酒匂塾長の『独り言』日刊|FXブログ|外為どっとコム

下げるべくして。


WS000001.JPG

昨日は上海総合指数が約8%も急落して世界中の株価が下げ、ドル・円も下げたが実は米国の利上げ期待の高まりにも拘らず長期金利が上げ止まっており、2年物債券利回りは再び0.7%を下回っていた。

上のチャートは2年物債券利回りとドル・円相場の動きを表した物であるが、再び両者の相関関係が顕著に成って来た。

これを見ても暫くは122.50~124.50程度のレンジ取引かなと感じる。

コメント一覧

コメント20件

この絵、良く話に出されますが
相関関係が顕著って、何を根拠に言ってます?
統計的な処理はされてます?
単に見た目でしょうか?
見た目ならどの範囲でしょうか?
上の絵を見て2つに相関がある、と言ってるのは
最後の6月終わりにちょっと下げて上がって
最後に一瞬下がってるところのことを言ってるのでしょうか?
例えば、その「相関」に従ったトレードで勝てます?
上の絵を見れば、少なくとも1年位の範囲では明らかに利回りはフラットでドル円は上がり続けてますが?

投稿者:うん?? | 2015年7月28日  09:36

うん??さん、
“再び”と言ってます様に、昨年末からの傾向を言っている積りですが。

投稿者:塾長 | 2015年7月28日  10:21

投資と短期投機andトレーディングで区別する必要があるということを前置きした上で

日米実質金利差と日米名目金利差から判断するに円安はもうあまり無いでしょうね
投資という観点から判断すれば円高方向への可能性の方が高いです

しかし短期投機andトレーディングは別です
短期投機andトレーディングは需給やトレンドフォローが絡み合うので水準はあまり関係ありませんし、行き過ぎることも多々あります

塾長の見解はどちらかといえば前者の投資の観点では合っていると思います

投稿者:シゲ | 2015年7月30日  18:21

シゲさん、有り難う御座います。

塾長は、傾向として債券利回りが下がればドル・円も下がり、逆に上がればドル・円も上がる相関が見られると指摘しているだけです。

今週も例外無く2年物債券の利回りが下がると終値ベースでドル・円は下げており、逆に利回りが上がるとドル・円は上げています。

こう言う傾向を参考にしたらどうかなと思っています。

投稿者:塾長 | 2015年7月31日  09:48

為替や株のニュースでよく見るのですが、
為替のニュースでは株が下がったからドルが安くなった、
株のニュースではドルが安くなったから株が下がった、
と毎回毎回言い合っています。
要は2つとも同時に動いてるので何方がどうだったからどう、
というわけではない、というのがこういった「専門家」の適当なコメントからよく分かります。
さらに、この様な相関は常に起こるわけではなく、「例外」がよく起こります。というより「例外」の状態と相関がある状態が半分半分なところもあったりで、最早それは例外ではありません。


つまり、そのような指標をどうこう見ても何も意味がないということ。
「専門家」のコメントはただただ後で結果を見て言ってるに過ぎない、ということ。

この件も、塾長は「今週も」等と言っていますが、一体これまでどれだけの割合でその相関があったというのでしょうか?
「たまたま今週は」ではないのでしょうか?
シゲさんが長期的なら傾向はある、と言った指摘をしてますが、
塾長は短期的なことしか言ってませんし逆です。

長期的に見るなら、上の1年の絵ですら全く相関がありません。
債券利回りはほぼフラットですがドル円は明らかに右上がりです。

何を根拠に話をされているか、全くわからないな、というところです。
たまたま都合の良い所だけを抜き出して説明するのはこの手の「専門家」が良くすることですが、
本気で思って言ってるのか(そもそも自分でも理解してない場合)、
もしくは無理やり抜き出してるのは理解してるが人を呼ぶためにわざとやってるのか、
気になる所です。

投稿者:あい | 2015年8月 1日  13:46

この1年間、折れ線ではドル円は右肩上がりに、2年物債券利回りはフラットに見えますが、目盛りで見ると、ドル円は124/102-1=約22%、2年物債券利回りは0.7/0.45-1=約56%で、2年物債券利回りのほうが上昇していると思うのですが。

投稿者:松 | 2015年8月 1日  14:47

大体毎日、各国通貨の相場ex1米ドル=?円。
前日比上昇.下降矢印マーク。=は不変。日経
新聞前日価格とともに.30余の通貨価格メモ。

 野村正道さんの為替価格(桃色)と上下sell,buy
注文の厚さ、反対側にリスクカット注文?膨大な
取引量こなすには.ここまでは動きそう?・・とか。

 各国国債利回り他の情報も面白いです。夏休
みだから、子供達もやってるかもしれませんが。

 トルコリラは買いが厚いですね。それでも下が
っていますが.売り方大儲買えば買う程下がる?
ドイツギリシャの利回り差が凄い。でも.ブラジル
の金利ギリシャ以上.ブラ日金利差.独ギリ差超。
ブラジル.レアルも為替.下落傾向?

ドイツ国民.実はギリシャ国債一杯買ってるかも
CDSも一杯買って先物売りもして叩く.危機の極
で買い戻す。CDS売っている米国の会社も、EU
の欧州委員会、ECBそれにIMFのトロイカ3者も
これで.土壇場大儲け=毎回の事。スケール大の
損作らない。日本の喪われた20年継続中..実は
大恐慌、1995からQE始めていたら.当時ミルトン
フリードマン、マネタリスト経済学.学ぶ者無し?
今、黒田バズーカ緩和で小康を得るも住専処理
CURRENT CONSPI.放置。・・中国問題触れず。

 ギリシャを叩き、危機を煽り、マッチポンプで
ギリギリ買い戻さぬと.身内利益構造.大崩れ。
ギリシャ国民は財政緊縮策受け入れで異常な
低血圧に陥っているが.猶更降圧剤を処方して
長期通院を強いる病院のように患者の低血圧
を治してあげる気なんて、トロイカ更々無い!

キプロスやブルガリアは支援あり数年で危機
卒業。ギリシャの危機も精々十年未満。実は
日本のGDP比国家債務は表面上ギリシャより
酷い。しかも20年以上マイナス成長継続中。
福田赳夫政権の優生保護法改悪による人口
構造が、将来不安を募らせる。・・

 色んな統計数字をあの手この手と出してくる
ので見方は様々ですが、名目上も、実質でも
先行きも、相当やばいのは、事実???・・

 住専処理策=CURRENT CONSPI.背任.職権
濫用、利益相反の双方代理、国民利益.世界
利益を裏切って.外患誘致。中国利益に奉仕。
枠組みは大体村山政権で決まり、政権交代
橋本竜太郎政権発足直後に住専処理策国会
通過。・・小沢、錦織、草川、江田(憲)主導?
隠然たる抑止力を自ら廃棄したといってよい。
高村副総裁も、中央大学卒。年来の憲法論
捨てる。憲法は.自国の手足しか縛れぬのは
事実。・・国際法で判断しないと。・・だが。・・

7大権力と財界.学界.中北徹さんや竹森俊平
さんは.「住専の闇」・「暗澹」とか仰っておられ
ました。奇妙奇天烈。あり得ない意思決定。

 が住専処理スキームが大体明らかになった
のが1995年.以降急変米ドル建てGDP3年連続
暴落.以後20年間以上1994年~マイナス成長
継続中。2013年になって中北徹著、朝日新書
「やっぱりドルは強い」発刊!国民に知らされ
ていなかった密約の類.周小川人民銀行総裁
の考え等、闇の中身が仄見えてきました.大人
や中高生.夏休みにこの書籍読んだらびっくり。
何しろ、経済的損害は第二次大戦を超える。
日本の半分だった米国と同成長率調整しても
12兆ドルの筈だった日本のGDP.今4兆ドル?
財政赤字も1千兆円超.12兆ドル経済だったら
それ位の税収機会はあった筈。こんな共謀を
略、「与野党グル」で.やっていたのです!!

銀行を弱らせ郵政民営化=住専処理隠し?
住専処理CURRENT CONSPI.は極秘事項?
こちらの方が明らかに憲法違反。安保論議も
結局不成立?60日通過?案外住専隠しの為
だったのかも?・・・

 夏休みの宿題にすれば良いのに.って思う。
決めるのは権力者、責任取るのは国民玉砕
特攻・万歳クリフ.餓死置去り.大空襲.原爆?

 戦前も。・・(ギリシャより正に日本の実態)。
決めるのは権威権力筋、泣くのは意思決定
に関与しない国民。・・

 ・・・

 日本国債を売って.その資金でブラジル国債を
買うとか出来ないでしょうか?金利差12%以上。
40円位が通常のブラジルレアル.30円~50円間
を上下?ブラジルは財政もインフレも酷く、金利
はギリシャ以上に高い。が今日8/01日経新聞。
18面で37.91円.昨日38.56円から続落。でも豪州
のような健全財政でも下がる時は下がる。

 ニュージーランドドルなんて.シンガポールドル
より高いのが普通と思っていたのが、今では・・
遥かに安くなっている豪92.61志賀91.17乳84.04
円、輸出競争力や諸物価指数.ストや国民の為
の国内政策で決まる事もありますが金額ベース
では、金融や為替、財政赤字等と外国が買って
いる国債価格や返済の都合で決まる割合が実は
大きいかも?

 ブラジルは.ギリシャよりも遥かに大きい経済。
支援するのは、確かに大変。・・

 でも、「米国第4次QE実施」なら?・・無理過ぎる
訳でも案外無い。多様な鉱物.エネルギー資源・・
大豆やとうもろこし等.食糧輸出資源も.多様豊富。

 ロシアのような石油&天然ガス.モノカルチャー
経済でもなく制裁.大寒.旱魃.塩害経済でもない。
洪水旱魃もあるが.雨季・乾季終局~>高価格
で大生産・大輸出。底抜けの危機陥る可能性は
制裁ロシアと比べれば低い?

 為替下がれば損も.が高い金利で埋合わせ・・
安い時に沢山買え、高い時は少ししか買えぬ。
「レアル平均法投資」。万が一、底が抜けたら
欧米人も、渡辺夫人もトロイカもお手上げ~>
世界恐慌になってしまう大き過ぎる。中国、EU
ドル経済化.省や州国毎の個別通貨発行する
なら、更なる米国QEは、不可能ではない.FRB
副議長フィッシャーさん第4時次QEも.必要なら
辞せず大恐慌.戦争回避?..露断念豪Q8に?
多極化世界大均衡市場を一旦休み.ドル流通
性相対的に、回復。

選択可能性両方あるが、多分逡躇逡巡無し。

 でも、その前にロシアや中国の底が抜ける。
ブラジルの底が抜けたら.大西洋大海底油田
大採算生産基地に?ロシアも百分の1デノミ
希望?中国は人民元刷り放題。もしかしたら
「最大のQE国」?何しろ20年前0成長1兆ドル
経済。・・日本の5分の1だったドルベースGDP
が日本の3倍になろうとしている。・・行く行くは
米国をも陵駕?米中戦争よりも、経済制裁や
ドル他主要通貨と人民元の交換停止紙切れ
化=スマートパワー採用が濃厚。戦争は1割。
千分の1デノミネーションは9割蓋然性が高い。

 ・・・

私見ですが、・・野村證券のシュミレーション
表計算.金利年複利11%30年間月、44万円
積み立てると、元金投資額の8倍以上収益
=利息累積額。・・元利合計12億円超?・・

インフレだから国債利回りが高いのか.金利
を高くしたい為.国際金融筋インフレ誘導操作
しているのか? 疑惑、ブラジル何でも作れる
輸出のみ、自給自足もあるいは、可能?

 実は、賃金インフレ?・・

 中国も中央&地方政府の腐敗&過大債務。
統計数字も全く当てにならぬ。「撤収する?
.資産を置いて行け!」.「株価も操作し放題」
ヤオハン消滅.王将社長も.殺害?人民元千
分の1なら・・>債務も千分の1.・・その前に
外貨買い捲り.海外家族やTAX HEAVENへ。

 ・・・

AERAでぐっち~さん.日本は経常収支黒字。
外国国債も金利安く円安傾向低負担.優先的
に返済?米国債所有NO1に復活。日本国債
は膨大だが・・日本国内で消化。心配無用?
50年~200年後も心配。が.TPPも交渉継続。

誰も言わぬ事.素人が余計な事?言わねば
ならぬ、人口構造、杞憂?・・、長文御容赦。
 

投稿者:山中 雅和 | 2015年8月 1日  20:07

松さん、

それを言うのであればさらに年末で下がって上がった所に関しては何も言えず、
他の部分でも全く相関が無いことが分かります。
塾長はさらに細かい部分を見ておっしゃってるようですから
余計に上の図は合わないことがよく分かります。

そもそも絵をスケールをまともの考えずに載せてる時点で何も考えてないことはよく分かりますが。

投稿者:あい | 2015年8月 3日  13:10

松さん、

それを言うのであればさらに年末で下がって上がった所に関しては何も言えず、
他の部分でも全く相関が無いことが分かります。
塾長はさらに細かい部分を見ておっしゃってるようですから
余計に上の図は合わないことがよく分かります。

そもそも絵をスケールをまともの考えずに載せてる時点で何も考えてないことはよく分かりますし、
詐欺師がよく使う手ですが。
(最悪な人は詐欺的な事をしている、ということすら気づかずにやっている、という人ですが、塾長はどちらでしょうか?)

投稿者:あい | 2015年8月 3日  13:11

あいさん、
塾長が言っているのは、2年物債券の利回りが上がれがドル・円相場は上がり、逆に2年物債券の利回りが下がればドル・円相場は下がる傾向が有るので、その相関を使ってデイトレの参考にしたり、中期的にも金利が上昇傾向であればベアに成らず、また下落傾向であればブルに成らなければいいのではないですかと言っているだけです。

因みにここ2週間全くその通りの動きと成っています。

投稿者:塾長 | 2015年8月 3日  18:43

ですから、その2週間以外はどうなんでしょうか?
という話なのですが。
たまたまここ二週間そうだよね、と言うのでは次の1週間がどうなるかなんて何も言えませんし参考にもなりません。

更に言うと、それは何方が先でしょうか?
鶏が先か、卵が先か。
常に債権が先に動いていてそれを為替が後追いしてるのでしょうか?
逆であれば相関があろうとも、為替の取引をするにあたって
何も意味が無いですよね?

投稿者:あい | 2015年8月 3日  20:03

あいさん、

グラフというのはスケールによって視覚的にかなり違う印象を与えるということはご理解されていると思いますが、ならば「債券利回りはほぼフラットですがドル円は明らかに右上がりです」と視覚的な印象でおっしゃるのはどうかと思います。

また、「全く相関が無い」というのは数学的にですか?
それとも見た目の話ですか?
見た目でおっしゃっているのであれば、「?」です。
数学的におっしゃっているのであれば、それも「?」です。
数学的に相関がない、ということであれば、一体どういう基準なのか。
t検定を行うのか、慣習的な目安に従うのか。
そもそも相関とは水準に対してなのか、変化率または階差に対してなのか。
手持ちのデータがないので確かなことは言えませんが、t検定を行えば、水準にせよ、変化率・階差にせよ、相関がないという帰無仮説は棄却されると思います。
また、慣習的な目安に従うなら、相関係数の絶対値が20%以下でほとんど相関がないとされると思いますが、これも水準なら50%以上、変化率・階差でも50%前後はあるんじゃないかと思います。
もっとも、水準の場合、見せかけの相関が起こりやすく、乱数で作ったでたらめなデータでも相関係数が±80%くらいになることも珍しいことではありません。
ドル円と2年物利回りもそれなりに高いことが予想されます。
違っていたら教えて下さい。

塾長はグラフをかなり感覚的に見てらっしゃるように思います。
私は数学的に見たがるので、必ずしも賛同はしませんが、私が常々思うことは、私が正しいとは限らないし、正しいことも1つだけとは限らない、自分に理解できないからといって全否定してはいけない、ということです。
塾長とは考え方が大分違うなあと思うことも少なくありませんが、だからこのブログが好きです。
自分の正しさを補強する目的でネットを見るなんて時間の無駄ですからね。

と、ここまで書いたところで、あいさんから新しいコメントがあったことに気付きました。
うーん。
塾長は基本的に債券利回りが原因で為替が結果と考えているのでしょう。
債券利回りに対する予測を為替に援用しよう、ということではないかと思いますが。
もちろん、債券利回りに対する予測が外れれば為替のほうもうまくいきませんけども。
いずれにせよ、債券利回りも参考指標の1つとして見てみましょう、というだけのことで、そんなにムキになって噛み付くようなことなんでしょうかね。

投稿者:松 | 2015年8月 3日  21:47

そうかんかんけい【相関関係】
o 1 二つのものが密接にかかわり合い、一方が変化すれば他方も変化するような関係。
o 2 数学で、一方が増加すると、他方が増加または減少する、二つの変量の関係。

と言う事らしいですが、昨年末からは明らかに両者に相関関係が有る様に見えて仕方無いのですが。

投稿者:塾長 | 2015年8月 3日  22:15

いつもお世話になっております。
米国2年債が上がった当日(NY終値)プラスならばカウント。
米国2年債が下がった当日(NY終値)マイナスならカウントとして、(前日比2年債が動かなければノーカウント、為替が動かなければノーカウント。債券休日ならばノーカウントとして、2007年5月2日から、2015年7月10日でまとめたところ、
2007年 115/173
2008年 186/260
2009年 161/259
2010年 173/260
2011年 126/260
2012年 128/260
2013年 138/259
2014年 153/259
2015年 85/136 で整合しました。
塾長は先行指数とは言わせてません。過去のデータとして参考までにという意味で出されていると思います。
差し出がましい事を申し訳ありません。
みんなでよりよき方向に持っていきましょう♪いつもありがとうです。

投稿者:koga | 2015年8月 3日  22:28

kogaさん、
有り難う御座います。
素晴らしい!


あいさんに逆に質問です。
同一人物なのにどうして幾つもの違ったハンドル・ネームで投稿されるんですか?

投稿者:塾長 | 2015年8月 3日  23:03

皆様方、様々なご意見をされていらっしゃいますが

短期的、トレーディングや投機にはT-NOTE2YとJGB2Yの日米2Y金利差ははっきり言いまして使えません
短期的、トレーディングや投機ではオーバーシュートが付き物

塾長の載せている日米2Y金利差は市場金利差ですよね?
投資の観点で日米2Y金利差を使用するなら日米のインフレ率も含んだ日米実質2Y金利差を使用するべきではないのでしょうか?

インフレ率を使えるのは日米、日米欧、そしてせいぜい日米欧英までです
後は所詮相対のエマージング国です

投資であろうが投機であろうがトレーディングであろうが金利差をエマージング通貨で使うのは愚の骨頂です
スワップ狙いならご自身の判断なので否定はしませんが

投稿者:シゲ | 2015年8月 4日  11:50

どの指標をどの様に見て、どの様に使うかは人それぞれ。
下らないと思えば見なければいいし、おっまた相関が強く成って来たなと思えば、参考にすればいい。

名目金利差だけを見ても仕方ないと言う意見も有るが、朝起きてぱっと見られる市場金利は手頃に使える簡単な指標。
使わない手は無い。

投稿者:塾長 | 2015年8月 4日  12:31

塾長は投資の観点からのお話
自分に合った指標なり手法なり意見は使える物は何でも使えばいいと思います
教科書は無いに等しいですし、あれば皆が儲かります
しかしその様なものはありません


他の方の大多数は、投機だったりトレーディングだったりの短期的な話
投機だったりトレーディングをやっている方によっては言い方が悪いのは百も承知ですが丁半博打的な方が考え方の多いように見受けられる気がしてなりません
FXは丁半博打の投機やトレーディングでは決してありません

あまりに意見や見解や考え方の根本が合わない方同士は噛み合う訳がありません

投稿者:シゲ | 2015年8月 4日  13:30

シゲさん、
それでいいんですよね。

俺はこう思う、私はこう思う、と議論してさあ自分はどう考えようかなと悩めばいいんだと思います。

塾長はこの歳になっても“お前の考えは違うんじゃないの?”などと言える自信は持ち合わせません。

投稿者:塾長 | 2015年8月 4日  22:03

ここ2週間ではどうでしょう?
塾長の予測通りの動きでしたか?
それともここ2週間は「例外」的な動きでしたか?

投稿者:通りすがり | 2015年8月14日  19:35

酒匂・エフエックス・アドバイザリー代表
酒匂 隆雄 (さこう たかお)氏

1970年に北海道大学を卒業後、国内外の主要銀行で敏腕ディーラーとして外国為替業務に従事。その後1992年、スイス・ユニオン銀行東京支店にファースト・バイス・プレジデントとして入行、さらに1998年には、スイス銀行との合併に伴いUBS銀行となった同行の外国為替部長、東京支店長に就任した。現在はコメンテーターとしても活躍中。

詳しくはこちら

ESCARPMENT

ブログカレンダー

 

カテゴリー一覧

  • ゴルフ
  • ワイン
  • 今週の独り言 (毎週月曜更新)


業界最狭水準スプレッド

おいしく!ザクザク!夏祭りキャンペーン

お友達ご紹介キャンペーン

口座開設キャッシュバックキャンペーン