酒匂塾長の『独り言』日刊|FXブログ|外為どっとコム

Better than nothing.

昨日の朝、外為さんの“モーニング・ボイス”の録音が有り、ドル・円の中長期的な上昇トレンドは変わらないものの、今週はFOMC.やスコットランドの独立を問う国民投票等が有り、調整的なドルの下落に備えましょう、と提言し“例えばIFD.で今日のサポート4=ターニング・ポイントの106.65でストップの売りを入れ、サポート3の106.85で逆指値の買いを入れてみるのも面白いかも知れませんね。”と申し上げた。
心は、そのままドルが下がれば106.65でショートになり、思惑に反して相場が反転すれば106.85でSquare.に戻ると言う戦略である。

と同時に、何時ものやり方である同じくIFD.で106.85で指値の買いを入れ、106.65のストップの売りも入れてみた。
心はドルが少しだけ下がって106.85で約定して、その後ドルが上がればロングを保持しようと言う戦略である。

結局今朝の01:29に106.85のドル買いオーダーが約定したが、まあBetter than nothing.=(無いよりはまし。)であるが、こういうのをピボットで考えるのも一つの手であろうか。

(何せ、レベルを考えなくて済むのが楽で宜しい。)

酒匂・エフエックス・アドバイザリー代表
酒匂 隆雄 (さこう たかお)氏

1970年に北海道大学を卒業後、国内外の主要銀行で敏腕ディーラーとして外国為替業務に従事。その後1992年、スイス・ユニオン銀行東京支店にファースト・バイス・プレジデントとして入行、さらに1998年には、スイス銀行との合併に伴いUBS銀行となった同行の外国為替部長、東京支店長に就任した。現在はコメンテーターとしても活躍中。

詳しくはこちら

ESCARPMENT

ブログカレンダー

 

カテゴリー一覧

  • ゴルフ
  • ワイン
  • 今週の独り言 (毎週月曜更新)


業界最狭水準スプレッド

50万口座突破スプレッド縮小キャンペーン

ホットなFX!冬のほこほこキャンペーン

歳末!外為大感謝祭キャンペーン

お友達ご紹介キャンペーン

口座開設キャッシュバックキャンペーン