酒匂塾長の『独り言』日刊|FXブログ|外為どっとコム

112.20.

ドル円相場の112.20のサポートが固い。
11月から何回も跳ね返されて来ている。


明日未明に終わるFOMC.後の声明文やパウエル議長の記者会見の中身次第でこの壁が破れるか?

戻り売りのスタンスは変わらず。

ぴたテクが陰線。

今日のぴたテクのドル円日足の移動平均線が数日振りに陰線になっている。


やはりドル円は下がるのであろうが他のインディケーターの幾つかがニュートラルなので深追いは禁物。

適当な所で利食うべきだろうな。

遅れ気味。

申し訳有りません、アップが遅れてしまいました。
今週は基本的にはFOMC.と日銀金融政策決定会合待ちで様子見ですね。
今日書いた外為月曜レポートで指摘した様に二つの会合の結果次第が来年のドル円相場の行方を大きく左右しそうだ。

戻り売りのスタンスは変わらず。

コートとマフラー。

今週、急に寒くなり、ついにコートとマフラーの出番となった。
寒いのは嫌ですね。

今年も残すところ約2週間となり為替市場の動きも大分緩慢になって来た。
先週のドル円相場のレンジは高値113.70,安値112.24で先々週とほぼ同じ。
来週以降は市場参加者数も段々減ってきて動きはもっと鈍くなるのであろうか?
注目のFOMC.が開催されるが多少は波乱が有って欲しいものだ。
ハト派的(緩和的)なコメントが聞かれるか大いに興味のあるところだ。

ぴたテク。

毎日大いに参考にしているぴたテクの日足インディケーターに大きな変化が見られる。
毎朝午前8時に主要通貨の日足をチェックいているのだが、昨日まではドル円の全てのインディケーターが下げを示していた。


ところが今日は一番重要視している単純移動平均線は上げを示し、ボリンジャーバンドとストキャスティクスはニュートラルを示している。
一目均衡表、MACD、RSI.は未だ下を示している。


こう言ったテクニカル分析は過去の動きから判断して将来の動きをインディケートしてくれるが、例えば113円ミドルから上の実需の売り意欲や来週のFOMC.などを控えての市場のセンチメントに対しては全くニュートラルである。

ぴたテクはもしかしてロングを勧めているのかも知れないが此処で焦りは禁物。
むしろ戻り売りが正解かも知れない。

酒匂・エフエックス・アドバイザリー代表
酒匂 隆雄 (さこう たかお)氏

1970年に北海道大学を卒業後、国内外の主要銀行で敏腕ディーラーとして外国為替業務に従事。その後1992年、スイス・ユニオン銀行東京支店にファースト・バイス・プレジデントとして入行、さらに1998年には、スイス銀行との合併に伴いUBS銀行となった同行の外国為替部長、東京支店長に就任した。現在はコメンテーターとしても活躍中。

詳しくはこちら

ESCARPMENT

ブログカレンダー

 

カテゴリー一覧

  • ゴルフ
  • ワイン
  • 今週の独り言 (毎週月曜更新)


上限なしキャッシュバックキャンペーン

業界最狭水準スプレッド

口座開設キャッシュバックキャンペーン