野村雅道のID為替 (レポート)|FXブログ|外為どっとコム

「1ドル0.25円から1ドル510円まで 為替の歴史」

「1ドル0.25円から1ドル510円まで 為替の歴史」

*1863年

  1ドル=0.48円(=両)、1ポンド2.4円 薩英戦争賠償金の為替相場 (1ポンド=5ドル)、写真添付
    (但し薩摩藩は賠償金を踏み倒したので為替相場は関係ない? 幕府は払った)

その後1ドル0.25円まで円高へ

*1871年 1ドル=1円 新貨条令


*1894年 1ドル2円 日清戦争頃


*1945年9月10日 1ドル15円(軍用レート)

 但し貿易為替は商品別為替で以下の通り

・輸入
  鉄鉱石125円、砂糖177円 

・輸出
  生糸420円 自転車510円

*1949年4月23日 GHQ

  1ドル360円

(参考、鹿児島市維新ふるさと館、円の社会史 三上隆三)


*1971年8月15日のニクソンショックを機に現在まで変動相場制


*ただ江戸時代以前は追っていないので今後の研究課題です
  

segodon fx.JPG


senzen1.JPG


sengo1.JPG

FX湘南投資グループ代表
野村 雅道(のむら・まさみち)氏

1979年東京大学教養学部を卒業後、東京銀行(現三菱UFJ銀行)入行、82年ニューヨーク支店にて国際投資業務(主に中南米融資)、外貨資金業務に従事。85年プラザ合意時には本店為替資金部でチーフディーラーを務める。

詳しくはこちら

ブログカレンダー

 

カテゴリー一覧

  • レポート
  • レポート(PDF形式)


業界最狭水準スプレッド

おいしく!ザクザク!夏祭りキャンペーン

お友達ご紹介キャンペーン

口座開設キャッシュバックキャンペーン