、素人にはまったくわからない。

日銀は、10年債の金利を一定に保つというのをやってたと思う。
債権は買われると、価格が上昇して金利が下がる、でしたっけ。これをやったってこと?

「10年債を0.11%で無際限に買い入れる」そんなことできるの?確か、債権の買い取り額を、実質減らしてるんじゃなかったっけ。
減らしている理由は、もうこれ以上買えないからじゃあなかったっけ。

10年債を0.11%で無際限に買い入れてはみたものの、いつかどこかの時点で、もうこれ以上買えませんってなったら、金利が暴騰して、日米の金利差が逆転して、強烈な円高になる、との見立て?

外為さんへ。このブログの内容を、私のようなずぶの素人にも分かるように、どなたか解説していただけませんでしょうか。

投稿者:mmm | 2017年7月 8日  20:03

酒匂・エフエックス・アドバイザリー代表
酒匂 隆雄 (さこう たかお)氏

1970年に北海道大学を卒業後、国内外の主要銀行で敏腕ディーラーとして外国為替業務に従事。その後1992年、スイス・ユニオン銀行東京支店にファースト・バイス・プレジデントとして入行、さらに1998年には、スイス銀行との合併に伴いUBS銀行となった同行の外国為替部長、東京支店長に就任した。現在はコメンテーターとしても活躍中。

詳しくはこちら

ESCARPMENT

ブログカレンダー

 

カテゴリー一覧

  • ゴルフ
  • ワイン
  • 今週の独り言 (毎週月曜更新)


業界最狭水準スプレッド

秋

お友達ご紹介キャンペーン

口座開設キャッシュバックキャンペーン