酒匂塾長の『独り言』日刊|FXブログ|外為どっとコム

またか?

先程午後1時半頃、日銀が来週開かれる政策決定会合において、市中銀行への貸出金利を現在の0%からマイナス金利にすることを検討していると言うニュースが流れて日経平均株価は17300円から17560円まで急上昇し、ドル・円相場も109.35から110.15まで跳ね上がった。

市場では政策決定会合で何らかの追加緩和策が決定されているであろうとの観測は有ったが、そう言う事か?

よく分からないのだが
--何故この様な観測が今日メディアに流れるのか?
1月29日の政策決定会合の当日にも正式発表の前に"マイナス金利導入を検討か?"のスクープが事前に流れた。

--市中銀行は借入金利がマイナスになったら競って日銀から借り入れを増やすのかなあ?
元銀行員でであったからよく覚えているが、市中銀行は金利は一番低いのだが(その頃は公定歩合と言った。)中央銀行からの借り入れはなるべく控える。
理由は簡単で一旦借りると箸の上げ下げを詮索する様に、資金繰りや貸し出し状態を聞いてきてうざくて仕方ない。
だからわざわざ中央銀行からは借りないで、コール市場から資金調達する。
(銀行を辞めて15年も経つので現状は知らないが、基本的なスタンスは変わらないのではなかろうか?)

まあこのニュースを見てドル・円相場が何処まで上がるか見極めましょうか?


コメント一覧

コメント2件

この記事を書いた記事はお騒がせ記者で有名なのでスクープ記事かも?ですが。

マイナス金利付き量質金利の三次元の追加緩和は1月29日になされましたがマイナス金利の正式導入適用は確か2月16日。
評判が悪かろうとマイナス金利の適切な効果を見定めるのには誰がどう見ても明らかに時期尚早なのは明白です。
もし万が一追加緩和をやったら前言を撤回しあれ程否定し続けた小出しの逐次投入以外の何物でもないのではないかと思います。
しかもこれまた否定をし続けたマーケットに催促されてという点でも。
べき論で言えばやるべきでは今は無いでしょうね。

投稿者:みのりん | 2016年4月22日  19:48

「噂で上がって結果でさがる。」と、いつも塾長が仰っしゃる通り、
次の日銀会合では追加緩和の有無に関わりなく、ドル円が下がる可能性が高くなったのでは? ないでしょうか?

投稿者:渋谷 太郎 | 2016年4月23日  12:20

酒匂・エフエックス・アドバイザリー代表
酒匂 隆雄 (さこう たかお)氏

1970年に北海道大学を卒業後、国内外の主要銀行で敏腕ディーラーとして外国為替業務に従事。その後1992年、スイス・ユニオン銀行東京支店にファースト・バイス・プレジデントとして入行、さらに1998年には、スイス銀行との合併に伴いUBS銀行となった同行の外国為替部長、東京支店長に就任した。現在はコメンテーターとしても活躍中。

詳しくはこちら

ESCARPMENT

ブログカレンダー

 

カテゴリー一覧

  • ゴルフ
  • ワイン
  • 今週の独り言 (毎週月曜更新)


業界最狭水準スプレッド

おいしく!ザクザク!夏祭りキャンペーン

お友達ご紹介キャンペーン

口座開設キャッシュバックキャンペーン