酒匂塾長の『独り言』日刊|FXブログ|外為どっとコム

依然としてレンジかな?

FOMC.,日銀政策決定会合、そして注目された 黒田日銀総裁の記者会見を終えてドル・円の頭が重い。

木曜日にドル・円をロングにして昨日123.20を瞬間超えたが、それが頭と成ってドルのじり安の展開と成った。

ギリシャ情勢が混沌としていて週末に向かってリスク・オフの動きと相まって円が買われたのかなあ?

122.50~124.50のレンジかなと思っているので、ちょっと我慢してみよう。

コメント一覧

コメント4件

塾長殿

7年ぶりにブログ拝見しました。 お元気そうで何よりです。
ギリシャ問題がひとまず終結すると、ユーロは買われると思いますか?それとも材料出尽くし、問題児ギリシャがユーロにとどまるのでユーロ売りなのでしょうか?
塾長の相場観をお伺いしたくお願い申し上げます

投稿者:7年ぶりに投稿します | 2015年6月23日  18:11

塾長殿

7年ぶりなのに突然すみません。
ギリシャが離脱しても通貨としての健全性が向上する。解決できれば通貨としての協調性を確認できる。 要は対ドルで弱すぎるユーロはどちらにしても買われるのではないかと危惧しているんですが・・・ どんなもんでしょうか?

投稿者:7年ぶりに投稿します | 2015年6月23日  18:37

塾長殿

7年ぶりなのに突然すみません。
ギリシャが離脱しても通貨としての健全性が向上する。解決できれば通貨としての協調性を確認できる。 要は対ドルで弱すぎるユーロはどちらにしても買われるのではないかと危惧しているんですが・・・ どんなもんでしょうか?

投稿者:7年ぶりに投稿します | 2015年6月23日  18:38

7年ぶりに投稿しますさん、
中長期的にはユーロはまだ下がると思います。

ついふた月前に、大手の米系証券会社の幾つかが“ユーロはParity.=(1ユーロ=1ドル)に成る。”と言っていた事を思い出しますが、その頃から大きなユーロ・ショートのポジションの巻き返しが有った為にテクニカリーに戻しただけだと思っています。

ファンダメンタルズが何か大きく変わったとも思えません。

只、Volatility.が高過ぎて、ショートにしっ放しにする訳にも行かず、難しいですね。

ギリシャ問題がある程度落ち着けば(落ち着きますかね?)もう少し余裕を持って取引出来ると思うのですが。

投稿者:塾長 | 2015年6月24日  14:31

酒匂・エフエックス・アドバイザリー代表
酒匂 隆雄 (さこう たかお)氏

1970年に北海道大学を卒業後、国内外の主要銀行で敏腕ディーラーとして外国為替業務に従事。その後1992年、スイス・ユニオン銀行東京支店にファースト・バイス・プレジデントとして入行、さらに1998年には、スイス銀行との合併に伴いUBS銀行となった同行の外国為替部長、東京支店長に就任した。現在はコメンテーターとしても活躍中。

詳しくはこちら

ESCARPMENT

ブログカレンダー

 

カテゴリー一覧

  • ゴルフ
  • ワイン
  • 今週の独り言 (毎週月曜更新)


業界最狭水準スプレッド

おいしく!ザクザク!夏祭りキャンペーン

お友達ご紹介キャンペーン

口座開設キャッシュバックキャンペーン