野村雅道のID為替 (レポート)|FXブログ|外為どっとコム

年間プラス圏にあと一息であったがならず、さあG20  

ドル円=「年間プラス圏にあと一息であったがならず、さあG20」

日足、7月18日、19日の長い上ヒゲから下落。7月9日-11日の上昇ラインを下抜く。20日線は111.04。7月19日-20日の下降ラインが上値抵抗。5日線下向く。6月26日-7月9日の上昇ラインがサポート。
週足、ボリバン上限到達し反落。1月8日週-5月21日週の下降ラインを上抜く。6月25日週-7月9日週の上昇ラインがサポート。
月足、17年1月-11月の下降ラインを一時上抜くも先週はまたラインを下抜く。4月-6月の上昇ラインがサポート。ボリバン上限は116あたり。今月は上ヒゲが長くなってきた。
年足、年間プラス圏にあと一息であったがならず。16年-17年の上昇ラインを下抜く。15年‐16年の下降ラインに沿う。13年‐16年の上昇ラインも一時下抜く。下ヒゲは長くなってきた。
*日足

g20ycc0722.JPG

*年足


yyr0721.JPG




FX湘南投資グループ代表
野村 雅道(のむら・まさみち)氏

1979年東京大学教養学部を卒業後、東京銀行(現三菱UFJ銀行)入行、82年ニューヨーク支店にて国際投資業務(主に中南米融資)、外貨資金業務に従事。85年プラザ合意時には本店為替資金部でチーフディーラーを務める。

詳しくはこちら

ブログカレンダー

 

カテゴリー一覧

  • レポート
  • レポート(PDF形式)


業界最狭水準スプレッド

おいしく!ザクザク!夏祭りキャンペーン

お友達ご紹介キャンペーン

口座開設キャッシュバックキャンペーン