酒匂塾長の『独り言』日刊|FXブログ|外為どっとコム

逆指値の売り。

ドル・円相場の下落が止まらず昨日とうとう1年5ヶ月ぶりに大台の110円を下切って安値109.97を示現した。

これは先週のハト派的なイェレン発言を端に発した大幅な米国長期金利の低下によるところが大きいが、昨日まで6日連続で下落した日経平均株価の影響も大きかろう。
今日も現在のところわずかであるが昨日比で下落しており、実に7日連続の下げとなった。

米国金利が下げて、日本の株価が下げれば当然リスクオフとなってドル・円は売られる。

3週間前までは112.00~114.50.のレンジ。 そしてFOMC.のハト派的なコメントで111.00~113.50にレンジをシフト。
2週間前には何人かのFRB.地区連銀総裁のタカ派的なコメントで再び112.00~114.50まで戻したが、先週のイェレン発言で再び下方修正を余儀なくされ、何回かトライして大きく割り込まなかった111.00をサポートとして意識したがあっさりとそれを下切ってしまった。

110円を見たことである程度の達成感は有るが、其処を底にしてスルスルと値が戻る感じもしない。

昨日の独り言で指摘したが、外為さんのお客さんの中でも"下がったら追っ掛けて逆指値で売りたい。"と言うオーダーが存在することが気になる。

WS000000.JPG


15時30分現在でも、昨日の安値の110.00割れの109.90のレベルでは買いオーダーの倍額以上の逆指値の売りオーダーが存在する。

ちょっと要注意ですね。

酒匂・エフエックス・アドバイザリー代表
酒匂 隆雄 (さこう たかお)氏

1970年に北海道大学を卒業後、国内外の主要銀行で敏腕ディーラーとして外国為替業務に従事。その後1992年、スイス・ユニオン銀行東京支店にファースト・バイス・プレジデントとして入行、さらに1998年には、スイス銀行との合併に伴いUBS銀行となった同行の外国為替部長、東京支店長に就任した。現在はコメンテーターとしても活躍中。

詳しくはこちら

ESCARPMENT

ブログカレンダー

 

カテゴリー一覧

  • ゴルフ
  • ワイン
  • 今週の独り言 (毎週月曜更新)


業界最狭水準スプレッド

おいしく!ザクザク!夏祭りキャンペーン

お友達ご紹介キャンペーン

口座開設キャッシュバックキャンペーン