酒匂塾長の『独り言』日刊|FXブログ|外為どっとコム

再び、Well bid.

金曜日、月曜日と騰勢を見せた株価とドル・円相場は、今日は午前中こそ静かに推移したが、午後に成って再びWell bid.と成って来た気がする。

個人的には、“ちょっと速いぞ!”と思っている。

昨日GI24.に投稿した“直言・直筆”で持論を披露させて下さい。

 

“黒田バズーカ、第二弾。”                  4.11.2014.


先週三つの大きなイベントが有り、円安が大きく進みドル・円の週の安値107.61、高値112.47で実に5円近く動いた大相場を見る事となった。

先ず最初のイベント。
FOMC.においてQE3.(量的緩和第三弾)の終了が決定された。
声明文の中身に大きなサプライズは無く、多少ドルが買われた。

2番目のイベント。
金曜日の昼過ぎ、日銀が予想外の量的・質的追加金融緩和を発表した。
具体的な緩和策としては、
‐資金供給量を80兆円に拡大する。
‐長期国債の保有残高の伸びを30兆円拡大して年間80兆円とする。
‐買い入れる国債の残存期間を3年伸ばす。
‐上場投資信託(ETF)と不動産投資信託(REIT)の買い入れ額を3倍にする。

これは日銀・黒田新体制に成って行った2013年の4月の
‐マネタリー・ベースを2年で2倍にする。
‐2年後に2%のインフレ目標の達成。
を掲げた“黒田・バズーカ”との異名を取った果敢な金融緩和政策にあやかって“黒田・バズーカ第二弾”と呼ばれることとなった。

3番目のイベント。
日銀による驚きの追加金融緩和策の発表と時を同じくして約130兆円の公的年金を運用する年金積立金管理運用独立行政法人(GPIF)が基本ポートフォリオの見直しに踏み切り、
‐国内債による運用を60%から35%まで縮小する。
‐国内株・国際株の割合を共に12%から25%に引き上げる。
‐外国債券の割合を11%から15%に引き上げる。
ことを発表した。

この2番目、3番目のイベントの発表により日経平均株価は一気に前日から756円の高騰を見せて金曜日は16,413円で引ける事となった。

ドル・円相場も109円台から一気に112円台まで駆け上がり、結果として大きく株高&円安が進んだ。

文化の日で東京市場が休場の間にも株高&円安の動きは止まらず、シンガポールの先物市場で日経平均株価は17,000円台を回復し、ドル・円相場も一時114.21の高値を付けた。

ドル・円相場はこの1週間で107.61から114.21まで660ポイント(6.1%)上昇した事に成る。


第二のイベントである日銀による追加金融緩和(黒田バズーカ第二弾)が果たしてそれだけ威力のあるものだったのだろうか?
むしろ市場はこの緩和策の中身より、
‐日米金利差拡大に過剰反応した。
‐先週109円台に乗ってから輸出予約締結が台頭し、逆に輸入予約締結が遅れてしまい、“売りたい人は売ってしまい。”、“買いたい人が買いそびれ。”て、112円を超えてからストップ・ロス的なドルの買い戻しが大量に入った。
と見れば、このドル・円の急上昇は幾ら何でも早過ぎると見てもいいのではなかろうか?

月が変わり、ロイター社の“月末のドル・円予想”が再び始まったが、驚いた事に62.37%のサーベイ参加者が11月末のドル・円相場は115円台より上と見ている。

こう言う偏った相場観が横行している時には、往々にしてその方向には行かない。

今週は10月の雇用統計が金曜日に発表されるが、その結果次第では円高方向への短期的な調整が有ってもおかしくはあるまい。

また長期的に見ても、この日銀による追加緩和発表及びGPIF.の決定により材料出尽くし感が否めなくもない感じがする。

コメント一覧

コメント12件

GPIFは事前に買ってはいたのでしょうか?発表して円安株高になってから外国債と株を買ってももったいないような気がします。予定を発表する必要はなくて結果だけ公表していればと思うのですが。

投稿者:真逆 | 2014年11月 5日  15:55

塾長が海外へ言ってる間は円高になるジンクスがあるってどっかで読んだのでそのジンクスに合わせてその前に115円越えしてくれたりして。
塾長が海外に行く頃円高に反転したら面白な。

投稿者:ありんこ | 2014年11月 5日  16:13

GPIF株購入は良い悪いは別として株高になりますが、売却はどうするのでしょうか?
売却するとなると相応の株安=景気不安につながり批判されるのでは?
米国債同様買いっぱなし?
それにしても人の金をほぼ強制的に徴収して勝手に株で運用なんて、失敗したら誰がどう責任とるのでしょうか。。。

投稿者:年金不信 | 2014年11月 5日  18:42

別に自己責任だから今更ぶつぶつ言いたくないですが、塾長のこの半年くらいの予想って、ことごとくはずれていますね。 いつまでもいつまでもプラザ合意の時の大成功に酔いしれているのもどうかと思いますが。 プラザ意だって、偶然塾長が読んだ小さな新聞のコラムと勘が合致しただけのことでしょ?

まあ、自己責任です。 必ずストップロスを置くこと。 これ以外に塾長が書きまくる「アドバイス」の逃げ道はないですね。

いいかげんプラザ合意の自慢に酔いしれるのはやめていただけません?

あ、私は損は出していません。 利益って言ったって所詮数万に満たないこと。 少なくとも損失出してませんからご安心を。 

このコメント、そちらがわに判断によって削除されるのかしら?

投稿者:ななちゃん | 2014年11月 5日  19:18


へんな日本語だな。

投稿者:yamamoto | 2014年11月 5日  20:46

今日も上昇してますね。
毎日1円くらいずつ上昇するのでしょうか。まあ無限に上がり続けることはないのでしょうが。
トヨタの利益が2兆円なんて記事がでてましたが現状ではアメリカが何かいってこないんですかね。

投稿者:真逆 | 2014年11月 6日  12:22

塾長様、

いつも楽しく読ませていただいております。

今日は、おっしゃったとおりのSell the factですね。

GPIFの運用変更、これから年金を受取る者にとっては、正直とても不安です。
サブプライム・リーマンの2年は、株式運用はマイナス15兆円?だったとか。
とんでもない話です。

そのGPIFの運用実績は四半期ごとにホームページで公開していますが、こうなった以上、毎月公開して欲しいところです。
国民の厳しいチェックが必要なのではと思います。

運用に関して厚生省が責任を取るなんて格好の良いことを言っていますが、そもそも大臣なんてコロコロわかるし、信用できたものではありません。

黒田さんは、デフレを気の病のようにいっていますが、本当に正しい処方箋なのでしょうか・・・
単にアメリカの真似をしているような。

ど素人考えですが、少子化問題を解決できないで金融緩和を行っても、今の日本では正常なインフレにはならないような気がします。国内で消費する人が増えないのですから。
また、輸出万歳の時代に戻れれば別ですが・・・

外国の友人には、日本人は絶滅するのか?なんて冗談を言われるくらいです。
子供が増えない国に、明るい未来があるとは思えません。
子育てをしてわかりましたが、ほんとお金がかかります。

気が付けば、なぜか厚生年金が9月から上がってるし・・・

年金だけはきちんと見ておかないと、こどもが可哀そうで、このまま日本に住むのが良いのか、考えさせられます。

投稿者:J3 | 2014年11月 6日  15:01

塾長様、    Nov.6.2014.
私もJ3の言われることに100%同意します。少子化担当大臣なんていう大臣がいますが、一体何をやっているのでしょうか?子供を増やせるような環境つくりを本気でやっているのでしょうか?待機児童が全国で沢山いる環境下で、子供を増やせるでしょうか?こういう根本的な問題を解決できない限り、今の若者は子供を産めないです。おっしゃるとおり、
人口が増えない国に、明るい未来はありません。官僚たちにはそれはわかっているはず。

それにしても黒だバズーカ砲は、予想外の円安となりましたが、それが今の日本に取り
良いこととは到底思えません。急激な円安は歓迎できない。この反動がまたいつか来ることも想定しておかねばなりません。愚痴を言わせてもらいました。

投稿者:みゆ | 2014年11月 6日  15:49

塾長様、

もう一つだけ、投稿させてください。これで最後にします。

黒田さんがこの時期に緩和を実行したのは、消費税を上げたいからだと理解しています。
しかも、用意周到にGPIFと同期して。

なぜそこまで増税にこだわるかなのですが、あるテレビ番組で、日銀は買い続けた国債をやがて売らなければならず、そのときのためには税収を上げておく必要があるからだ?みたいなことをおっしゃっていました。

私には、何のことやら、よく理解できませんでした。
お名前はわからないのですが、テレビでも比較的見る、有識者会議のメンバーの方のお話だったと思います。

もし税収と日銀の国債売却の関係に関して、ご存知でしたらご教授いただけると大変ありがたいです。
お時間があったらで結構です。

どうぞよろしくお願いいたします。

投稿者:J3 | 2014年11月 6日  22:28

真逆さん、
既に静かに株は買っているかも知れませんね。


ありんこさん、
実際そうなりましたが、113.86で終わっちゃいました。
ちなみに、11/14~11/18はニュージーランド、11/19~12/6はシンガポールに出掛けております。


年金不信さん、
値上がりするものだとの議論だけしか聞かないですよね。
ご懸念、共有致します。


ななちゃんさん、
果て、プラザ合意の時の成功の自慢をした事有りましたっけ?
当日は大やられしたと言った事は有りますが。
はい、どうぞストップ・ロスは置いて下さいな。


真逆さん、
アメリカは未だ、何も言って来ないですね。
塾長もちょっと意外感を持っています。


J3あん、みゆさん、
GPIF.に関してのご意見は同感です。

“日銀は買い続けた国債をやがて売らなければならず、そのときのためには税収を上げておく必要がある。”
と言うのは一つの理由であり、増税は首相官邸マターなのでどちらかと言うと財務省主導の筋書きで物事が進んでいるのではないでしょうか?
(此処だけの話ですが、安倍さん、やはり増税しちゃうと思います。
するなと言う議論が高まると解散?
17日の第3・四半期のGDP.速報値に注目ですね。)
それにしても追加金融緩和には驚きました。
“2%のインフレ目標達成の為には何でもする。”と黒田さんは仰っていますが、何時かはその反動が起きるかも知れません。

投稿者:塾長 | 2014年11月11日  12:07

塾長、日程教えて下さってありがとうございます。
約3週間も海外へ行かれるのですね。
ぐんぐん上がって116円ついちゃいましたね。
今日はもみあっててチャートがすっごく頑張ってるなあって思いました。
上がりたいけどなかなかあがれなくてどっちに動くのかドキドキです。
どっかでショート持ちたいけど眺めるだけで終わっちゃいそうです!
17日と塾長のジンクスがまだ効いてるか注目します。

投稿者:ありんこ | 2014年11月13日  17:59

ありんこさん、
はい、もう少ししたらニュージーランドに発ちます。

海外に行く時はポジションを取らないので、もたもたしている間に116円まで行ってしまいました。

個人的には“速いだろう、行き過ぎだろう!”と思っているので、静観致します。

投稿者:塾長 | 2014年11月14日  14:05

酒匂・エフエックス・アドバイザリー代表
酒匂 隆雄 (さこう たかお)氏

1970年に北海道大学を卒業後、国内外の主要銀行で敏腕ディーラーとして外国為替業務に従事。その後1992年、スイス・ユニオン銀行東京支店にファースト・バイス・プレジデントとして入行、さらに1998年には、スイス銀行との合併に伴いUBS銀行となった同行の外国為替部長、東京支店長に就任した。現在はコメンテーターとしても活躍中。

詳しくはこちら

ESCARPMENT

ブログカレンダー

 

カテゴリー一覧

  • ゴルフ
  • ワイン
  • 今週の独り言 (毎週月曜更新)


業界最狭水準スプレッド

秋

お友達ご紹介キャンペーン

口座開設キャッシュバックキャンペーン