酒匂塾長の『独り言』日刊|FXブログ|外為どっとコム

ハロウィン。

今日はハロウィンだと言う。

アメリカではTrick or treat.=(お菓子をくれないと悪戯するぞ!)と言って子供たちがご近所の家を訪ね歩き、キャンディーを貰う楽しい日だ。

子供たちが奇抜な格好をして近所を訪ねるのはいいが、いい大人が恥ずかしげも無く子供の真似をして街を闊歩するのは頂けないな。

どうしてこうなんだろうな?

バレンタインデイだってそうだ。
ホワイトデイとやらは滑稽千番。

クリスマスだってそうだ。

商売の上手な人が考えたんだろうな?

 

コメント一覧

コメント5件

逆バリ派には苦難の相場かな?笑

投稿者:匿名 | 2014年10月31日  13:58

今日はかなり円安に進みましたね。
海外で暮らしていると自分の円資産が目減りするのをかなり実感します。
原油が下がってきたかと思ってましたが円安進んでしまったので年金暮らしの親が冬に支払う灯油代が心配になってきます。
物価上昇に合わせて年金もすぐさま変わるのなら問題ないんですけどね。

投稿者:真逆 | 2014年10月31日  15:44

匿名さん、
全く手が出ませんでした。


真逆さん、
年金額は増えるどころか、なんやかんや取られて目減りするばかり。(まだ頂けるだけ喜ぶべきなのでしょうか?
そして毎日毎日、物価は上がるばかり。(とウチのヤツが言っております。)

“物価が上がらないから金利を下げるんだ!”って、おかしいと思いません?

投稿者:塾長 | 2014年11月 5日  15:50

元々低い金利をこれ以上下げてどうするのでしょうね?
円安で輸入物価が上がるくらいしか効果がみえていませんね。

これまでの低金利で日本人が得られなかった利息は相当なものでしょうね。郵便貯金の定期預金で10年で倍近い額になっていたのが懐かしいです。
NZでは今は4.5%くらいなので1万ドル預けて月々利息がもらえるタイプにしておけば毎月40ドルの利息がつきます。何となくお得感があってそれは使いたくなりますが。

投稿者:真逆 | 2014年11月 5日  16:53

真逆さん、
大昔、日本興業銀行(現在のみずほ銀行の前身)のワリコーが年率8.5%も有り、店頭に並んで購入した記憶が有ります。

その代わり、住宅ローンの金利が10%台だった様な気がします。

30年若ければ、出来るだけ沢山、出来るだけ長期で固定金利で借りて大きな家でも買います。(銀行が貸してくれないかな?)
だって、我が国はインフレに成るんでしょ?
何れ間違いなく金利は上がるんでしょ?

その頃は生きていないか?

投稿者:塾長 | 2014年11月11日  12:29

酒匂・エフエックス・アドバイザリー代表
酒匂 隆雄 (さこう たかお)氏

1970年に北海道大学を卒業後、国内外の主要銀行で敏腕ディーラーとして外国為替業務に従事。その後1992年、スイス・ユニオン銀行東京支店にファースト・バイス・プレジデントとして入行、さらに1998年には、スイス銀行との合併に伴いUBS銀行となった同行の外国為替部長、東京支店長に就任した。現在はコメンテーターとしても活躍中。

詳しくはこちら

ESCARPMENT

ブログカレンダー

 

カテゴリー一覧

  • ゴルフ
  • ワイン
  • 今週の独り言 (毎週月曜更新)


業界最狭水準スプレッド

おいしく!ザクザク!夏祭りキャンペーン

お友達ご紹介キャンペーン

口座開設キャッシュバックキャンペーン