酒匂塾長の『独り言』日刊|FXブログ|外為どっとコム

鰻も食えない....

昨日10年物長期国債(JGB)の利回りが市場最低のマイナス0.055%を記録した。
単純計算すると虎の子の1千万円を投資してこの債券を買うと1年後に5500円の利息を払わなくてはならない。(税金の事は知らない。)
因みに銀行の大口定期預金とやらに預けると0.025%も(?)頂けるらしい。
分離課税の20%を払うと1年後の手取りはキッカリ2000円。
これじゃあ八十八の鰻も食えない。


とんでも無い世の中になったもんだ。

こんなに金利が低いのに円高に成る。

とんでも無い世の中になったもんだ。


酒匂・エフエックス・アドバイザリー代表
酒匂 隆雄 (さこう たかお)氏

1970年に北海道大学を卒業後、国内外の主要銀行で敏腕ディーラーとして外国為替業務に従事。その後1992年、スイス・ユニオン銀行東京支店にファースト・バイス・プレジデントとして入行、さらに1998年には、スイス銀行との合併に伴いUBS銀行となった同行の外国為替部長、東京支店長に就任した。現在はコメンテーターとしても活躍中。

詳しくはこちら

ESCARPMENT

ブログカレンダー

 

カテゴリー一覧

  • ゴルフ
  • ワイン
  • 今週の独り言 (毎週月曜更新)


業界最狭水準スプレッド

おいしく!ザクザク!夏祭りキャンペーン

お友達ご紹介キャンペーン

口座開設キャッシュバックキャンペーン